ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 今朝見れば | トップページ | 山風の »

2022年11月 2日 (水)

水たまる

水たまる池の堤のさし柳この春雨に萌え出でにけり SWV025

実朝テイストの根幹とも目される万葉調のほとばしり。「池」の枕詞に「水たまる」と据えることに加え、4句の「この春雨に」という言い回しも万葉時代に好まれたものだ。桜や梅よりはややマイナーな素材「柳」をさらりとLeggiero気味に流す感じ。

石ばしる垂水の上のさ蕨の萌え出ずる春になりにけるかも 志貴皇子

私の和歌史では、百人一首に続く万葉集ステージの扉を開けた、志貴皇子のこのお歌を思い出す。「の」を3つ連ねて生み出されるリズミカルな調子。その描写の焦点は「萌え出」にあるという構造。「本歌取り」とまでは、のしかからぬ、暗黙の呼応かとも。

 

« 今朝見れば | トップページ | 山風の »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今朝見れば | トップページ | 山風の »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ