ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 女声不在 | トップページ | リートとドイツ三大詩人 »

2021年12月15日 (水)

毎度毎度の大疑問

このところずっと話題にしてきた男声女声について、素朴な疑問がある。

混声四部合唱といえば、ソプラノ、アルト、テノール、バスで構成される。この指定は作曲家の関与が濃厚だ。重唱にしても事情は同じである。

翻って独唱はどうか?

ソプラノ用歌曲は存在するのだろうか?高声用や低声用という表示を見かけたことはあるけれど、それらがただちに「ソプラノ用」「バス用」を意図するのか自信がない。歌い手、弾き手各一名という指定だけで、声種指定は無しと見受ける。

そのかわり、声の都合による転調が独唱歌曲にだけ認められているように思えて仕方がない。

 

« 女声不在 | トップページ | リートとドイツ三大詩人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女声不在 | トップページ | リートとドイツ三大詩人 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ