ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

カテゴリー「638 ブラスマス」の11件の記事

2017年8月15日 (火)

終戦の日

何の断りもなく「終戦の日」といえば日本では8月15日のことだ。戦没者追悼式が行われるし、甲子園では高校生の野球を中断して黙祷が行われる。ところがアメリカで対日戦勝記念日といえば9月2日だし、中国やロシアでは9月3日になる。9月2日は降伏文書調印の日で、翌3日は北方領土占領の日どいうそれなりの根拠がある。天皇がポツダム宣言の受諾を決めたのは14日だったが、玉音放送の15日というのは大きな区切りだ。

さて日本と同じ敗戦国のドイツはどうなっているのだろう。ドイツでは「終戦と国民社会主義からの開放の日」とされ5月8日となっている。連合国側も5月8日が「戦勝記念日」なのだが、ロシアは9日になっている。

ヒトラーが4月28日に自決して「第三帝国」は事実上崩壊していたから、降伏は国防軍司令部の名でアイゼンハワー将軍に通告された。これが5月7日で、降伏文書への調印は5月8日だった。連合国とドイツではこの日が「終戦の日」ということだ。ソ連はスターリンが別途降伏文書への調印式を要求したことから、5月8日付けの文書に5月9日に調印する形になった。だからロシアの戦勝記念日は1日遅れている。

ブラームスの誕生日5月7日は、これら終戦の日の直前ということになる。

2015年5月 7日 (木)

ツアーの準備

昨日でひとまず、大型連休が終わった。1月や5月や8月にやってくる連休には、ブログ記事のその後数ヶ月の配列を大まかに整える作業をする。今年で言えば、間もなく開幕の室内楽ツアーの記事を整列させることに徹した。ひとまず8月のお盆休み前に発信する記事について、内容を再吟味し、配列を決定した。
ツアーが滞りなく進むよう、日程表や地図を準備し、持ち物を確認し、訪問先現地での段取りを終えたようなものだ。
以下にツアーの実施要綱を示す。
  1. 出発日時 2015年5月11日(月)午前5時7分 時間厳守
  2. 最終日  2015年12月31日 延長の可能性あり。
  3. 主訪問先 ブラームスの全室内楽24曲。ピアノ三重奏曲第1番の旧版。FAEソナタ
  4. オプション 未出版の室内楽、編曲作品
  5. 除外ネタ おすすめCD、同曲異演比較
  6. 募集定員 無限
  7. 参加費 無料
  8. 持ち物 気合い
  9. ツアコン アルトのパパ
  10. 発信予定記事数 175本
そうそう、今日はブラームスの182回目の誕生日だ。おめでとうブラームス。
スペシャルコンサートまであと2日。

2014年5月 7日 (水)

開通式

ブラームスの生きた時代、とりわけ少年時代において鉄道の開通式は、国家的行事だった。閣僚や元首の参列はむしろ当然でさえあった。予め日取りを定めて万全の準備で当日を迎えるのが常だった。

ハンブルク初の鉄道ハンブルク-ベルゲドルフ間16.5kmの開通式は1842年5月7日と決められていた。まさに我がブログ的にはもってこいの日取り。ブラームス9歳の誕生日である。この日はハンブルク開港記念日でもあるので、まさに周到な日程調整の賜物であるに違いない。

ハンブルクからエルベ北岸を遡った位置にあるベルゲドルフ駅だが、これがベルリンに延伸される際には、駅の直前で左にカーブして急激にエルベ川から遠ざかるルートが採用された。そのカーブからおよそ10kmほどのところに、ビスマルクの屋敷があったフリードリヒスルー駅がある。

ハンブルク初の鉄道が9歳のブラームスへの誕生祝になればよかったのだが、肝心な開通式は予定通りに挙行されなかった。2日前の5月5日にハンブルク大火が発生したからだ。あらかた街を焼き尽くし死者20000人とも言われる大火が鎮火したのは5月8日だった。だから開通式どころではなかった。さっそく避難者を輸送したと伝えられるが、平常運行への復帰は17日となり、そのときには開通式は行われなかった。

本日はまさにそのブラームスの誕生日だ。

37代引退公演・第21回スペシャルコンサートまであと4日。→こちら

2013年5月 8日 (水)

レヒフェルトの戦い

東フランク王国のオットー大帝が、マジャール人を撃退した戦い。西暦955年の出来事だ。「Lechfeld」と綴る。バイエルン州のアウクスブルクの東、レヒ河畔の平原だ。愛用の道路地図には「Lechfeld」という地名は見あたらない。「Kriegshaber」という地名があるから、もしかすると関連があるかもしれない。

オットー大帝が勝ったというのは、少々のパラドックスを含む。この戦いに勝ったことをもって周囲に力を認めさせたからだ。「大帝」の称号はこの戦いの7年後にローマ法王ヨハネス12世からの戴冠により初代神聖ローマ帝国皇帝に就任してからの話だ。

つまり天下分け目の戦い。ハンガリー平原を根拠とするマジャール人がバイエルンに侵入しては、しばしば略奪を繰り返していた。オットーはゲルマン諸部族を率いてこれを撃退した。この敗北を機にマジャール人がバイエルンに侵入することは無くなったからだ。

彼、オットー大帝は皇帝就任から11年後、973年5月7日に亡くなった。ブラームスは大帝の命日に生まれたことになる。今年は大帝没後1040年の記念イヤーだ。

スペシャルコンサートまであと4日。

2013年5月 7日 (火)

あと20年

メリーブラスマス。

今日はブラームスの誕生日。地味に生誕180周年である。同時にブログ「ブラームスの辞書」は、開設からちょうど2900日の節目を迎える。奇遇というべきか。記事が途切れずに続いたことをいつものように喜びたい。

開設から2900日を経過したブログは、世の中にはたくさんあると思うけれど、その間記事のアップが1日も抜けなかったブログとなると、ちっとは貴重だなどとどや顔をしている場合ではなかった。

いささか気が重いこともある。ブログ「ブラームスの辞書」が掲げるゴール、ブラームス生誕200年まであとちょうど20年ということだ。2033年5月7日まで、記事を途切らせることなく継続することが、ブログ「ブラームスの辞書」の譲れぬ方針だ。あと20年である。1993年生まれの長女と歩んだ時間だと思えば、短いとも感じるが、これから毎日ブログ記事をアップすると考えると、立ちくらみがする。

スペシャルコンサートまであと5日。昨夜ブラームスから「絶対に聴きに行く」とメールが入った。「ボロディンさんも連れてゆく」と言っている。ああそうだ。同い年だった。2人とも今年180歳だ。習志野文化ホールの地図をメールしよう。

2012年5月 7日 (月)

ビスマルク暗殺未遂事件

プロイセン宰相ビスマルクがベルリンで暴漢に襲われた事件。幸い軽傷で命に別状はなかったが、取調室で犯人が自決したため動機は未解明。何と何とこの事件が起きたのは1866年5月7日だ。ブラームス33歳の誕生日である。

この年の6月15日には普墺戦争が始まる。もしここでビスマルクが落命していたら欧州列強の力関係は微妙に変化していたと思われる。ブラームスは普墺戦争を避けるようにスイスへ避暑に出かけるのだが、この事件のときはウィーンに居た。ベルリンからはるか離れたウィーンではあるのだが、ブラームスの伝記がこの事件に言及するのを見たことが無い。芸術家の伝記ともなるとそういうものかもしれない。

2009年5月 7日 (木)

4つの厳粛な歌

作品番号121を背負うブラームス最後の独唱歌曲だ。1896年5月7日ブラームス63歳の誕生日に完成した。この世で迎える最後の誕生日を自ら祝ったかのような感じだ。

「最大の内容を最小の形に盛り込んだ」というガイリンガーの言葉は含蓄がある。同感だ。ここから作品解説や私の感想などを連ねないことはとても重要だ。

大好きな曲なのだが、だからといってあまり頻繁に聴いていない。とりわけ第3曲がお気に入りであるとだけ申し上げておく。

一つだけ残念なことがある。

現在ウィーンの楽友協会に所蔵されているスケッチには、オーケストレーションの下書きが残っているという。管弦楽伴奏で聴いてみたかった。

2009年5月 6日 (水)

イブに聴きたいブラームス

イブと言ってもクリスマスイブではない。明日がブラームスの誕生日だから今日はブラスマスイブである。イブに聴きたいブラームス作品をいくつかあげる。

  1. Weihnachten WoO31-12 これまさにドイツ語でクリスマスそのもののことだ。ロベルト・シューマンの子供たちへとの献辞が誇らしげな「子供のための14の民謡」のうちの一つだ。
  2. In stiller Nacht  Woo33-42 「49のドイツ民謡集」の42番目、つまり独唱の大トリを飾る絶唱。テキストは直接クリスマスと関係がないが、雰囲気は「聖しこの夜」に匹敵する。
  3. 「五月の夜」op43-2 5月6日の夜に聴くにはピッタリの作品である。今夜はサンタにならねばならぬ。
  4. 「一輪のバラが咲いて」op122-8。ブラームス最大の作品番号122を背負うオルガンのためのコラールから。元になったコラールはドイツの古いクリスマスキャロルだが、バラと言うからには今が聴き頃かもしれない。
  5. 宗教的な歌曲 op30。これもテキストは本当のクリスマスとは関係が無い。敬虔な気持ちにさせられるという点に関しては折り紙つきである。「澄み切った長調は悲しい」を雄弁に物語る。

失笑は元より覚悟の上だ。

2008年5月 7日 (水)

ドン・ジョヴァンニ

モーツアルトの3大オペラの一つ。「フィガロの結婚」のヒットにより受注した作品。初演は依頼元であるプラハで1787年10月29日に行われた。ウイーン初演は1788年5月7日つまり220年前の今日だ。ブラームスの誕生から遡ることきっかり45年である。

ブラームスがそのことを知っていたかはともかく、グスタフ・マーラー指揮のブダペスト王立歌劇場の「ドン・ジョヴァンニ」を絶賛したことが記録に残っている。「完璧なドン・ジョヴァンニを聴きたければハンガリーの首都に行け」と述べたとある。

マーラーの作品への評価については微妙である。ドヴォルザークへの手放しの賞賛とは一線を画するが、指揮者マーラーについては別物であったような感じである。

あんな記事こんな記事ばかりでは身が持たない。

だから肩の力を抜いた誕生日ネタである。

2006年5月 7日 (日)

三色対抗歌合戦

ハッピーバースデー!ブラームス

今日の日のためにipod上でコンサートを企画した。我が家にCDがある歌手60人を3組に分け、一人1曲ずつブラームスの歌曲を歌い合うという趣向だ。曲名の後の票数は我が家にあるCDで歌っている歌手の数。これが多いほど多数の歌手の支持を得ていることになる曲の人気のバロメータだ。

  • 青組:男性(監督:キプニス、主将:フィッシャーディースカウ)
  • 赤組:ソプラノ(監督:シュワルツコップ、主将グルベローヴァ)
  • 緑組:ソプラノ以外の女性(監督:フェリアー、主将:ジェシー・ノーマン)

おおっと、ようやく主賓のブラームスさんが貴賓席に着席したようだ。

審査委員の面々シューマン夫妻、エリザベート・フォン・ヘルツォーゲンベルグ、ヨアヒム夫妻、アガーテ・フォン・ジーボルト、ハンス・フォン・ビューロー、ユリウス・シュトックハウゼンが着席したところで、各組の主将による選手宣誓が行われた。

<第一部>ブラームスのために世界20ケ国から駆けつけた62名による祭典は、緑組の先攻で第一部のスタートである。

  1. クリスタ・ルードヴィッヒMsドイツ「セレナーデ」op106-1・・・19票
  2. トーマス・クワストホフBrドイツ「とてもかなわない」op72-5・・・4票
  3. カリタ・マッティラSpフィンランド「我が恋は緑」op63-5・・・12票
  4. マリアーナ・リポヴシェックMsスロヴェニア「静かな夜」WoO33-42・・・5票
  5. ペーター・シュライヤーTnドイツ「裸足で来ちゃだめよ」WoO33-12・・・3票
  6. リタ・シュトライヒSpドイツ「お姉ちゃん」WoO33-15・・・6票
  7. スーザン・グラハムMsアメリカ「ヘイ、ジプシー」op103-1・・・9票
  8. オラフ・ベーアBrドイツ「お前たち、黒い瞳よ」op65-4・・・・4票
  9. バーバラ・ボニーSpアメリカ「私の胸を噛む」op65-11・・・・4票
  10. 白井光子Ms日本「野を渡って」op86-4・・・9票
  11. 増位禎紀Br日本「二人はそぞろ歩いた」op96-2・・・11票
  12. 鮫島有美子Sp日本「日曜日」op47-3・・・11票
  13. キャスリーン・フェリアーCAイギリス「聖なる子守唄」op91-2・・・10票
  14. コンラッド・ヤルノートBrイギリス「木陰に憩えいとしい君よ」op33-9・・・4票
  15. ロッテ・レーマンSpドイツ「砂の精」WoO31-14・・・4票
  16. マリリン・ホーンMsアメリカ「子守唄」op49-4・・・14票
  17. ブリン・ターフェルBrイギリス「子守唄」op49-4・・・14票
  18. アンジェラ・ゲオルギューSpルーマニア「子守唄」op49-4・・・14票

ここで第一部終了。各組6名づつ18名の演奏が終わったことになる。「子守唄6連発」の威力はすさまじい。居眠りが後を絶たない。客席のロベルト・アラーニャ氏は、夫人のゲオルギューの出番でようやくお目覚めだ。15分の休憩の後第二部に移る。

<第二部>攻守ところを変えて青組の先攻だ。第二部のトップバッターには各組監督や主将を送り込むようだ。

  1. アレクサンダー・キプニスBrウクライナ「サッフォーの頌歌」op94-4・・・11票
  2. エリザベート・シュワルツコップSpドイツ「甲斐なきセレナーデ」op84-4・・15票
  3. ジェシー・ノーマンMsアメリカ「ことづて」op47-1・・・7票
  4. ハンス・ホッターBrドイツ「恋唄」op71-5・・・6票
  5. ルチア・ポップSpスロヴァキア「娘は話しかける」op107-3・・・5票
  6. アンネリーズ・ブルマイスターAtドイツ「娘の歌」op107-5・・・11票
  7. クリスチャン・エルスナーTnドイツ「領主フォン・ファルケンシュタインの歌」op43-4・・・3票
  8. ジュリアーネ・バンセSpスイス「ユッヘー」op6-4・・・3票
  9. ドリス・ゾーフェルMsドイツ「愛のまこと」op3-1・・・9票
  10. トーマス・ハンプソンMrアメリカ「心変わりした男」op48-2・・・3票
  11. マーガレット・プライスSpイギリス「夏の宵」op85-1・・・3票
  12. ブリギッテ・ファスベンダMsドイツ「エーオルスのハープに寄せて」op19-5・5票
  13. テオ・アダムBsドイツ「ザラマンダー」op107-2・・・3票
  14. フランソワ・ポレSpフランス「秘め事」op71-3・・・4票
  15. ワルトラウト・マイヤーMsドイツ「幾度も思い起こすか」op103-7・・・10票
  16. ローマン・トレケルBrドイツ「落胆」op72-4・・・6票
  17. イルムガルド・ゼーフリートSpドイツ「涙に濡れた慰め」op48-5・・・3票
  18. アンジェリカ・キルヒシュラーガーMsオーストリア「秘めたる憧れ」op91-1・10票

各組6名から構成される第二部18名の演奏がこれにて終了。おおおっと。キルヒシュラーガーの伴奏に登場したバシュメットさんが15分の休憩時間を利用してヴィオラソナタを弾き始めたようです。これではトイレに行けません。

<第三部>バシュメットさんの飛び入りのせいで10分遅れのスタート。赤組の先攻だ。

  1. デボラ・ポラスキーSpアメリカ「まどろみはいよいよ浅く」op105-2・・・14票
  2. アン・カトリン・ナイドゥMsドイツ「テレーゼ」op86-1・・・11票
  3. アンドレアス・シュミットBrドイツ「おお涼しい森よ」op72-3・・・7票
  4. サラ・コノリーSpイギリス「昔の恋」op72-1・・・6票
  5. コルネリア・カリッシュMsドイツ「日曜日の朝に」op49-1・・・7票
  6. ディオン・ヴァンデルワルトTn南アフリカ「すみれによせて」op49-2・・・3票
  7. キルシュテン・フラグシュタートSpノルウエイ「郷愁2」op63-8・・・11票
  8. ジャネット・ベイカーMsイギリス「小夜鳥」op97-1・・・5票
  9. ハカン・ハーゲコールBrフィンランド「墓地で」op105-4・・・10票
  10. ルート・ツィーザクSpドイツ「ひばりのさえずり」op70-2・・・8票
  11. マリー・ニコル・ルミュウMsカナダ「夢に遊ぶ人」op86-3・・・7票
  12. ロベルト・ホルBrオランダ「夕立」op70-4・・・4票
  13. エリー・アメリングSpオランダ「風もそよがね、和やかな大気」op57-8・・・8票
  14. ヴェッセリーナ・カサローヴァMsブルガリア「野の寂しさ」op86-2・・・17票
  15. ヨゼ・ファン・ダムBrベルギー「何度飛び起きたことか」op32-1・・・8票
  16. ヴィクトリア・ロス・アンヘレスSpスペイン「君の青い瞳」op59-8・・・10票
  17. コルネリア・ウルコプフAtドイツ「私は顔を向けてみた」op121-2・・・13票
  18. クリスチャン・ゲルハーヘルBrドイツ「死よ何と苦々しいことか」op121-3・13票
  19. フェリシティ・ロットSpイギリス&アン・マレーMsアイルランド「姉妹」op61-1・4票

第三部独唱18名と二重唱1組の演奏がこれにて終了。ここでブラームスさんによって巨大ケーキ上のローソク173本を吹き消していただきます。

いよいよ各組2人を残すのみとなった。

<第四部>

  1. エディタ・グルベローヴァSpスロヴァキア「森のしじま」op85-6・・・7票
  2. ナタリー・シュトゥッツマンCAフランス「あの娘のもとへ」op48-1・・・7票
  3. ヘルマン・プライBrドイツ「いかにおわすかわが女王」op32-9・・・9票
  4. リーサ・デラ・カーサSpスイス「調べのように」op105-1・・・14票
  5. アンネ・ゾフィー・フォン・オッターMsスウェーデン「五月の夜」op43-2・・・19票
  6. ディートリッヒ・フィッシャーディースカウBrドイツ「永遠の愛」op43-1・・・24票

これにてお開きだ。演奏時間は約2時間45分。テレビ番組なら司会者のコメントも入るので4時間に近づくだろう。

総勢62名赤青緑はたしてどこが勝ったのだろう。日本野鳥の会からは応援が出ていないようである。審査委員長のシューマン夫人から優勝旗の授与がある予定だ。ディスプレイの前の貴方も今すぐ投票しよう。

ブラームス!お誕生日おめでとう。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

001 用語解説 | 002 ドイツ旅行① | 003 ドイツ旅行② | 050 空席状況 | 051 お知らせ | 052 総集編 | 053 アラビアンナイト計画 | 060 ブラームス神社 | 061 縁起 | 063 賽銭 | 070 ドイツ分室 | 071 地名辞書 | 072 地名探検 | 073 地名語尾辞典 | 074 地名語尾 | 075 ドイツ語 | 076 ドイツ方言 | 077 ドイツ史 | 078 ハプスブルク | 079 人名辞典 | 080 イベント | 081 謝恩クイズ | 082 かるた | 083 のだめ | 084 お盆 | 085 中国出張 | 086 英国研修 | 087 ブログ出版 | 088 意訳委員会 | 089 ドヴォルザークイヤー総集編 | 090 ドヴォルザーク作品一覧 | 100 作曲 | 101 編曲 | 102 楽譜 | 103 音符 | 104 楽語 | 105 テンポ | 106 音強 | 107 拍子 | 108 調性 | 109 奏法 | 110 演奏 | 111 旋律 | 112 音型 | 113 リズム | 114 和声 | 115 対位法 | 116 形式 | 117 編成 | 118 ヘミオラ | 119 テキスト | 120 ベースライン | 121 再現部 | 122 微調整語 | 123 語彙 | 124 表情 | 125 伴奏 | 126 ジプシー音楽 | 140 ソナタ | 141 変奏曲 | 142 フーガ | 143 ロンド | 144 コラール | 145 間奏曲 | 146 スケルツォ | 147 ワルツ | 149 緩徐楽章 | 150 セレナーデ | 153 カプリチオ | 154 トリオ | 155 序奏 | 156 シャコンヌ | 157 メヌエット | 160 ブラームス節 | 161 分布 | 162 引用 | 170 楽器 | 171 ピアノ | 172 ヴァイオリン | 173 ヴィオラ | 174 チェロ | 175 コントラバス | 177 オーボエ | 178 クラリネット | 179 ファゴット | 180 ホルン | 181 トランペット | 182 トロンボーン | 183 チューバ | 184 ティンパニ | 185 トライアングル | 190 鍵盤楽器 | 191 弦楽器 | 192 木管楽器 | 193 金管楽器 | 194 打楽器 | 195 メゾソプラノ | 196 アルト | 200 作品 | 201 ピアノ曲 | 202 歌曲 | 204 室内楽 | 205 交響曲 | 206 協奏曲 | 207 管弦楽曲 | 208 合唱 | 209 重唱 | 210 民謡 | 211 オルガン | 212 オペラ | 213 カノン | 214 連弾 | 215 練習曲 | 216 学生歌 | 230 ドイツレクイエム | 231 交響曲第1番 | 232 交響曲第2番 | 233 交響曲第3番 | 234 交響曲第4番 | 235 大学祝典序曲 | 236 ヴァイオリン協奏曲 | 237 ピアノ協奏曲第1番 | 238 ピアノ協奏曲第2番 | 239 二重協奏曲 | 248 弦楽六重奏曲第1番 | 249 弦楽六重奏曲第2番 | 250 ピアノ五重奏曲 | 251 クラリネット五重奏曲 | 252 弦楽五重奏曲第1番 | 253 弦楽五重奏曲第2番 | 254 弦楽四重奏曲第1番 | 255 弦楽四重奏曲第2番 | 256 弦楽四重奏曲第3番 | 257 ピアノ四重奏曲第1番 | 258 ピアノ四重奏曲第2番 | 259 ピアノ四重奏曲第3番 | 260 ピアノ三重奏曲第1番 | 261 ピアノ三重奏曲第2番 | 262 ピアノ三重奏曲第3番 | 263 ホルン三重奏曲 | 264 クラリネット三重奏曲 | 265 ヴァイオリンソナタ第1番雨の歌 | 266 ヴァイオリンソナタ第2番 | 267 ヴァイオリンソナタ第3番 | 268 チェロソナタ第1番 | 269 チェロソナタ第2番 | 270 クラリネットソナタ第1番 | 271 クラリネットソナタ第2場 | 272 FAEソナタ | 300 作曲家 | 301 バッハ | 302 シェーンベルク | 303 ドヴォルザーク | 304 ベートーヴェン | 305 シューマン | 306 メンデルスゾーン | 307 モーツアルト | 308 ショパン | 309 シューベルト | 310 ワーグナー | 311 マーラー | 312 チャイコフスキー | 313 Rシュトラウス | 314 リスト | 315 ヘンデル | 318 ヨハン・シュトラウスⅡ | 319 ビゼー | 320 ブルックナー | 321 ハイドン | 322 レーガー | 323 ショスタコーヴィチ | 350 演奏家 | 351 クララ | 352 ヨアヒム | 353 ミュールフェルト | 354 アマーリエ | 356 ビューロー | 357 クライスラー | 358 ヘンシェル | 362 シュットクハウゼン | 400 人物 | 401 ファミリー | 402 マルクゼン | 403 ジムロック | 404 シュピッタ | 405 ビルロート | 407 ビスマルク | 408 ハンスリック | 409 フェリクス | 411 マンディ | 412 ヴィトマン | 416 カルベック | 417 ガイリンガー | 418 エルク | 419 グリム兄弟 | 420 森鴎外 | 431 アガーテ | 432 リーズル | 433 マリエ | 434 ユーリエ | 435 オイゲーニエ | 436 ベルタ | 437 リースヒェン | 438 オティーリエ | 439 シュピース | 441 バルビ | 442 シシィ | 500 逸話 | 501 生い立ち | 502 性格 | 503 学習 | 504 死 | 505 葬儀 | 506 職務 | 507 マネー | 508 報酬 | 509 寄付 | 510 顕彰 | 511 信仰 | 512 友情 | 513 恋 | 515 別れ | 516 こだわり | 517 癖 | 518 読書 | 519 リゾート | 520 旅行 | 521 鉄道 | 522 散歩 | 523 食事 | 524 ワイン | 525 タバコ | 526 コーヒー | 527 趣味 | 528 手紙 | 529 ジョーク | 530 習慣 | 531 住居 | 532 恩人 | 533 指揮者 | 534 教師 | 535 暗譜 | 536 美術 | 537 ビール | 550 楽友協会 | 551 ジンクアカデミー | 552 ハンブルク女声合唱団 | 553 赤いハリネズミ | 554 論争 | 555 出版社 | 556 初版 | 557 献呈 | 558 伝記 | 559 初演 | 560 校訂 | 571 ウィーン | 572 ハンブルク | 573 イシュル | 574 トゥーン | 575 デトモルト | 576 ペルチャッハ | 577 ライプチヒ | 578 デュッセルドルフ | 579 フランクフルト | 580 ベルリン | 590 イタリア | 591 イギリス | 592 チェコ | 600 ブログMng | 601 運営方針 | 602 自主規制 | 603 アクセス | 604 検索 | 605 カテゴリー | 606 記事備蓄 | 607 創立記念日 | 608 ブログパーツ | 609 舞台裏 | 610 取材メモ | 611 マッコークル | 613 一覧表 | 614 課題 | 615 カレンダリング | 616 ゴール | 617 キリ番アクセス | 618 キリ番記事 | 630 記念 | 631 誕生日 | 632 命日 | 633 演奏会 | 634 正月 | 635 ヴァレンタイン | 636 クリスマス | 637 ブラームス忌 | 638 ブラスマス | 639 クララ忌 | 641 愛鳥週間 | 642 ランキング | 699 仮置き | 700 思い | 701 仮説 | 702 疑問 | 703 お叱り覚悟 | 704 発見 | 705 奇遇 | 706 区切り | 707 モチベーション | 708 演奏会 | 709 感謝 | 710 よろこび | 711 譜読み | 712 音楽史 | 720 日本史 | 721 日本人 | 722 日本語 | 723 短歌俳句 | 724 漢詩 | 725 三国志 | 727 映画 | 728 写譜 | 730 写真 | 731 数学 | 732 レッスン | 733 ビートルズ | 740 昔話 | 741 仲間 | 742 大学オケ | 743 高校オケ | 760 家族 | 761 父 | 762 母 | 763 妻 | 764 長男 | 765 長女 | 766 次女 | 767 恩師 | 780 スポーツ | 781 野球 | 782 駅伝 | 783 バスケットボール | 784 サッカー | 785 アントラーズ | 786 バドミントン | 790 コレクション | 791 CD | 792 ipod | 793 楽譜 | 794 書籍 | 795 グッズ | 796 愛器 | 800 執筆の周辺 | 801 執筆の方針 | 802 ブラダス | 803 校正 | 804 譜例 | 807 パソコン | 808 ネット | 809 ドボダス | 810 ミンダス | 820 出版の周辺 | 821 パートナー | 822 契約 | 823 装丁 | 825 刊行記念日 | 840 販売の周辺 | 841 お買上げ | 842 名刺 | 860 献本 | 861 ドイツ国立図書館

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ