ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 今はの頃 | トップページ | あやなの花 »

2022年11月 6日 (日)

春深み

春深み嵐もいたく吹く宿は散り残るべき花も無きかな SWV82

「春深み」の「み」は受験生必須。形容詞に付き従って原因をあらわす。「春が深まったので」となる。小倉百人一首では「瀬を早み」「風をいたみ」がすぐに思い起こされる他、新古今和歌集には3首目「山深み」があらわれる。金槐和歌集には「春深み」で始まる歌が5首もあって「秋深み」と「冬深み」の2首を引き離して季節別ではトップ。「夏深み」は頻度の上ではやや落ちる気がする。散る花を惜しむ春の深まりだけが古来愛されてきたということかもしれぬ。

 

« 今はの頃 | トップページ | あやなの花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今はの頃 | トップページ | あやなの花 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ