ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 帰心矢のごとし | トップページ | Lieblich »

2021年11月25日 (木)

Die Ruh

思うに恋歌最高峰。「Du bist die Ruh」D774のことだ。テキストはリュッケルト。8分の3拍子なので例の「惚れ込み4原則 」の定義からは外れるけれど、雰囲気だけはピタリとはまる。男性の立場から愛する女性のことを描写しているにはしているのだが、なんだか超越している。愛の情熱を題材にしながら、その表現はひたすら内面的。おそらくその原因は「Ruh」というドイツ語だ。もっぱら「やすらぎ」と訳されるが、ニュアンスには相当注意が要る。静溢なアルペジオのイントロだけで、あっという間にシューベルトワールドに引き込まれる。3拍子のうちの2拍目にうっすらとアクセントが来るのでほんのりサラバンド風味。なだらかなメロディラインに終始するが間奏部になると少々の起伏が暗示される。

5節からなるテキストのうち5節目においてのみ、多分Cesdurに触れることで全体がキュッと引き締まる感じ。

« 帰心矢のごとし | トップページ | Lieblich »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰心矢のごとし | トップページ | Lieblich »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ