ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 大和島根 | トップページ | 玉津島守 »

2022年12月 2日 (金)

道の夕露

ひとりゆく袖より置くか奥山の苔のとぼその道の夕露 SWV556

SWV536雑歌の部に入ってしばらく、季節や旅の部に置かれてもおかしくない境界線があいまいな歌が続く。本日のお歌も旅の部にあっても不思議ではない。もしかして秋の部に置かれても違和感がない。旅のわびしさの描写が秋を錯覚させるせいかとも思う。初句でいきなり「一人旅」を確定させておく。さらに露の置く順序を示すと見せて、「置く」によって奥山を誘発させる。奥山の庵に向かう道を行くのは誰ならぬ自分。4連続の「の」が奥山に分け入る道のりをも暗示するか。ああそれにしてもこの歌を引き締めているのは「とぼそ」だろう。漢字で書くなら「枢」だ。開き戸の部品。あるいは部位。戸側の突出部を受けるため枠側に穿った穴だと説明するしかないが、しばしば「戸」の意味で用いられる。同じ意味で音韻数の違う語が複数あるのは歌を作る上で便利だ。「袖」「袂」「衣手」みたいなものかと納得してはいるものの「とぼそ」の語感はわびしい山路の雰囲気を増強してやまない。実朝独特の言い回し。

« 大和島根 | トップページ | 玉津島守 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大和島根 | トップページ | 玉津島守 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ