ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« よき出会い | トップページ | うるう年5回目 »

2024年2月28日 (水)

Verzeichnis

「Verzeichnis」は、ドイツ語で「目録」のことだ。またまた先ごろ買い求めたBWV3の話題だ。「Bach Werke Verzeichnis」で「バッハ作品目録」となる。楽譜そのものではないが、そそられるものがある。

およそ大作曲家とみなされている人物には、この手の目録が存在する。後世の音楽学者による詳細な研究成果が盛り込まれるのが普通だ。作曲、演奏、解釈、鑑賞とも違う音楽の一側面を形成し、総じて音楽学とくくられる。

我が家にはこのほど入手したバッハの他にブラームスがある。

20240223_074521

見ての通り、美しい。ブラームスは赤、バッハは青だ。どちらも布張りの重厚な装丁。ブラームスはヘンレ社、バッハはブライトコップフ社というドイツを代表する楽譜出版社が、手塩にかけた逸品。楽譜とはまた違う趣きがある。ほれぼれとはこのことだ。

20240223_074306

私ごときの素人の家に、これらがあるのも気後れするけれど、この先の嘱託生活からのリタイヤに備えるという側面も見え隠れする。

« よき出会い | トップページ | うるう年5回目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よき出会い | トップページ | うるう年5回目 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ