ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« あやなの花 | トップページ | ほととぎす »

2022年11月 8日 (火)

惜しむとも

惜しむとも今宵明けなば明日よりは花の袂を脱ぎやかへてむ SWV116

詞書には「三月尽」とある。旧暦3月末日のことで、同時に春の終わりを意味する。金槐和歌集・定家所伝本によれば、本歌をもって春の部が終わる。「いくら春を惜しんでも、明日からは夏服ですわ」と気持ちのリセットに軽い嘆きも通わせる。とはいえ「花の袂」という言葉がやけに華やか。現代語訳不要のシンプルなモノローグ。これを春の部の終わりに楔を打つように据える配置まで鑑賞の対象と見る。

« あやなの花 | トップページ | ほととぎす »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あやなの花 | トップページ | ほととぎす »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ