ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヘルムートリリンク | トップページ | ドイツバッハゾリステン »

2023年12月 8日 (金)

リヒターの威光

リヒターのカンタータ集に満足している。バッハの教会カンタータはおよそ200曲くらい伝えられているうち、76曲が収録されている。一連の録音に参加した歌手は下記の通りである。出演している曲数を添えておいた。

  1. エディット・マティス sop 44
  2. シェイラ・アームストロング sop 1
  3. ロッテ・シェードル sop 1
  4. ウルズラ・ブッケル sop 3
  5. ヘルタ・テッパー alto 10
  6. アンナ・レイノルズ alto 26
  7. トルゥデリーゼ・シュミット alto 11
  8. ユリア・ハマリ alto 11
  9. ペーター・シュライヤー ten 50
  10. エルンスト・ヘフリガー ten 10
  11. ジョン・ファン・ケステレン ten 2
  12. ディートリヒ・フィッシャーディースカウ bar 53
  13. テオ・アダム bar 8
  14. クルト・モル bar 3
  15. キース・エンゲン bar 5

ため息が出るばかりの華麗さだ。フィッシャーディースカウの53曲が全体の1位だ。数分のレチタティーボだけの出演でも1とカウントしているが、それは他の歌手も同じだ。

ソプラノのマティス、テノールのシュライヤーにフィッシャーディースカウを加えた3人を軸にした企画とみていい。この3人すべてに出番のある作品は、29曲。

独唱を1パートしか要求しない作品は下記の通り7曲ある。

  • BWV4 ディートリヒ・フィッシャーディースカウ
  • BWV51 エディット・マティス
  • BWV55 エルンスト・ヘフリガーten
  • BWV56 ディートリヒ・フィッシャーディースカウ
  • BWV82 ディートリヒ・フィッシャーディースカウ
  • BWV158 ディートリヒ・フィッシャーディースカウ
  • BWV199 エディット・マティス

これらは出演歌手の見せ場になる曲だ。BWV55がシュライヤーでないのが惜しい。

昨今のピリオド楽器台頭後のCDでは、この華麗な顏ぶれは望むべくもない。古楽器の好みは別として、歌手たちを味わうという意味において、これらの歌手を集められるリヒターの威光にひれ伏すばかりである。

« ヘルムートリリンク | トップページ | ドイツバッハゾリステン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘルムートリリンク | トップページ | ドイツバッハゾリステン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ