ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 舞曲でない侵入者 | トップページ | あと4000本 »

2022年5月24日 (火)

逸脱のパターン

バロックの先輩作曲家が築き上げた舞曲のお約束からバッハがどのように逸脱していったのかについてさらに考察を深めるため、お約束を今一度思い出しておく。

  1. 「アルマンド」「コレンテ」「サラバンド」がこの順で連続する。
  2. 終曲に「ジーク」を据える。

<逸脱パターン1>

「アルマンド」「コレンテ」「サラバンド」は維持されるものの、連続しない。BWV803を背負うホ短調のパルティータは、「コレンテ」と「サラバンド」の間に「エア」が入り込む。

<逸脱パターン2>

「アルマンド」「コレンテ」「サラバンド」の一部または全部の省略。BWV1006を背負う無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータホ長調は、これら3つ全部脱落だ。管弦楽組曲の3番と4番も同様な全脱落が起きている。

<ジークがあるのに終曲に来ない>

BWV831、BWV997、BWV1004の3種。「BWV831」でジークの後に来るのは「Echo」、BWV997では「Double」だ。「Double」は先行する「ジーク」の変奏の意味合いがあるから「ジーク」の脱落とまでは言えぬかもしれない。そして「BWV1004」でジークの後に来るのは、あの名高い「シャコンヌ」である。

« 舞曲でない侵入者 | トップページ | あと4000本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逸脱のパターン:

« 舞曲でない侵入者 | トップページ | あと4000本 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ