ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ノリントン | トップページ | ベルリンからウィーンへ »

2023年4月15日 (土)

ウィーンフィルの13人

我が家にあるCDで、ウィーンフィルを振ってベートーヴェンまたはブラームスの交響曲を演奏してくれている指揮者をお生まれの順に列挙する。

  1. ウィルヘルム・フルトヴェングラー 独
  2. エーリヒ・クライバー 墺
  3. カール・ベーム 墺 
  4. ジョン・バルビローリ 英
  5. ハンス・シュミット-イッセルシュテット 独
  6. セルジュ・チェリビダッケ 羅
  7. カルロ・マリア・ジュリーニ 伊
  8. ラファエル・クーベリック 捷
  9. レナード・バーンスタイン 米
  10. イシュトヴァン・ケルテス 洪
  11. カルロス・クライバー 独
  12. クラウディオ・アバド 伊
  13. サイモン・ラトル 英

ピタリ13人とは恐れ入った。「エッヘン」とばかりにどや顔したいところではあるのだが、これにはドラマがある。レコードとしてはカラヤンのブラ1を持っていた。我が家のコレクションがCDに代わったあと、買い戻していなかった。カラヤン抜きをしばし忘れるくらい馥郁たるメンバーだ。

国籍も8か国と多彩。

« ノリントン | トップページ | ベルリンからウィーンへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノリントン | トップページ | ベルリンからウィーンへ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ