ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 影のMVP | トップページ | 通算120万アクセス »

2022年1月29日 (土)

トゥルクサ夫人

Celestine Truxsaと綴る。ブラームス最後の10年の大家としてブラームスの面倒を見た。

1887年にブラームスが大家を募集したところ応募が殺到したという。1887年と言えば押しも押されもせぬ楽壇の重鎮となっていたから、それもうなずける。ブラームスは「未亡人」であることを望んだため、別途探した結果、白羽の矢が立ったのがトゥルクサ夫人である。文筆家の未亡人であるからブラームスの希望通りである。ブラームスよりも23歳年下だから、ブラームス54歳、トゥルクサ夫人31歳から10年のお付き合いということになる。ブラームスの最期を看取ったのもこの人だ。ブラームス関連の書物を紐解けば頻繁に登場するが、揉め事があった形跡がない。ブラームスの信頼厚きパートナーといった感じである。

ブラームスの伝記中で一番言及されることが多い女性は、当然クララ・シューマンだが、アガーテやリーズル、そして母と並ぶ第2位グループの有力なメンバーの一人である。

この人が後年、回想録でも書けばそれはそれは貴重な情報の山になったハズだが、実現していない。そんなものを書かないのも見識の一つだろう。ブラームスの信頼はそのあたりに起因していそうである。

1935年つまり昭和10年に没しているから、つい最近の人なのだ。

« 影のMVP | トップページ | 通算120万アクセス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トゥルクサ夫人:

« 影のMVP | トップページ | 通算120万アクセス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ