ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ピリオド考 | トップページ | インタビューの証言 »

2024年6月13日 (木)

リヒターの見た楽譜

カール・リヒター先生のバッハカンタータ全集のブックレットには、収録にあたり参照された楽譜が記載されている。以下の通りだ。

  • Bach-Gesamtausgabe,Breitkopf&hartel,Leipzig1851-1899
  • J.S.BAch NeueAusgabe Samtlicher Werke,Barenreiter-Verlag Kassel

前者は通称「旧バッハ全集」で、後者が「新バッハ全集」である。収録全75曲のうちどれが旧参照で、どれが新参照かは、明記されてはいない。手練れの者ならわかるのかもしれないが私には無理だ。

このうち旧バッハ全集はメンデルスゾーンらによって立ち上げられたライプチヒバッハ協会の出版で間違いない。「1851-1899」とあるように時間をかけて全巻が出そろった。ブラームスは第1巻をクララ・シューマンから贈られて以降、全巻を予約購読した。1897年の没年に間に合わなかったのはごくわずかである。見ての通りブライトコップフだ。

一方の新バッハ全集は1950年バッハ没後200年を契機にベーレンライターから刊行された。現代重宝しているBWV番号はこのとき付与されている。

 

 

« ピリオド考 | トップページ | インタビューの証言 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピリオド考 | トップページ | インタビューの証言 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ