ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 定家のチョイス | トップページ | 私の25首 »

2023年1月17日 (火)

勅撰とのズレ

昨日の記事「定家のチョイス」で、定家が新勅撰和歌集に採用した25首と、私の選んだ66首では3首12%しか重複しないと驚いた。しからばとばかりに話を勅撰和歌集全体に広げてみる。実朝の勅撰入集は定家分込みで92首だ。この92首と私の66首との重複は15首、22.7%。明細は下記。

  1. いにしへを偲ぶとなしに古里の夕べの雨に匂ふ橘 SWV139
  2. おほかたに物思ふとしも無かりけりただ我がための秋の夕暮 SWV185
  3. 降らぬ夜も降る夜も紛がふ時雨かな木の葉の後の峰の松風 SWV276
  4. 山高み明け離れゆく横雲の絶え間に見ゆる峰の白雪 SWV333
  5. 雪深き深山の嵐冴え冴えて生駒の岳に霰降るらし SWV336
  6. 千々の春万の秋を永らへて花と月とを君ぞ見るべき SWV353
  7. 千早ぶる伊豆のお山の玉椿八百万代も色はかはらじ SWV366
  8. 我が恋は初山藍の摺衣人こそしらね乱れてぞ思H SWV374
  9. 雪積もる和歌の松原古りにけり幾世経ぬらむ玉津島守 SWV572
  10. 世の中は常にもがもな渚漕ぐ海人の小舟の綱手かなしも SWV604
  11. 箱根路をわれ越え来れば伊豆の海や沖の小島に波の寄る見ゆ SWV639
  12. 伊豆の国山の南に出づる湯の速きは神の験なりけり SWV643
  13. 青柳の糸より伝たふ白露を玉と見るまで春雨ぞ降る SWV665
  14. 山は裂け海は浅せなむ世なりとも君に二心我があらめやも SWV663
  15. 宮柱太敷立てて万代に今ぞ栄へむ鎌倉の里 SWV715

定家の12%に比べれば2倍弱に跳ね上がるとは言え、けして多いとは言えない。そもそも実朝節の根幹と言えるだろうか。SWV639が無かったら実朝作と気づいてもらえるかどうか怪しい。重複数の落差よりもそちらが気になる。

勅撰和歌集の撰選ともなれば春夏秋冬賀旅恋など部立てのバランスや配置にも配慮するなど制約やしきたりもあろう。勅撰和歌集の根幹は春夏秋冬旅恋にある。それに引き換え実朝は雑歌得意という志向の違いも大きいと思う。

勅撰和歌集が私のように「好き」だけを基準にするわけにもいかない事情もわかる。92首のうち77首もスルーもさることながら、一般的に流布する実朝代表作が勅撰入集してないことも散見される。

私のようなニワカの基準が勅撰入集の基準と合致しているハズはないのだと無理やり自分を納得させている。

 

« 定家のチョイス | トップページ | 私の25首 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 定家のチョイス | トップページ | 私の25首 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ