ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 初胃カメラ | トップページ | 千々の春 »

2022年11月24日 (木)

行く年を惜しむ

はかなくて今宵明けなば行く年の思ひ出も無き春にやあはなむ SWV352

冬の部のラストで締める歌。これにて春夏秋冬の1年を締めくくる。夜が明けたら今年一年の思い出も一気にリセットされるのだろうとばかりに、なんだかやるせない感じが溢れている。基本姿勢として「行くもの去るものは惜しむ」ということ。対象は人、花、年という具合になんでもありだ。日本人の美意識にそれがあるから季節の節目節目でその都度感慨に浸る。四季では飽き足らなくて二十四節季とするだけで、歌のキッカケは6倍増になるという寸法だ。冬の歌なのに結句に春を偲ばせることで一回りを仄めかすこともわすれない実朝である。

« 初胃カメラ | トップページ | 千々の春 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初胃カメラ | トップページ | 千々の春 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ