ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 作曲家の制約 | トップページ | 弱気 »

2022年3月31日 (木)

二の矢

2本目に射る矢のこと。「次の一手」の意味でも用いられる。次に打つ手が無いことを「二の矢が継げない」という。逆に次々と手が打たれれば「矢継ぎ早」と称される。

書籍「ブラームスの辞書」は、ブラームスが楽譜上に記した音楽用語を抜き出してアルファベット順に並べた代物だ。各々の語句には以下の要領でコメントが付与される。

  1. 一般的な意味
  2. ブラームスの作品で登場する場所
  3. 著者のコメント

このうちの1番「一般的な意味」は、通常の音楽用語辞典に掲載されているような内容だ。「Adagio」だったら「ゆっくりと」と書いてある。この部分の記述だけなら何も目新しくはない。世の中に広く流布する音楽用語辞典と何ら変わる物ではない。ブラームス作品の演奏に挑もうとする人々が、楽譜上の用語の意味を調べる。一般的な意味であればただちにたぐり寄せることが出来る。我が「ブラームスの辞書」の出番はそこからだ。一般的な意味にたどり着いてなお残ってしまう疑問を解くために書いた。

  1. スフォルツァンドとリンフォルツァンドの区別
  2. 「a tempo」と「in tempo」の区別
  3. 「Adagio」と「Lento」の区別

上記の語句個別であればいずれも一般的な意味を探すのにさしたる苦労はない。けれどもそれらの違いについて明確に言及されている例は希だ。「ブラームスの辞書」にはブラームスの使用実態からそれらの違いに迫ろうという意図がある。使用実態の分析から、よりアクティブにブラームスの真意に迫ろうという魂胆だ。

「ブラームスの辞書」は一般的な辞書でたどり着いた後に、なお残る疑問のためにある。つまりは「疑問の二の矢対策」だ。

 

 

« 作曲家の制約 | トップページ | 弱気 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二の矢:

« 作曲家の制約 | トップページ | 弱気 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ