ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 生きていれば還暦 | トップページ | 舞曲てんこ盛り »

2022年6月16日 (木)

ホルベアの時代から

グリーグの名高い作品のタイトルだ。ホルベアはデンマークの文豪の名前だ。ノルウエーの作曲家グリークは、ホルベアの生誕200年祭に作品を献じた。グリークとホルベアは同じベルゲンの生まれとういう縁もあろう。

もともとピアノ組曲だが、弦楽合奏でも演奏される。楽章の配置は以下の通り。

  1. 前奏曲
  2. サラバンド
  3. ガヴォットとミュゼット
  4. アリア
  5. リゴードン

小気味のいい舞曲集ながらドイツ組曲の伝統「フローベルガーの法則」からは大きくはずれる選曲。ホルベア(1684ー1754)とバッハ(1685ー1750)は、ほぼ時代が重なる。バッハは3月生まれだから、日本風に申すなら「同学年」だ。つまり「ホルベアの時代」とは「バッハの時代」ということだ。

グリーグの脳裏にバッハはない。もしあったらこんな舞曲チョイスにはなるまい。やはりフローベルガーの法則はドイツ限定だとわかる。

そうそうグリークさんの誕生日は亡き妻と同じだった。つまり昨日である。

 

 

 

 

« 生きていれば還暦 | トップページ | 舞曲てんこ盛り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホルベアの時代から:

« 生きていれば還暦 | トップページ | 舞曲てんこ盛り »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ