ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 八大竜王 | トップページ | 千入の真振 »

2022年12月12日 (月)

濃むらさき

結ひ初めて慣れしたぶさの濃むらさき思はず今も浅かりきとは SWV632

古典和歌における恋歌の定型としては異例の歌。だから雑歌の部に入れられているのかもしれない。実態はどうあれ歌の世界では待つのは大抵女性側だけれど、ここでは男の側が女に去られて茫然としている。実話に近いのではあるまいか。「たぶさ」は「髻」という字で、「もとどり」とも読む。頭の頂に髪を束ねる髪型のことだ。束ねる紐を元結と言って、ここではそれが濃むらさきだと言っている。結婚の準備が整った験ともされている。「お付き合いが始まってからずっと慣れてきたあなたの濃むらさきを思い出すと、今もって情愛が浅かったとは思えないのだけれど」というくらいの意味。いろいろ深い事情もありそうだが、歌に仕立てるとサラリとしている。「結ひ初め」「たぶさ」「濃むらさき」がちりばめられているせいで、ドロドロなものをマスキングしているとでも申し上げるべきか。

そりゃ、勅撰和歌集には既読スルーをかまされるが、私はこれがいい。

« 八大竜王 | トップページ | 千入の真振 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八大竜王 | トップページ | 千入の真振 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ