ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« シラー | トップページ | Der Jungling »

2021年11月11日 (木)

群盗

ドイツの文豪シラーの戯曲。初期疾風怒濤時代の代表作というより、戯曲第1作だ。1781年の発表当時、若者から熱烈に支持された。

ブラームスの少年時代の話だ。小遣いをほとんど書籍につぎ込んだという。ヒマさえあれば読書ばかりしていた。手当たり次第に本を読むというチョイスに変化が生じるきっかけになったのが「群盗」だという。感動したブラームスは、その後シラーの作品を選んで読むようになったと回想する。

ブラームスが歌曲のテキストにシラーを選んでいないのは意外だ。

 

 

« シラー | トップページ | Der Jungling »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群盗:

« シラー | トップページ | Der Jungling »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ