ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 降りゆくものは | トップページ | カウンターテナーまで »

2024年2月 7日 (水)

歌われて納得

記事「作曲の経緯」で述べた通り、カンタータ「Ich habe Genug」BWV82は、当初アルト独唱を前提に着手され、第1曲完成後バリトン独唱に改定された経緯がある。

ロイグッドマン指揮ハノーヴァーバンドの演奏は、独唱にナタリー・シュトゥッツマンを迎えている。この人は大好きなコントラルト歌手。ブラームスのリートもCDで聴ける。男声用のはずの「4つの厳粛な歌」にだってチャレンジを忘れない人だ。店頭でこのCDを手に取った時は心が躍った。

実際に聴くと、納得だ。大好きなフィッシャーディースカウ先生に次ぐ第二集団に堂々と割って入る。指揮のグッドマンさんも多芸でオルガンやヴァイオリンまで弾いている。ピリオドヴァイオリンだというに、耳になじむ。

問題はバッハがなぜアルト独唱からバリトン独唱に切り替えたかだ。そのままアルト独唱にしておいたらアルト歌手たちの主戦場になっていたはずだ。

« 降りゆくものは | トップページ | カウンターテナーまで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 降りゆくものは | トップページ | カウンターテナーまで »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ