ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 訳あり組 | トップページ | ノリントン »

2023年4月13日 (木)

オケの実情

ベートーヴェンとブラームスの交響曲のコレクションを指揮者を切り口に分析してきたが、本日はオーケストラをキーに集計してみた。各数値はベートーヴェンとブラームスの交響曲全集を1種類ずつ所有していれば「13」になるという具合だ。

  1. ウイーンフィル 70
  2. ベルリンフィル 38
  3. ミュンヘンフィル 26
  4. シカゴ交響楽団 24
  5. フィルハーモニア管弦楽団 20
  6. クリーヴランド管弦楽団 14
  7. コロンビア交響楽団 13
  8. ゲヴァントハウス管弦楽団 13
  9. ロンドンクラシカルプレイヤーズ 13
  10. 北西ドイツ放送交響楽団 13
  11. ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 10
  12. 南西ドイツ放送交響楽団 9
  13. アムステルダムコンセルトヘボウ 7
  14. バイエルン国立管弦楽団 7
  15. ロンドン交響楽団 6
  16. シュトゥットガルト放送交響楽団 6
  17. バイエルン放送交響楽団 6
  18. ベルリン交響楽団 4

ウイーンフィルがベルリンフィルを倍近く引き離すという意外なオチ。トップスリーが独墺系だがオーストリアはほぼウィーンフィルだけという極端な状況。一方でアメリカも目立つ。逆に指揮者では6名も輩出したハンガリーはゼロ。ハンガリーの指揮者がアメリカに活躍の場を求めたことと符合する。

« 訳あり組 | トップページ | ノリントン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 訳あり組 | トップページ | ノリントン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ