ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 出版の意味 | トップページ | リオムさんのご事情 »

2022年8月 2日 (火)

リオム番号

ヴィヴァルディ作品の末尾の付記されることが多い整理番号で、「RV」と略記される。

中学校で習った「四季」はop8だった。「調和の霊感」はop3だった。ブラームスやベートーヴェンに親しんでいると「op」になじみが深いが、これは作品が生前に出版されていないとたちまち行き詰まる。ヴィヴァルディのop番号の最大値は「14」なのだが、未出版や未発見の作品が大量に存在する作曲家や、個々の作品の作曲時期不明が多い場合には機能しない。

バッハも事情は似ていてだからBWV番号は作曲や出版の順序とは関係がない。ヴィヴァルディのリオム番号も同様の事情を抱えている。リオム番号の発番はヴィヴァルディ全作品をジャンルを第一キーとし、第二キーに調性を用いて機械的に割り振った代物だ。後からの発見作品にはRV743以降の番号が当てられている。

リオム番号は網羅性が売りで、現在では広く受け入れられているのだが、私のような素人には慣れも必要だ。協奏曲集「四季」がop8-1から4という明確さは犠牲になる。どれもヴァイオリン協奏曲の扱いなのだが、調性でソートした結果こうなる。連番にならない。

ニ長調のヴァイオリン協奏曲だけで10曲以上あるから、ジャンル名と調性だけで不自由なく個体識別が出来てしまうブラームスとは大きく事情が異なる。

愛好家として悩ましいのは、高い頻度で素晴らしい作品があることだ。

 

 

 

 

 

 

« 出版の意味 | トップページ | リオムさんのご事情 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リオム番号:

« 出版の意味 | トップページ | リオムさんのご事情 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ