ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 唖然陶然 | トップページ | キルヒシュラーガーのアリア集 »

2024年3月 3日 (日)

たとえばBWV82

「バッハ作品目録2022年版」の勢いや恐るべし。目次や索引あるいは凡例で盛り上がって、肝心の中身はということで、ずっとはまり込んでいる「Ich habe Genug」BWV82のページを覗いてみる。

20240225_093758

こんな具合だ。BWV82が「1,2,3」という具合に細分化されている。何かと思えば独唱の声種別になっているのだ。もっとも一般的なのは無論バス用でそれがBWV82-1だ。ソプラノ用がそれに次ぐBWV82-2で、あろうことかホ短調に差し替えられている。最後のBWV82-3はメゾソプラノ用でこれはバスと同じハ短調という具合だ。

第1曲から第5曲まで冒頭の1小節だけが譜例として掲載されている。テキスト作者の名前も見えるし、その原本の出版情報も詳しい。初演は「おそらく1727年2月2日」と読める。もちろんマリア清めの祝日だ。

20240225_093816

というわけでページをめくるとBWV82-2の譜例まである。これはソプラノ用なのでホ短調で記譜される。BWV-3のメゾソプラノ用はバスと同じハ短調というわけで省略かと納得。テキストなどはBWV82-1参照となっているのに、初演だけはBWV82-1とは違う日付になっている。1731年と1736年の2月2日だ。なんとしてもマリア清めの祝日ということだ。

BWV82-2の直下の「Besetzung」は編成だ。「S」はソプラノで、直後の「*」は独唱を表す。「VlⅠ/Ⅱ」はヴァイオリン1と2。つまりファーストヴァイオリンとセカンドヴァイオリン。「va」(ヴィオラ)の後の「BC」は紀元前ではなくて「バッソコンテヌオ」の略で「通奏低音」だ、などとのんきに読んでいてはいけない。その前の「Fl trv」が「フルートトラヴェルソ」だが、これが驚き。バス用やメゾソプラノ用では、オーボエになってるからだ。そういえば我が家のCDでもソプラノ用はオーボエの音がしないのでおかしいと思っていたが、これにて解決。

独唱がテノールのビオンディ盤もトラヴェルソだったということは、ソプラノ用の楽譜で歌っているのかと妙に納得。

この手の楽しみが延々と続いているということだ。

« 唖然陶然 | トップページ | キルヒシュラーガーのアリア集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 唖然陶然 | トップページ | キルヒシュラーガーのアリア集 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ