ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 楽友協会に寄付 | トップページ | 話の脈絡 »

2022年3月18日 (金)

金銭感覚

お金に関する価値観は人それぞれだ。その人の立場や収入によって規定されることも多い。

記事「労働者の年収」で1882年のライプチヒの下級労働者の年収が推定出来た。およそ1000マルクだ。日本円で約50万円らしい。ブラームスの交響曲1曲の値段が15000マルクだという記事も書いた。日本円で約750万円だと述べ、高いような安いような微妙な値段だと論評している。ところが下級労働者の15年分の収入だと思うと、印象が変わる。

この周辺の金銭感覚は出来るだけ多くの実例を集めて、より現実感覚に即した解釈をしないと実態を見誤りかねない。

ブラームスに対抗する陣営の首領リヒャルト・ワーグナーの伝記を読んでいるとお金の使いっぷりに驚くことがある。ドイツの上流階級の年収の5倍の金額を1ヶ月で使ったというような指摘もある。これもまた一種の金銭感覚のなせる業である。

« 楽友協会に寄付 | トップページ | 話の脈絡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金銭感覚:

« 楽友協会に寄付 | トップページ | 話の脈絡 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ