ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« テキストの割り付け | トップページ | テキストネタ »

2021年12月 5日 (日)

独唱用詩人

どうも様子が変だ。ゲーテのことである。シューベルトの独唱用歌曲は「ドイツリート」の始祖と位置付けられており、ゲーテは質的にも量的にも最大のテキスト供給者だ。質を深く論ずる知識がないから量を問題にする。ひとまず母数を575曲とし。このうち73がゲーテのテキストだから12.7%を占める。これが合唱や重唱となりと様変わりだ。宗教的作品は控除するので合唱曲全集ではなくてSingphonikerさんの「男声パートソング全集」で確認する。全97曲のうちゲーテさんのテキストは下記の通り。

  1. 水上の精霊の歌 D538
  2. あこがれ D656
  3. 昔を今に D710
  4. 水上の精霊の歌 D714

たった4曲、4.1%でしかない。しかも4曲と言いながらD538とD714は同じなのでテキストとしては3作にとどまる。歌曲側の供給数第二位のシラーは43曲7.5%なのだが、重唱では18曲18.6%で一躍首位に躍り出る。シラーさん以外にもヘルティ、マティソン、ザリスゼーヴィスという面々が数の上でゲーテを上回る。

テキストに接した作曲家の脳内に湧き出るインスピレーションが、楽曲の形式を決めているとするなら、ことシューベルトに関する限りゲーテはいわば独唱用詩人と位置付けうる。この落差はゲーテにおいて特に目立つ。

« テキストの割り付け | トップページ | テキストネタ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テキストの割り付け | トップページ | テキストネタ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ