ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« リヒターのカンタータ | トップページ | いざ来ませ 異邦人の救い主よ »

2023年12月 3日 (日)

待降節

クリスマスの4つ前の日曜日からクリスマスまでの間のこと。クリスマスを楽しみに待つ4週間とでも思っておきたい。各地の名高いクリスマスマーケットもこのときにオープンする。近頃広まるシュトーレンも、毎日薄切りにしてちびりちびりと食べるこの時期のお菓子。

実は教会暦の始まりがここになっている。6月に三位一体節が来ると、その後「三位一体の第~日曜」という具合に祝日が設定される。三位一体節は、イースターを計算根拠として日程が決まるし、そのイースターも春分や満月を元に計算される移動祝日なこともあって、毎年日が変わる「移動祝日」だ。イースターが早くに到来した年と遅くに到来した年とではかれこ1か月つまり日曜日4~5回分のずが発生する。

そのズレがどんだけあっても待降節の訪れとともに強制的にリセットされてしまうのだ。だから教会暦の起点と位置付けられている。日本では元日なのだが、キリスト教圏では待降節だと心得なければならない。あちらでは元日を筆頭とした3賀日という概念はない。

今年は今日がクリスマスから4つ前の日曜日にあたる。教会暦の2024年は実質的に今日からとなる。

« リヒターのカンタータ | トップページ | いざ来ませ 異邦人の救い主よ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リヒターのカンタータ | トップページ | いざ来ませ 異邦人の救い主よ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ