ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 杉社 | トップページ | 東の王 »

2022年12月23日 (金)

式年遷宮

神風や朝日の宮の宮うつし影のどかなる世にこそありけれ SWV659

二十年に一度行われる伊勢神宮の神事。もっとも最近は2013年だから、2013年から20年ずつさかのぼればいいかというとそうでもない。事情により延期されたこともあるし、内宮と外宮で別の年だったこともある。幸い「朝日の宮」は内宮のことなので、歴史を紐解くと実朝在世中は承元3年しかない。西暦に直すと1209年だ。珍しく詠作の時期が分かるお歌だ。式年遷宮を寿いで、世の中の平安を祈念したシンプルな内容である。実朝は鎌倉にいながら、歌で伊勢神宮を寿いだ。神風、朝日の宮に続く「影のどかなる」が焦点で、この言い回しは17歳の実朝のセンスが光る。周知のとおり、伊勢神宮は皇室の祖神であるから、式年遷宮への敬意は皇室への敬意と同義である。時の天皇は土御門帝の御代ではあるものの、父の後鳥羽院は上皇として健在だ。どこまでも朝廷への尊崇が厚い実朝である。

« 杉社 | トップページ | 東の王 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 杉社 | トップページ | 東の王 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ