ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 主よ我らを汝のみ言の下に保ち | トップページ | 降りゆくものは »

2024年2月 5日 (月)

MVC

私の造語だ。「Most Variable Cantata」の略。脳内最優秀カンタータのこと。これが2月2日に話題にした「Ich habe Genug」BWV82である。コツコツと集めたCDを以下に列挙する。「録音年/指揮者/歌手」の順に記載する。

  1. 1951/リステンパルト/フィッシャーディースカウ Bas
  2. 1961/クルト・トーマス/ヘルマン・プライ Bas
  3. 1968/カール・リヒター/フィッシャーディースカウ Bas
  4. 1968/ヴィンシャーマン/ジェラルド・ゾウツァイ Bas
  5. 1983/ヘルムート・リリンク/フィッシャーディースカウ Bas
  6. 1991/ヘルヴェッヘ/コーイ Bas
  7. 1991/ペーター・シュライヤー/オラフ・ベーア Br
  8. 1994/ロイ・グッドマン/ナタリー・シュトゥッツマン CA
  9. 1998/バンキーニ/ルネ・ヤコブス CT
  10. 2000/ジョン・エリオット・ガーディナー/ピーター・ハーヴェイ Bas
  11. 2000/ファビオ・ビオンディ/イアン・ボストリッジ Tn
  12. 2000/ピーター・ヤン・ルイジンク/マリヨン・ストリイク Sop
  13. 2001/トン・コープマン/クラウス・メルテンス Bas

以上13種類。「鎌倉殿の13人」以来はまりまくっている「13」だが、ここは全くの偶然。して以下少々のコメント。

愛するディートリッヒ・フィッシャーディースカウ先生は3種類。最古の1番はリステンパルト指揮リアス室内合唱団との録音で、26歳の歌唱ながらすでにもう全盛期かもと。後はカール・リヒターとヘルムートリリンクの大定番。それぞれ43歳、58歳の録音。どれもすごい。

ヘルマン・プライ先生も録音している。クルト・トーマス指揮ライプチヒトマス教会合唱団との由緒正しい演奏。なんたって指揮者はトマスカントルだ。ヴィンシャーマン先生はバッハゾリステンを振っている。指揮なんぞいいからオーボエ吹いてほしかった。

歌手の声種はCDジャケット記載のものに従ったけれど、なんのかんので、7種類ある。

  1. ソプラノ
  2. アルト
  3. コントラルト
  4. カウンターテナー
  5. テノール
  6. バリトン
  7. バス

いやいや楽しい。フィッシャーディースカウ先生は別格として、楽しめる。

 

« 主よ我らを汝のみ言の下に保ち | トップページ | 降りゆくものは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 主よ我らを汝のみ言の下に保ち | トップページ | 降りゆくものは »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ