ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 続くものだ | トップページ | たとえばBWV82 »

2024年3月 2日 (土)

唖然陶然

あれからずっとはまっている。「バッハ作品目録2022年版」通称「BWV3 」のことだ。見れば見るほどほれぼれする。全編にほとばしるドイツ語をものともせず浸りきっている。辞書片手とはいえ本当楽しい。

凡例だけで数ページある。パート名、楽器名の略称だったり、原典所蔵の博物館の記号だったり、これでもかとばかりの念の入れよう。この手の深入りの仕方は、ドイツ的と感じる。理詰めに次ぐ理詰め。シンプルなロジックの堆積が、明晰さと同居する。

変に日本語になっていなくてよかったとさえ思える。苦労して意味が分かった時の爽快感がその一例だ。点在していた複数の疑問が、ロジック1つの解明で鮮やかに連結するという体験は他では得られまい。

こうした音楽学の台頭は19世紀。実はブラームスの生きた時代に重なる。そしてそのきっかけはメンデルスゾーンによって立ち上げられたバッハ復興だ。没後一旦は忘れられていたバッハを掘り起こす過程でおきた。そしてブラームスの親友フィリップ・シュピッタの著わした「バッハ伝」こそがその最初の果実だ。作曲家の生涯や作品への体系的なアプローチが確立した。

あっと驚いたあと、恍惚がやってくる。この繰り返しだ。

« 続くものだ | トップページ | たとえばBWV82 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続くものだ | トップページ | たとえばBWV82 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ