ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ワルツの夜明け | トップページ | 時計回り »

2022年1月13日 (木)

旋回の向き

ウィーンにおけるワルツの大ブームの中、長くウィーンに住んだブラームスがワルツを踊ったのかどうかについて調べているのだが、めぼしい情報が見つからない。一方で興味深い外道情報が目に留まった。

密着した男女が目にも留まらぬ速さで回転するのがワルツの醍醐味。男性が女性の腰に手を回し、女性は男性にしっかりしがみついていなければ遠心力に耐えられない。だからいやでも密着する。これがけしからんということで、しばしば禁止令が出されている。その禁止令の周辺を調べるとしばしば旋回の向きが話題になる。「右旋回ワルツ」と「左旋回ワルツ」だ。これが直ちに「時計回り」と「反時計回り」を意味するかどうかは調査中だが、ワルツを踊るときの姿勢は左右対称ではない。このことが旋回の向きによる違いを生み出していると見て間違いあるまい。

左旋回は男性がより強く女性を引き寄せねばならず、右旋回に比べて密着度が増すとされている。当局は「右旋回ワルツ」だけを許可する内容の告示をしばしば出している。つまり密着度を抑えるという意味だ。

高い密着度はイコール公序良俗に反するという認識の現れだ。密着度はハイテンポと左回りで助長される。速いテンポのワルツを左回りで踊るのが、高密着の秘訣といえそうだ。ワルツのレパートリーを見ても「左旋回のための」とか「右旋回用の」というワルツにはお目にかからないから、どちらに旋回するかは踊り手たちの自由なのだと思う。「ブラームスのワルツ」で名高い15番イ長調のワルツはテンポが緩すぎて、一部の紳士淑女には歓迎されないと見た。14番あたりがおすすめかもしれない。

 

 

 

 

« ワルツの夜明け | トップページ | 時計回り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旋回の向き:

« ワルツの夜明け | トップページ | 時計回り »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ