ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 譜読みの友 | トップページ | ディヴィジョン »

2022年3月 4日 (金)

練習番号

室内楽や管弦楽の楽譜に記された目印。番号ではなくてアルファベットのこともある。音楽進行上の区切りのよい場所に置かれて、練習の際演奏者や指揮者が話題の箇所の認識を統一するのに重宝である。

1番括弧や2番括弧の始まりあるいは、複縦線のように、簡単に言葉で指し示すことが出来る場所には置かれない。小節番号を言うやり方は、休みの多いパートにとっては必ずしも簡便な方法とは言えないから、練習番号は貴重である。効率的な練習のためにあると断言出来るだろう。だから「練習番号」と言うのだ。

今更人に訊けない疑問がある。作曲家自身が練習番号の位置を指定しているのだろうか?ブラームスの諸作品にも作品番号が出現するが、これはブラームス本人の指定によるものなのだろうか?

「ブラームスの辞書」では、練習番号は収録の対象外としている。つまり練習番号の指定にブラームス本人は関与していないという立場だ。

気になり出すと落ち着かない。

 

 

« 譜読みの友 | トップページ | ディヴィジョン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 練習番号:

« 譜読みの友 | トップページ | ディヴィジョン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ