ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« オケの実情 | トップページ | ウィーンフィルの13人 »

2023年4月14日 (金)

ノリントン

昨日の記事で、ベートーヴェンとブラームスの交響曲のCD所有状況をオーケストラをキーに集計してみた。その中にロンドンクラシカルプレイイヤーズというオケがあって所有数が13と出ていた。これはつまりロジャーノリントン指揮でベートーヴェンとブラームスの交響曲をすべて所有しているということを指し示す。

英国生まれのノリントンさんは、ピリオド楽器によるベートーヴェンやブラームスの演奏で一世を風靡した。つまり私はその波にのまれたということである。概ね速いテンポ。13の交響曲の多くの楽章で、所有CD中最速のラップを示す。ビブラートの扱いは独特だし、フレージングも他とは一線を画す。作曲者の「在世当時はこうだったはずです」というメッセージでもあるけれど、ベートーヴェンやブラームスの在世時には録音活動は無かったこととほのかに矛盾する。そんなに当時を再現したいなら、録音なんかしちゃだめでしょと。ベートーヴェンとブラームスがレプリカ楽器を使ったとも聞かない。

今では懐かしい思い出。

« オケの実情 | トップページ | ウィーンフィルの13人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オケの実情 | トップページ | ウィーンフィルの13人 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ