ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 影譜 | トップページ | 四国八十八か所一番札所 »

2022年3月 7日 (月)

フラジオレット

弦楽器の奏法の一つ。弦の振動の節に触れることによって澄んだ高い音を出すことが出来る。これをフラジオレットと呼んでいる。弦の長さの「整数分の1」の場所に軽く触れることで出すことが出来る。きれいな音を出すには触れる位置に加えて触れる強さも大切だ。初心者は得てして強く押さえすぎているという。さらには右手側にも協力が求められる。弓と弦の接する位置や力加減も重要だ。

自然フラジオは開放弦に対して「整数分の1」の場所を触る。ところがこれに対して左手の1の指で弦を押さえて、残る指で弦に触る「技巧的フラジオ」もある。

ヴァイオリンの超絶技巧を披露する場合、これらのフラジオレットがちりばめられることがある。音色がきれいで澄んでいるから作曲家が意図的にフラジオレットを指図する場合も少なくない。

さてさて原則としてブラームスは作品上にフラジオレットを自ら指図していない。2つのコンチェルトにあったかどうか。気になりだすと落ちつかない。

 

 

« 影譜 | トップページ | 四国八十八か所一番札所 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラジオレット:

« 影譜 | トップページ | 四国八十八か所一番札所 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ