ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 軸足オーボエ | トップページ | クレメントの出番集 »

2024年6月28日 (金)

マンフレート・クレメント

オーボエに軸足を移してカンタータを聴き始めてすぐのことだ。

きれいな音。華麗な出番がキレッキレであるというよりも、単なる伸ばしの音がきれいな人だなと思った。リヒター先生のカンタータ選集のブックレットを見るとマンフレート・クレメントとある。そのつもりで聴き進めるとなんだかすごい人だと感じ始めた。同時にどこかで聞いた名前とも感じたが思い出せぬ。

旧東独生まれで、ドレスデンで研鑽を積み、ライプチヒゲヴァントハウスで主席奏者になったのが二十歳の頃とかいう強者だ。さる演奏会を機に西側に亡命してミュンヘンに居を構え、バイエルン国立歌劇場の主席奏者に就任。バルセロナからレアルマドリーに移籍したようなものかと。我が家にあるCDでいえば、クーベリックやコリン・デーヴィスのブラームスで出番があったはずだ。

こうしたミュンヘンでの経歴からかリヒター先生のバッハ管弦楽団にも参加したに違いない。三顧の礼で迎えられたかどうかは不明ながら、重要なソロが吹かせてもらえている。バスのディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ先生に匹敵する位置付けかと納得している。

« 軸足オーボエ | トップページ | クレメントの出番集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軸足オーボエ | トップページ | クレメントの出番集 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ