ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 四旬節ならでは | トップページ | 序奏付きアリア »

2024年2月21日 (水)

妻への贈り物

バッハ二度目の妻はアンナマグダレーナバッハという。ケーテンの宮廷ソプラノ歌手だった彼女はもちろん音楽の才能もあって、筆写譜の筆跡がバッハそっくりとい手練れでもある。

バッハがこの妻のために、日常の慰めとして残した曲集が「アンナマグダレーナの音楽帳」だ。小品の堆積なのだが、クラヴィーア作品だけでなく声楽も少々ある。平均律クラヴィーア曲集のハ長調プレリュードや、ゴールドベルク変奏曲のアリアなど、超なじみの作品もある。

バッハファミリーの愛奏曲集の意味合いだ。ここには彼らのお気に入りの作品収載されているとみていい。

この中に、カンタータ「Ich habe Genug」BWV82の第2曲レチタティーボと第3曲アリアが収められている。カンタータはバス用だが、バッハ愛妻用にとソプラノ用転調したものだ。バッハ本人のお気に入りだったのか、妻の好みだったのかわからぬが、よいではないか。

« 四旬節ならでは | トップページ | 序奏付きアリア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四旬節ならでは | トップページ | 序奏付きアリア »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ