ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 愛のオーボエ | トップページ | 軸足オーボエ »

2024年6月26日 (水)

オーボエという楽器

ヨハネの祝日用のカンタータ第30番にはオーボエやオーボエダモーレの出番が充実している。バッハのカンタータの聞き所は独唱歌手によるアリアだと思ってはいるのだが、実はオーボエにも華麗な出番が多いと感じてはいた。

ブラームスに目を移せば室内楽に出番はないもののコンチェルトを含む管弦楽には納得の出番がところ狭しと並ぶ。オーボエの友人曰く「オケでは2番オーボエも面白い」らしい。そりゃあ室内楽に出番のあるクラリネットやホルンには一歩譲るが、充実度は負けていない。

第一交響曲の序奏、同じく第一交響曲の第二楽章、第二交響曲の第三楽章などおいしい見せ場が多い。ヴァイオリン協奏曲の第二楽章では延々と独奏ヴァイオリンを黙らせるというブラームス節の根幹をも背負っている。

昔からヴァイオリンとオーボエのための協奏曲は大好きだった。ブランデンブルク協奏曲にも出番がある。しかしその程度にとどまっていたのもまた事実だ。バッハへのアプローチが器楽限定になっていたから仕方がない。カンタータにどっぷりつかってみて、まず独唱アリアに目覚め、ほどなくオーボエにもと視界が広がった。

« 愛のオーボエ | トップページ | 軸足オーボエ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛のオーボエ | トップページ | 軸足オーボエ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ