ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« コンチェルト考 | トップページ | 言い訳めいたもの »

2022年7月10日 (日)

懺悔のリスト

まずは黙って以下のリストをご覧いただく。

  1. op3-04
  2. op3-07
  3. op3-11
  4. op4-03
  5. op4-11
  6. op4-12
  7. op8-09
  8. op8-10
  9. op9-10

作品の主は全部ヴィヴァルディだ。これらは作品番号を持ったヴァイオリン独奏を伴う協奏曲のうち、第一楽章が3拍子になっているケースだ。6番目だけが8分の3拍子で、残りがは全て4分の3拍子である。

ブログ「ブラームスの辞書」では、かつてブラームス唯一のヴァイオリン協奏曲の第一楽章が3拍子であることを指して、それがとても珍らしいという主張をしてきた。恥ずかしい限りである。古典派以降のコンチェルトや、バッハを観察している限りそんな感触だ。「四季」にだって3拍子はない。

バロック特集の準備としてヴィヴァルディに触れてすぐにこれに気付いて愕然とした次第である。ヴィヴァルディにとってヴァイオリン協奏曲の第一楽章が3拍子になることは、多いとは言えないが、珍しくもないことだ。

« コンチェルト考 | トップページ | 言い訳めいたもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懺悔のリスト:

« コンチェルト考 | トップページ | 言い訳めいたもの »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ