ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

カテゴリー「214 連弾」の13件の記事

2013年2月 2日 (土)

ベルヒテスガーデン

「Berchtesgaden」と綴るドイツ南端の保養地。ザルツブルクの南にある。1880年9月13日のことだ。この地で静養するクララをブラームスが訪ね、大学祝典序曲と悲劇的序曲のピアノ連弾版を2人で初演した。

このあたり元々は、ザルツブルク司教区に属していた。あるドイツ人が司教の許可を得ないまま岩塩鉱の探索を始めた。それが不首尾に終わればもめることも無かったのだろうが、得てしてそういう時に見つかるものだ。それが巨大な鉱脈だったからたまらない。その採掘権をめぐってザルツブルク司教とオーストリア皇帝の争いに発展した。軍隊まで借り出す大論争の末、バイエルン公国の領地とすることで決着したという。だからザルツブルクの南側にドイツ領が大きく回りこむ形になっている。

このとき発見された鉱脈こそが、ベルヒテスガーデンだ。今でもドイツ岩塩のトップブランドの座に君臨している。

2011年12月27日 (火)

連弾試演

大学祝典序曲には管弦楽版のほかに、本人編曲によるピアノ連弾版も存在する。

連弾版は1880年9月13日、南独の保養地ベルヒテスガーデンで初演されている。演奏に必要な4本の手の内2本はブラームス本人が差し出した。残る2本を提供したのは、クララ・シューマンだった。見ての通り初演の日9月13日はクララの誕生日だ。ブラームスはイシュルから、誕生日に合わせてクララの滞在するベルヒテスガーデンを訪ねたということだ。

誕生日にあわせた訪問だ。プレゼントを持参するのが人情というものだ。そのプレゼントこそが、出来たてほやほやの大学祝典序曲連弾版の楽譜だ。ブラームスがベルヒテスガーデンに着いたのが9月9日。クララとの演奏が13日だ。2人とも初見なんぞ朝飯前だろうが、その数日でサラリと練習もしたに違いない。

ブラームスとクララの連弾による大学祝典序曲だ。初演と称しているが公開の席ではなかったらしい。もったいない。

念のために申し添えると、このとき「悲劇的序曲」の連弾版も演奏されている。

2010年4月28日 (水)

伝説曲

「ハンガリア舞曲」と「スラブ舞曲」の成功に味をしめたジムロックは、民族色豊かなピアノ連弾作品を宝の山と認識したようだ。ドヴォルザークに対してピアノ連弾作品の作曲を執拗に依頼するようになる。

その手の依頼に内心ストレスを感じながらも、作品の出来映えが素晴らしいことは、ドヴォルザークならではである。

1881年ジムロックから出版された「10の伝説曲集」op59(B117)もそうした連弾曲のひとつだ。本人による管弦楽編曲も遺っている。

よほどの自信作だ。名高い音楽批評家のハンスリックに献呈されている。さらにブラームスはジムロックに宛てて作品の出来を賞賛する手紙を書いた。

「これはきわめて魅力的な曲であり、その人物(ドヴォルザーク)の新鮮で生き生きとした豊かな創意を羨まずにはいられない」

現代の愛好家がドヴォルザークの作品と聞いていの一番に思い浮かべる作品ではない。それでもブラームスは、ジムロックから出版された楽譜を受け取ってドヴォルザークの才能を絶賛した。

2010年1月25日 (月)

ピアノ連弾版新世界交響曲

いやいやお宝である。最近ドヴォルザークネタに滅法弱いのでイチコロだった。

ドヴォルザークの新世界交響曲のピアノ連弾版のCDを入手した。ドヴォルザーク本人の編曲だとCDのケースに書いてある。CDの無い当時、この手のピアノ連弾版はきっと貴重なのだと思う。ジムロックあたりの入れ知恵で、オケ版の出版と同時に出されたのだと思う。

管弦楽作品に本人編曲のピアノ連弾版があることについてはブラームスでおなじみだ。唖然である。ブラームスの交響曲のピアノ連弾版よりはずっと楽しい。元々交響曲はやっぱりオケで聴きたいタチだから、今回も半信半疑だったが、予想を裏切る面白さだった。着色前の原画を見せられた感じだ。着色後のオケ版を知っているからドヴォルザークの色彩感覚が覗ける感じなのだ。理由は思い当たらないがブラームスの交響曲をピアノ連弾版で聴くより面白い感じである。

出世作スラブ舞曲は、ピアノ連弾版が管弦楽版にわずかに先行する。あるいはドヴォルザークの初期のピアノ独奏曲には、自筆譜にオケのパート名が書かれているケースがある。つまり先にピアノ連弾で発想して、あとからオーケストレーションを施すという作業上の順序が感じられる。今回手に入れた新世界交響曲も、そうした流れを感じさせる程自然なのだ。8番も聴いてみたい。

校訂したついでに、ブラームスがピアノ連弾版を編曲してくれていたら、桁違いのお宝になっていたところだ。

さらに凄いのは、新世界交響曲の余白に入っている「モルダウ」だ。もちろんスメタナ本人によるピアノ連弾版だ。息を呑む面白さだ。管弦楽版の楽しさが、そのまま移植された感じ。ピアノ連弾でこの色彩感とは恐れ入る。「月の光」や「聖ヨハネの急流」の部分が半端でなく面白い。

スメタナは相当なピアノの名手だったと聞くが、なるほどと思う。昨年、合唱祭で「モルダウ」を歌った次女に聴かせたら「音が多い」と言っていた。合唱の伴奏はもちろん「ピアノ2手版」だから無理もない。

2008年12月17日 (水)

地名語尾

ブラームスのハンガリア舞曲の原題は、マッコークルの作品目録によると「Ungarishce Tanze」(Tのあとのaはウムラウト)だ。この曲集のことを日本語で標記する場合、複数の用例が見られる。

  1. 「ハンガリー舞曲」
  2. 「ハンガリアン舞曲」
  3. 「ハンガリア舞曲」

原題は「形容詞+名詞」だから「ハンガリアン」がフィットしそうだが、恐らく一番多いのは「ハンガリー舞曲」だろう。これは「ハンガリアン」と同様「名詞(国名・地名)+名詞」だ。ヤンキースタジアムの例を出すまでもなく名詞が形容詞的に用いられることは珍しくないからこれでもいいのだろう。

ちなみに「ハンガリア」はハンガリーに「地名語尾「ia」が付いたものと思われる。「ia」はラテン語の地名語尾だ。「イタリー」と「イタリア」のようなものである。このように語尾が「ia」になった地名が欧米にはとても多い。「Asia」にしても東を意味する「Asu」に地名語尾「ia」が結びついたとする説もあるくらいだ。

多分どれでもよいのだと思う。

2008年9月18日 (木)

オルガンコラールのピアノ連弾版

バッハの編曲物の売り場を何気なく見ていて発見した。唖然とするほどのお宝だ。

Yaara Tal と Andreas Groethuysen という2人のピアニストが弾いている。 マックス・レーガーのオルガンコラールop30のピアノ連弾版。それからバッハのオルガンコラールのピアノ連弾版(Reinhard Febelという人の編曲)以下の7曲だ。

  • BWV734
  • BWV659
  • BWV694(version a)
  • BWV639
  • BWV663
  • BWV694(version b)
  • BWV721

見ての通り、オルガンコラールのピアノ連弾版」というテーマであることは明らかだ。アルバムタイトルは、そのものズバリの「Choral Preludes」となっている。2007年の発売で、収録した全ての曲に、どうやって調べたか「世界初録音」の文字が躍っている。ジャケットのデザインも何だかさめざめとした感じ。アルバム全体に、ただならぬ意図が充満している。

ピアノ連弾であることが意味あり気に迫ってくる。オルガン特有の量感が上手く表現されている。

そして何と言ってもこのアルバムの売りは、ブラームス最大の作品番号122を背負った「オルガンのための11のコラール前奏曲」のピアノ連弾版だ。編曲者はブラームス一の子分、オイゼビウス・マンディチェフスキーだ。

良い。端正な演奏だ。編曲者の存在を忘れさせてくれるほどだ。これは恐らくマンディチェフスキーの意思。ブラームスがバッハ作品の編曲で見せたストイックな姿勢と同質だ。マンディチェフスキーのブラームスへの敬意が素直に伝わって来る。もしかするとマンディチェフスキーは「何もせぬ事」を心がけたのではなかろうか。

極楽極楽。このCDをみつけたのがブラームスの売り場ではなくてバッハの売り場だったこともとっておき感を高めている。

2008年6月 6日 (金)

3手用

3月28日の記事「四手用」の中で、低音偏重のブラームスの嗜好のたとえとして、しばしば「左手が2本要る」と言われていることを指して「まるで3手用だ」と述べた。ところが、現実に「3手用」と書かれた作品が存在するのだ。

オルガンまたはピアノと混声四部合唱のための「宗教的歌曲」op30がそれである。この作品は昨日6月5日の記事「歌のあるインテルメッツォ」の主役だった。

マッコークルの作品目録には単に「オルガンまたはピアノのための」と書かれているだけだが、ブライトコップフのパート譜には、「Klavier fur drei oder vier handen」と書かれている。つまり「3手または4手のピアノのための」という意味だ。オルガンのペダルの入るところで手が足りなくなることが原因と考えられる。ピアノ奏者一人に加えてさらに一人が片手で演奏に加わるという意味としか解釈のしようがない。

ところがさらに謎がある。我が家に唯一のピアノ版のCDのジャケットには、ピアノ奏者の名前は1人しか書かれていない。楽譜通りではないのだろうか。

問題はこの「3手用」の指定がブラームスの意思かどうかである。マッコークルには何も書かれていないから、ブライトコップフ社の意思である可能性もあって悩ましい。

2008年5月 4日 (日)

出世作

音楽、文学、美術等の創作系諸分野で、制作者が世の中に確固たる地位を築くキッカケとなった作品のこと。デビュー作が出世作になる人がいるかと思えば、出世作以降パッタリという人もいる。出世が本人死後のことさえある。もちろん一度も出世作を発することが出来なかった人が一番多いことは言うまでもない。

さてさてブラームスの出世作は何だろう。ハンブルグの貧しい家庭に生まれたブラームスが音楽一本で皇帝から勲章をもらったのだから、出世したと考えることに異論はあるまい。ブラームス程度では出世と呼べないとなると本日の記事そのものに意味が無くなる。

作品1のピアノソナタ第1番はデビュウ作ではあるが出世作とまでは言えまい。ロベルト・シューマンのセンセーショナルな紹介のおかげで認知度だけは急激に上がっていたと思われるが、作曲家としてただちに広く認知されたとは思えない。中には「お手並み拝見モード」の人もいたと思う。

一般には1868年のドイツレクイエムによって作曲家ブラームスが地位を確立したとされている。伝記を紐解けば一応納得できる。実はドイツレクイエムから1年遅れて出版されたハンガリア舞曲も出世作と呼ぶに相応しいと感じている。世間一般への浸透が進んだという意味では、こちらが上とさえ思える。CDもipodも無い時代、音楽を気軽に楽しもうと思えば家庭でのピアノ演奏が主流だった。ピアノ連弾用のハンガリア舞曲は、楽譜の売れ行きという面でセンセーショナルな成功をブラームスにもたらした。曲の規模、内容、出来映えにおいてドイツレクイエムに何等のケチをつけるものではないが、だからといってドイツレクイエムの楽譜がガンガン売れまくるということは考えにくい。

1868年頃から作曲家としてのステイタスが上がったことは間違いないのだろう。そのキッカケをドイツレクイエムの初演成功に求めるのは自然なことだが、1869年のハンガリア舞曲の出版も無視出来ない要因だと考えている。ドイツレクイエムの功績はしばしば強調されるが、ハンガリア舞曲の貢献が相対的に無視されていると思えて仕方がない。

欧州の平均的な家庭への浸透度を高めたという意味では、ハンガリア舞曲の貢献度は偉大である。

2008年3月28日 (金)

4手用

ピアノの演奏形態に関する言い回しだ。1台のピアノを2人のピアニストが演奏するための楽譜には「4手用」と書かれる。「2台のピアノのための」というのとは区別される。つまりは連弾である。猫の手や魔女の手を借りたいという意味ではない。

ブラームスにはこの「4手用」という形態を愛していた形跡がある。ワルツ、ハンガリア舞曲など豊かな実例がある。目的はクララといっしょに弾くためではないかなどという野暮な勘ぐりをしたくなる。

もちろんブラームスは「2手用」つまり普通のピアノ独奏曲もたくさん書いている。作品番号の無い作品をあたると左手のみの「1手用」まで存在する。「1手用」「2手用」「4手用」があるのだから、もしかしてと考えていて面白い話をみつけた。

ブラームスのピアノ曲は彼の中低音域偏愛を反映してか、ピアノの左手が酷使される傾向にある。そのことを指して「ブラームスのピアノ作品は左手が2本要る」と評される。言い得て妙だと感心していたが、つまりこれは「3手用」だ。

忙しさのあまり演奏者が譜めくり出来ない連弾曲の場合、譜めくりをする手をいれて「5手用」などと洒落てみたい。

「6手用」や「7手用」を発見したらまたブログで報告するが、これとは別におバカな疑問がある。「4手用」作品では、ペダルはどうするのだろう。3つあるピアノのペダルを踏むのは4本の足の中でどのように分担されているのだろうか。ペダルを必要とする側のパートの奏者が踏むのが自然だと思う。楽譜上でのペダルに関する指示がそのように配置されていると考えたい。ところが遊び半分で楽譜を当たって驚いた。ワルツの4手用の楽譜には1箇所もペダルの指示がない。同じワルツでも独奏用の楽譜にはペダルの指示がある。

ワルツは4手用が原曲だから、それを独奏用に編曲するにあたって、ペダルの指示を加えたのだろうか。我が家の楽譜がいい加減で、元々あったペダルの指示をカットした可能性さえあって悩ましい。

2006年6月26日 (月)

マイケル・ジョーダン

本日の記事のおバカ度もかなりのものであるから先にお断りする次第である。

時は1992年バルセロナオリンピックに遡る。プロ参加が初めて容認されたバスケットボール競技に、アメリカはドリームチームを送り込んだ。当時29歳全盛期のNBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンも当然中心選手として名を連ねた。結果から申せば圧勝だった。注目は銀メダル争いだった。アメリカと準決勝で対戦しない組み合わせになるかならぬかで銀か銅かの明暗が分かれた。

普段NBAルールでリーグ戦を行う選手たちも、国際ルールにのっとって戦った。ベンチ入り12名の背番号は国際ルールに従って4番から15番までの12個の整数があてられた。マジック・ジョンソンは15番、ラリー・バードは7番だ。

奇跡はここで起きた。発表されたマイケル・ジョーダンの背番号は9番だったのだ。ジョーダンは所属するNBAのシカゴ・ブルズでは23番をつけていたからジョーダンに当てられる背番号には少なからず注目していたし小さな期待もあった。それが期待通り9番になったということなのだ。

ジョーダンが、所属チームの23番に加えナショナルチームでは9番を背負うということはブラームス好き&ジョーダン好きの私にとっては重大だった。ブラームスの作品番号でいうと9番も23番も「シューマンの主題による変奏曲」になっているのだ。私のようなブラームス好きにとっては9番と23番には「シューマン」という共通の切り口がある。無論ジョーダン本人がシューマンやブラームスの愛好家だという話はいっこうに聞かないが、この種のおバカな偶然を軽視しないのがブログ「ブラームスの辞書」の立場である。

このことに触れたブラームス関連本には今までお目にかかったことが無い。(あたりまえだろが)

その他のカテゴリー

001 用語解説 | 002 ドイツ旅行① | 003 ドイツ旅行② | 050 空席状況 | 051 お知らせ | 052 総集編 | 053 アラビアンナイト計画 | 060 ブラームス神社 | 061 縁起 | 063 賽銭 | 070 ドイツ分室 | 071 地名辞書 | 072 地名探検 | 073 地名語尾辞典 | 074 地名語尾 | 075 ドイツ語 | 076 ドイツ方言 | 077 ドイツ史 | 078 ハプスブルク | 079 人名辞典 | 080 イベント | 081 謝恩クイズ | 082 かるた | 083 のだめ | 084 お盆 | 085 中国出張 | 086 英国研修 | 087 ブログ出版 | 088 意訳委員会 | 089 ドヴォルザークイヤー総集編 | 090 ドヴォルザーク作品一覧 | 100 作曲 | 101 編曲 | 102 楽譜 | 103 音符 | 104 楽語 | 105 テンポ | 106 音強 | 107 拍子 | 108 調性 | 109 奏法 | 110 演奏 | 111 旋律 | 112 音型 | 113 リズム | 114 和声 | 115 対位法 | 116 形式 | 117 編成 | 118 ヘミオラ | 119 テキスト | 120 ベースライン | 121 再現部 | 122 微調整語 | 123 語彙 | 124 表情 | 125 伴奏 | 126 ジプシー音楽 | 140 ソナタ | 141 変奏曲 | 142 フーガ | 143 ロンド | 144 コラール | 145 間奏曲 | 146 スケルツォ | 147 ワルツ | 149 緩徐楽章 | 150 セレナーデ | 153 カプリチオ | 154 トリオ | 155 序奏 | 156 シャコンヌ | 157 メヌエット | 160 ブラームス節 | 161 分布 | 162 引用 | 170 楽器 | 171 ピアノ | 172 ヴァイオリン | 173 ヴィオラ | 174 チェロ | 175 コントラバス | 177 オーボエ | 178 クラリネット | 179 ファゴット | 180 ホルン | 181 トランペット | 182 トロンボーン | 183 チューバ | 185 トライアングル | 190 鍵盤楽器 | 191 弦楽器 | 192 木管楽器 | 193 金管楽器 | 194 打楽器 | 195 メゾソプラノ | 196 アルト | 200 作品 | 201 ピアノ曲 | 202 歌曲 | 204 室内楽 | 205 交響曲 | 206 協奏曲 | 207 管弦楽曲 | 208 合唱 | 209 重唱 | 210 民謡 | 211 オルガン | 212 オペラ | 213 カノン | 214 連弾 | 215 練習曲 | 216 学生歌 | 230 ドイツレクイエム | 231 交響曲第1番 | 232 交響曲第2番 | 233 交響曲第3番 | 234 交響曲第4番 | 235 大学祝典序曲 | 236 ヴァイオリン協奏曲 | 237 ピアノ協奏曲第1番 | 238 ピアノ協奏曲第2番 | 239 二重協奏曲 | 248 弦楽六重奏曲第1番 | 249 弦楽六重奏曲第2番 | 250 ピアノ五重奏曲 | 251 クラリネット五重奏曲 | 252 弦楽五重奏曲第1番 | 253 弦楽五重奏曲第2番 | 254 弦楽四重奏曲第1番 | 255 弦楽四重奏曲第2番 | 256 弦楽四重奏曲第3番 | 257 ピアノ四重奏曲第1番 | 258 ピアノ四重奏曲第2番 | 259 ピアノ四重奏曲第3番 | 260 ピアノ三重奏曲第1番 | 261 ピアノ三重奏曲第2番 | 262 ピアノ三重奏曲第3番 | 263 ホルン三重奏曲 | 264 クラリネット三重奏曲 | 265 ヴァイオリンソナタ第1番雨の歌 | 266 ヴァイオリンソナタ第2番 | 267 ヴァイオリンソナタ第3番 | 268 チェロソナタ第1番 | 269 チェロソナタ第2番 | 270 クラリネットソナタ第1番 | 271 クラリネットソナタ第2場 | 272 FAEソナタ | 300 作曲家 | 301 バッハ | 302 シェーンベルク | 303 ドヴォルザーク | 304 ベートーヴェン | 305 シューマン | 306 メンデルスゾーン | 307 モーツアルト | 308 ショパン | 309 シューベルト | 310 ワーグナー | 311 マーラー | 312 チャイコフスキー | 313 Rシュトラウス | 314 リスト | 315 ヘンデル | 318 ヨハン・シュトラウスⅡ | 319 ビゼー | 320 ブルックナー | 321 ハイドン | 322 レーガー | 323 ショスタコーヴィチ | 350 演奏家 | 351 クララ | 352 ヨアヒム | 353 ミュールフェルト | 354 アマーリエ | 356 ビューロー | 357 クライスラー | 358 ヘンシェル | 362 シュットクハウゼン | 400 人物 | 401 ファミリー | 402 マルクゼン | 403 ジムロック | 404 シュピッタ | 405 ビルロート | 407 ビスマルク | 408 ハンスリック | 409 フェリクス | 411 マンディ | 412 ヴィトマン | 416 カルベック | 417 ガイリンガー | 418 エルク | 419 グリム兄弟 | 420 森鴎外 | 431 アガーテ | 432 リーズル | 433 マリエ | 434 ユーリエ | 435 オイゲーニエ | 436 ベルタ | 437 リースヒェン | 438 オティーリエ | 439 シュピース | 441 バルビ | 442 シシィ | 500 逸話 | 501 生い立ち | 502 性格 | 503 学習 | 504 死 | 505 葬儀 | 506 職務 | 507 マネー | 508 報酬 | 509 寄付 | 510 顕彰 | 511 信仰 | 512 友情 | 513 恋 | 515 別れ | 516 こだわり | 517 癖 | 518 読書 | 519 リゾート | 520 旅行 | 521 鉄道 | 522 散歩 | 523 食事 | 524 ワイン | 525 タバコ | 526 コーヒー | 527 趣味 | 528 手紙 | 529 ジョーク | 530 習慣 | 531 住居 | 532 恩人 | 533 指揮者 | 534 教師 | 535 暗譜 | 536 美術 | 537 ビール | 550 楽友協会 | 551 ジンクアカデミー | 552 ハンブルク女声合唱団 | 553 赤いハリネズミ | 554 論争 | 555 出版社 | 556 初版 | 557 献呈 | 558 伝記 | 559 初演 | 560 校訂 | 571 ウィーン | 572 ハンブルク | 573 イシュル | 574 トゥーン | 575 デトモルト | 576 ペルチャッハ | 577 ライプチヒ | 578 デュッセルドルフ | 579 フランクフルト | 580 ベルリン | 590 イタリア | 591 イギリス | 600 ブログMng | 601 運営方針 | 602 自主規制 | 603 アクセス | 604 検索 | 605 カテゴリー | 606 記事備蓄 | 607 創立記念日 | 608 ブログパーツ | 609 舞台裏 | 610 取材メモ | 611 マッコークル | 613 一覧表 | 614 課題 | 615 カレンダリング | 616 ゴール | 617 キリ番アクセス | 618 キリ番記事 | 630 記念 | 631 誕生日 | 632 命日 | 633 演奏会 | 634 正月 | 635 ヴァレンタイン | 636 クリスマス | 637 ブラームス忌 | 638 ブラスマス | 639 クララ忌 | 641 愛鳥週間 | 642 ランキング | 699 仮置き | 700 思い | 701 仮説 | 702 疑問 | 703 お叱り覚悟 | 704 発見 | 705 奇遇 | 706 区切り | 707 モチベーション | 708 演奏会 | 709 感謝 | 710 よろこび | 711 譜読み | 712 音楽史 | 720 日本史 | 721 日本人 | 722 日本語 | 723 短歌俳句 | 724 漢詩 | 725 三国志 | 727 映画 | 728 写譜 | 730 写真 | 731 数学 | 732 レッスン | 733 ビートルズ | 740 昔話 | 741 仲間 | 742 大学オケ | 743 高校オケ | 760 家族 | 761 父 | 762 母 | 763 妻 | 764 長男 | 765 長女 | 766 次女 | 767 恩師 | 780 スポーツ | 781 野球 | 782 駅伝 | 783 バスケットボール | 784 サッカー | 785 アントラーズ | 786 バドミントン | 790 コレクション | 791 CD | 792 ipod | 793 楽譜 | 794 書籍 | 795 グッズ | 796 愛器 | 800 執筆の周辺 | 801 執筆の方針 | 802 ブラダス | 803 校正 | 804 譜例 | 807 パソコン | 808 ネット | 809 ドボダス | 810 ミンダス | 820 出版の周辺 | 821 パートナー | 822 契約 | 823 装丁 | 825 刊行記念日 | 840 販売の周辺 | 841 お買上げ | 842 名刺 | 860 献本 | 861 ドイツ国立図書館

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ