ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ある試み | トップページ | 連休のCD »

2022年8月17日 (水)

ソロの互換性

コンチェルトの独奏楽器は、作品のタイトルの中に痕跡を落とす。「ヴァイオリンのための協奏曲」という具合だ。縮めて「ヴァイオリン協奏曲」となる。「楽器名+協奏曲」で、その作品における独奏楽器を手短かに明示する便利な機能だ。

ところが、ヴィヴァルディには奇妙な実例が散見される。op7は「ヴァイオリンまたはオーボエのための協奏曲」である。op8の9番も12番も独奏楽器はヴァイオリンでもオーボエでもいいことになっている。まだある。op9-3「ラチェトラ」の3番はヴァイオリン協奏曲なのだがop11-6では同じ曲がオーボエ協奏曲となって出現する。

ヴァイオリン協奏曲に極端な高音域を求めていないことと、重音奏法が現れないこともあって、いつでもオーボエで代替可能なコンチェルトが少なくない。ダブルストップ、フラジオ、ピチカート、高速アルペジオ、スピッカートてんこ盛りとなるともはやオーボエでは無理なのだが、ヴァイオリン協奏曲とオーボエ協奏曲の間、相互乗り入れが実現している。

古典派以降のコンチェルトではあり得ぬ現象だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

« ある試み | トップページ | 連休のCD »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソロの互換性:

« ある試み | トップページ | 連休のCD »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ