ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« やはりACSG | トップページ | ドイツローカル »

2022年6月 2日 (木)

テルプシコーレ舞曲集

舞曲は、バロック時代の世俗器楽作品の中枢を占める。原産国、拍子、テンポなど多岐にわたりとても楽しい。踊りの性格を徐々に薄め器楽作品のジャンルに特化していたこと周知のとおりだ。

我が家所有のCDで最古の舞曲が「テルプシコーレ」舞曲集だ。ミヒャエル・プレトリウスが1612年に出版したもの。「Terpsichore」と綴る。ギリシャ語で「舞踏の女神」に由来する。300を超える舞曲集なので我が家のCDは全集ではない。フランス宮廷で演奏されていた旋律集の性格を帯びている。プレトリウスは厳密には編曲者であり、作曲者ではない。旋律を示され、内声やベースラインを付与したに過ぎないという。旋律をベースライン付きで受け取ったか、旋律だけを受け取ったのかが明示されているという。この手の厳密さはブラームスのハンガリア舞曲に対する姿勢と共通するものがある。

本曲集の後に、イタリア、ドイツ、スペインの舞曲集を出す予定だったが実現していない。

ブックレットに現れる舞曲名を列挙する。

  1. Passamezzo
  2. Gaillarde
  3. Boure
  4. Bransle
  5. Philou
  6. Ballet
  7. Pavane
  8. Courrante
  9. Sarabande
  10. Volte

バッハにもみられるのが、ガイヤルド、ブーレー、サラバンド、クーラントなどだが、フロ-ベルガーの規格を構成するジーク、アルマンドが見当たらない。ガヴォットもない。全300のリストがないからこれ以上の推測は野暮というものだ。

イタリア、ドイツ、スペインの舞曲集が出ていたらどんなに楽しかったことか。

« やはりACSG | トップページ | ドイツローカル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テルプシコーレ舞曲集:

« やはりACSG | トップページ | ドイツローカル »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ