ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 独墺系か | トップページ | 指揮者ブラームス »

2023年4月10日 (月)

ハンガリーの系譜

ベートーヴェンとブラームスの交響曲のCD、37名の指揮者のうち16名が独墺系だと述べたばかりだ。しからば残る21名の内訳を調べてみた。

  1. ハンガリー 6名 ライナー、セル、ショルティ、ドラティ、フリチャイ、ケルテス
  2. イタリア 4名 ジュリーニ、ムーティ、アバド、シャイー
  3. イギリス 4名 バルビローリ、ラトル、ガーディナー、ノリントン
  4. フランス 2名 ミュンシュ、クリュイタンス
  5. ポーランド 1名 ザンデルリンク
  6. チェコ 1名 クーベリック
  7. アメリカ 1名 バーンスタイン
  8. ルーマニア 1名 チェリビダッケ
  9. オランダ 1名 ズヴェーデン

独墺系の次はハンガリーだ。第一次大戦まで残存したハプスブルク帝国の領域において、非ドイツ語の最大勢力がハンガリーだったことと無関係ではあるまい。独墺にも遜色ないメンツ。オーストリアが4名であることを思えばすごい勢力だ。フリチャイ、ケルテスの夭折組を除く4名は米国で名声を高めたという共通点がある。同じハプスブルク系でもチェコは1名にとどまっているのと対照的だ。ドヴォルザークやスメタナのCDなら大活躍だが、ベートーヴェンとブラームスでは旗色が悪い。

フランスは「よく2名もいたものだ」という感覚、クリュイタンスはともかくミュンシュはブラームスの1番しかない。

« 独墺系か | トップページ | 指揮者ブラームス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 独墺系か | トップページ | 指揮者ブラームス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ