ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

カテゴリー「705 奇遇」の14件の記事

2010年3月15日 (月)

直線上のプラハ

現在のチェコ共和国の首都だ。東西冷戦の時代にはチェコスロヴァキア共和国の首都だった。チェコスロヴァキアはいわゆる東側陣営だったから、その首都プラハには東というイメージがつきまとう。ところが、実際は私のイメージよりは相当西に位置する。経度で申せばウィーンよりも西なのだ。

最近のめりこんでいるドヴォルザークの故郷ネラホセヴェスはプラハに近い。立身出世を遂げて以降、ドヴォルザークの本拠地はプラハだったと考えていい。1879年秋ブラームスはヨアヒムと連れだってプラハを訪れる。演奏旅行だ。このときのブラームスには演奏の他にドヴォルザークとの対面という目的があった。もちろん対面は実現した。一部の伝記ではブラームスがジトナー通りのドヴォルザーク家を訪れたと書かれている。

最近ドヴォルザークラブを隠そうともしないブログ「ブラームスの辞書」の管理人が驚喜するような偶然に巡り会った。長男と地図を見ていて偶然発見した。長男はドイツ3大Bの故郷、アイゼナハ、ボン、ハンブルクを直線で結ぶと、アイゼナハを頂点とする直角三角形になると気付いたキレ者だ。その同じノリが今回も実を結んだ。

欧州の地図を広げて欲しい。ブラームスの故郷ハンブルクから、最期の地ウィーンに向けて直線を引く。すると驚いたことにドヴォルザークゆかりのプラハが、その直線上に乗って来るのだ。

いかにも私好みの偶然だ。長男よでかした。今日は、18歳の誕生日だ。

2010年1月17日 (日)

ホ短調の交響曲

1886年1月17日は交響曲第4番のウィーン初演があった日だ。ハンス・リヒター指揮ウィーンフィルハーモニーの演奏である。これについてのハンスリックの演奏評が残っている。この批評の中に興味深い部分があった。

ハンスリックは、交響曲第4番の調性「ホ短調」を指して、「それこそがまさに独創的」と指摘している。交響曲の第1楽章に「ホ短調」を採用することがそもそも珍しいという観点だ。

本当だろうか

  1. 1771年 ハイドン44番
  2. 1885年 ブラームス4番
  3. 1888年 チャイコフスキー5番
  4. 1893年 ドヴォルザーク9番「新世界より」
  5. 1899年 シベリウス1番
  6. 1905年 マーラー7番
  7. 1908年 ラフマニノフ2番
  8. 1943年 ハチャトゥリアン2番
  9. 1953年 ショスタコーヴィッチ10番

ご覧の通りだ。このほかに怪しいのはリムスキー・コルサコフの1番。1865年に変ホ短調として完成したが1884年にホ短調に改訂された。改訂版の初演は1885年12月4日だからブラームスの4番よりは約1ヶ月遅い。

直感としてはハイドンの44番以来114年途絶えていたホ短調交響曲をブラームスが復活したように見える。ハンスリックは、その点を鋭く指摘していると思われる。それを皮切りに他の作曲家が次々とホ短調交響曲に殺到したように思える。つまりドヴォルザークも殺到組の一員ということになる。

古来ブラームスの保守性の指摘に熱心な人は多いけれど、ホ短調交響曲の復活についてはあまり大きくは取り上げられない。

それにしてもハイドンの44番とは何者だ。1872年から1875年まで3シーズンの間ウィーン楽友協会芸術監督の座にあったブラームスは、在任期間中の演奏曲目に原則として交響曲を取り上げていない。ところがたった一つ例外がある。それが今日話題のハイドン作曲交響曲第44番ホ短調だった。(←コメント欄に注記あり)

演奏会で取り上げるにあたってブラームスがハイドンの44番を十分に研究していたことは確実だから、単なる奇遇とばかりも言えない気がしている。

2009年2月 4日 (水)

偶然の裏側

一見偶然に見えている事柄の裏に必然が横たわっていたということがままある。

偶然と思っているのは単に私の知識が足りていないだけということは、きっと多いのだろうと思う。「尾を咬む」はその劇的な一例だった。オロボロスが話し手と聞き手の間に共通理解として存在するからこそ、「尾を咬む」という比喩が生きてくる。どうやらドイツでは常識かもしれない。

マウリッツ・コルネリウス・エッシャーという人がいる。1898年オランダ生まれの版画家だ。騙し絵で名高いが普通の風景画もかなりのものだ。騙し絵の最高峰「物見の塔」「滝」にも匹敵するのが「ドラゴン」だ。蛇ならぬ竜が自らの尾を咬む構図になっている。さらにこの人の最後の作品は蛇がモチーフになっている。おそらくエッシャーもオロボロスを知っていたと考える方が自然だと思う。オランダでも浸透していたようだ。

さてショパン。「子犬のワルツ」という作品がある。ジョルジョ・サンドの飼い犬の動きを見て着想されたと言われている。その犬は自分の尾とじゃれあっていたらしい。まさか尾を咬むためではあるまいな。

「ブラームスの辞書」が「お叱り覚悟」と言い訳しながら延々と偶然を追い求めるのは、100個偶然を集めると1個必然がもらえるからだ。

昨日その1個をもらえた。

2008年10月28日 (火)

マイニンゲンのバッハ

10月25日の記事「リヒャルト・シュトラウス」で、第4交響曲がマイニンゲン宮廷管弦楽団によって初演されたと述べた。

ハンス・フォン・ビューローはここの指揮者だ。宮廷楽団の全権を掌握していた彼が、ブラームスの友人だった縁で、ブラームスにこのオーケストラの機能を提供していたのだ。

マイニンゲンの宮廷楽長の先輩にヨハン・ルードヴィッヒ・バッハ(1677-1731)という人がいた。このポストがだだちに楽団の指揮者をも意味するかは不明だが、作曲家としての活躍は確認出来る。実はこの人ヨハン・セバスチャン・バッハの親戚だ。そういえばマイニンゲンという街は、バッハの故郷アイゼナハの南わずか50kmのところに位置する。いわば隣町の8つ歳上の親戚だ。

長らくバッハ最古のカンタータと思われていた「汝我が魂を冥府に捨て置きたまわざれば」BWV15が、二十世紀前半の研究でバッハの作品にあらずという結論に至った。古くからバッハの作品の割には稚拙という評価もあった作品だが、バッハ本人の自筆譜の存在が決め手となって真作とされてきた。このカンタータの真の作曲者が、ヨハン・ルードヴィッヒ・バッハであることが証明された。

この人は10月21日の記事「バッハの家系」で述べたリストには現れない。3番のリップス・バッハの子孫としてひとまとめにして言及されていて独立の番号を与えられていない。血筋が遠過ぎるからなのか、腕前のせいなのかは定かではない。

それだけなら、「へー」で終わりだが、この人の作品を調べていてぎょっとした。「Die mit Tranen saen」(赤はウムラウト)というカンタータがある。「涙をとともの種を蒔く者は」と訳される。何とブラームスのドイツレクイエム第1曲の第2部のテキストと一致しているのだ。

ブラームスは知っていたのだろうか。

2008年10月20日 (月)

バッハの家系

バッハの生きた時代。音楽家は大工などの職人と同様にその職能は父から子に代々次がれて行くものだったらしい。そんなことが延々と積み重ねられて行くと膨大な音楽家を生み出す一族も出てくる。

バッハ一族はそういう一族だった。もっとも有名なヨハン・セバスチャン・バッハもそのことは十分意識していて、50歳の頃に「音楽家系バッハ一族の起源」と銘打った系譜を自ら作成した。一族の中の音楽家を古い順に列挙して、通し番号とともに簡単なコメントを付与した代物だ。

栄えある1番はファイト・バッハという。1577年に没した人で、ルーター派の信仰のためにハンガリーを追われてドイツ・テューリンゲン地方ヴェヒマルに住み着いた。ツィターの演奏に通じたパン屋だったらしい。バッハのひいおじいさんの父だ。

どん尻の53番は、バッハの5男の一人息子ヨハン・ハインリッヒ、つまりバッハの孫だ。

4番にヨハネス・バッハがいる。ブログ「ブラームスの辞書」的にはおめでたい名前だ。バッハの祖父の兄。そうかと思うとバッハの父の兄にはヨハン・ヤーコプ・バッハ、つまりブラームスの父と同じ名前の持ち主もいる。

欧州の人々の命名は聖書由来の名前が多い。現代日本の感覚よりは選択の幅が狭く、同名の出現する可能性が高くなるのだと思う。

2008年8月31日 (日)

ミスターセレナーデ

現在も続く日本人選手のメジャーリーグ挑戦のパイオニア、野茂英雄投手の誕生日だ。7月に引退を表明した。心からお疲れ様と言いたい。

ほぼ無名の高校時代を経て社会人野球から8球団の競合の末、今は無き近鉄バッファローズに入団。この時の背番号は「11」である。その後の活躍は周知の通り。

やがて1993年、アメリカメジャーリーグの門を叩きロサンゼルスドジャースに入団。背番号は魅入られたように「16」となった。メジャーリーグでは今のところ20世紀と21世紀両方でノーヒットノーランを達成した唯一の投手だ。

日本での背番号は「11」、アメリカでは「16」というイメージが強い。私のようなブラームス好きはこの時点で既に脳味噌が反応してしまう。

ブラームス初の管弦楽作品に管弦楽のためのセレナーデ第1番ニ長調がある。時間をおかずに発表された同イ長調第2番とともにブラームスの管弦楽の初期を彩っている。これら2曲の作品番号が「11」と「16」である。脳味噌の過剰反応の原因はこれだ。

引退の報道があった7月から野茂投手に言及したサイトやブログは多いと思うが、こんなことを言っているのは多分私だけだろう。

おそらくブラームスはもちろん、野茂投手も関知しない話である。

2008年6月16日 (月)

ダメ元

「ダメで元々」の略。おまじないの一種だ。望ましい結果が得られる可能性が低い中でのチャレンジを前に、挑戦者本人の口から発せられるケースが目立つ。

実現の可能性は低いが、実現しない場合でも大きなダメージには繋がらない場合に用いられる。小さな金額を宝くじにつぎ込むようなものだ。当たれば大きいがはずれてもあきらめがつく。実現しなくても落ち込まないようにする自己暗示の側面も無視できない。

私もしばしば口にする。

つい先日だ。ブログ「ブラームスの辞書」が開設3周年を迎えるにあたり、何か記念になることがありはしないかと考えていた。そこに飛び込んできたのがココログの出版キャンペーンだ。

ココログにはユーザーのブログを本にするサービスがあることは以前から知っていたが、無料で2冊もらえるキャンペーンを実施中とのことで、「ダメで元々」で応募したのだ。何せ10名様という狭き門だから、この手の自己暗示は必須である。無論いくつかの条件がある。もらったら自分のブログでそのことに言及することだ。届いた本について感想を述べねばならない。まあ当たってからの話である。

しかしだ。嘘のようだが当たってしまったのだ。当選者10名の全国キャンペーンに当たったということだ。応募総数は知らぬが、倍率にして2倍や3倍ではあるまい。12 日に当選通知のメールを受け取ったが半信半疑だった。事務局の方と打ち合わせのメールをやりとりして、やっと実感が湧いてきた。

納本されるまでのワクワク感や、実際に手にとってからの喜びを記事にすることはもちろんだが、ユーザーの視点に立った辛口のコメントも適宜織り交ぜたい。それがモニターのつとめであろう。

異端の日記」であるブログ「ブラームスの辞書」が本になるのだ。

関連する記事を集約するためにカテゴリー「70 ブログ出版」を新設する。

2008年2月29日 (金)

うるう年

ブログ「ブラームスの辞書」開設後はじめての2月29日だ。うるう年だけに存在する。

うるう年は地球の自転周期を24時間、公転周期を1年と決めてしまっていることで堆積する誤差のリセットとでも言うのだろうか。

うるう年だけ1年の日数が366日となる。じつはこの「366」という数字は私のようなブラームス好きにとっては、趣の深い数だ。ブラームスの作品番号付きの作品数122のちょうど3倍になるのだ。

この「366」は因数分解すると「6*61」になる。「61」という半端な数はブラームス好みである。この半端な数に最初の完全数「6」を乗じたのが366なのだ。さらに言うと「61」はブラームスに縁が深い。「BRAHMS」というおなじみのスペルを数字に置き換える。「B」はアルファベットの2番目だから「2」、「R」は18という要領だ。すると「2+18+1+8+13+19」となる。これが何と61になる。アルファベットの数が6個で合計が61ということだ。これが「6*61」と呼応しているように見える。

バッハはこの手の数遊びが好きで「BACH」を数に換算した「14」を愛していたとも言われている。

一年を61日単位の1月に区切った、私年号「ブラームス暦」でも考案しようかと真剣に考えたこともある。

昨日、シートベルト着用のサインが消えた。そういう翌日にこそ、この手のおバカな話を発信する必要がある。昨日の記事がネタ切れの言い訳だと思われてはならない。「やっぱり目が離せない」と思われるようあの手この手である。

2007年12月30日 (日)

ヨハネ受難曲

バッハの真作とされる2曲の受難曲のうちの一つ。もう一方は「マタイ受難曲」だ。

日本語標記では「ヨハネ受難曲」なのだが、英文では「Johannes Passion」と綴られる。「ヨハネス・パッション」だ。ブラームスのファーストネームと同じである。

感心しながら資料を調べていてぎょっとした。

「マタイ受難曲」の方は、メンデルスゾーンによる鮮やかな蘇演が有名になっているが、ヨハネ受難曲の方はどうなっているのだろうと思って資料を当たっていたのだ。限られた資料しか当たることが出来なかったから断言は心苦しいが、どうもベルリン・ジンクアカデミーによる演奏がこれにあたるかもしれない。

このベルリンでの演奏は日付が特定できないが、年は1833年である。いかにも私好みの偶然ではないか。ヨハネ受難曲の蘇演が、ヨハネス・ブラームス誕生の年かもしれないのだ。

ヨハネ受難曲の蘇演を喜んだ神様が、人々へのご褒美として、地上に遣わしたのがヨハネス・ブラームスのような気がしてきた。

来年もこういう偶然を大切にして行きたい。

2007年8月29日 (水)

116

「ブラームスの辞書」に新たな注文が舞い込んだ。注文の主は都内在住の男性だ。ホ長調のインテルメッツォop116-4がお好きとのことで、番号は116にすんなりと決まった。

「ブラームスの辞書」40冊目の販売であり、「他人様受注」の第16号である。そして何よりも驚いたのは、今回のお届けは私の手許を離れる116冊目の「ブラームスの辞書」ということになるのだ。ご注文の番号もopus116だったので116冊目の出荷がopus116という奇遇とあいなった。かつてこういう現象は一度も無かった。これからも相当難しいと思われる。

本日の手配につきお届けは明日ということになる。

お買上げまことにありがとうございます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

001 用語解説 | 002 ドイツ旅行① | 003 ドイツ旅行② | 050 空席状況 | 051 お知らせ | 052 総集編 | 053 アラビアンナイト計画 | 060 ブラームス神社 | 061 縁起 | 063 賽銭 | 070 ドイツ分室 | 071 地名辞書 | 072 地名探検 | 073 地名語尾辞典 | 074 地名語尾 | 075 ドイツ語 | 076 ドイツ方言 | 077 ドイツ史 | 078 ハプスブルク | 079 人名辞典 | 080 イベント | 081 謝恩クイズ | 082 かるた | 083 のだめ | 084 お盆 | 085 中国出張 | 086 英国研修 | 087 ブログ出版 | 088 意訳委員会 | 089 ドヴォルザークイヤー総集編 | 090 ドヴォルザーク作品一覧 | 100 作曲 | 101 編曲 | 102 楽譜 | 103 音符 | 104 楽語 | 105 テンポ | 106 音強 | 107 拍子 | 108 調性 | 109 奏法 | 110 演奏 | 111 旋律 | 112 音型 | 113 リズム | 114 和声 | 115 対位法 | 116 形式 | 117 編成 | 118 ヘミオラ | 119 テキスト | 120 ベースライン | 121 再現部 | 122 微調整語 | 123 語彙 | 124 表情 | 125 伴奏 | 126 ジプシー音楽 | 140 ソナタ | 141 変奏曲 | 142 フーガ | 143 ロンド | 144 コラール | 145 間奏曲 | 146 スケルツォ | 147 ワルツ | 149 緩徐楽章 | 150 セレナーデ | 153 カプリチオ | 154 トリオ | 155 序奏 | 156 シャコンヌ | 157 メヌエット | 160 ブラームス節 | 161 分布 | 162 引用 | 170 楽器 | 171 ピアノ | 172 ヴァイオリン | 173 ヴィオラ | 174 チェロ | 175 コントラバス | 177 オーボエ | 178 クラリネット | 179 ファゴット | 180 ホルン | 181 トランペット | 182 トロンボーン | 183 チューバ | 185 トライアングル | 190 鍵盤楽器 | 191 弦楽器 | 192 木管楽器 | 193 金管楽器 | 194 打楽器 | 195 メゾソプラノ | 196 アルト | 200 作品 | 201 ピアノ曲 | 202 歌曲 | 204 室内楽 | 205 交響曲 | 206 協奏曲 | 207 管弦楽曲 | 208 合唱 | 209 重唱 | 210 民謡 | 211 オルガン | 212 オペラ | 213 カノン | 214 連弾 | 215 練習曲 | 216 学生歌 | 230 ドイツレクイエム | 231 交響曲第1番 | 232 交響曲第2番 | 233 交響曲第3番 | 234 交響曲第4番 | 235 大学祝典序曲 | 236 ヴァイオリン協奏曲 | 237 ピアノ協奏曲第1番 | 238 ピアノ協奏曲第2番 | 239 二重協奏曲 | 248 弦楽六重奏曲第1番 | 249 弦楽六重奏曲第2番 | 250 ピアノ五重奏曲 | 251 クラリネット五重奏曲 | 252 弦楽五重奏曲第1番 | 253 弦楽五重奏曲第2番 | 254 弦楽四重奏曲第1番 | 255 弦楽四重奏曲第2番 | 256 弦楽四重奏曲第3番 | 257 ピアノ四重奏曲第1番 | 258 ピアノ四重奏曲第2番 | 259 ピアノ四重奏曲第3番 | 260 ピアノ三重奏曲第1番 | 261 ピアノ三重奏曲第2番 | 262 ピアノ三重奏曲第3番 | 263 ホルン三重奏曲 | 264 クラリネット三重奏曲 | 265 ヴァイオリンソナタ第1番雨の歌 | 266 ヴァイオリンソナタ第2番 | 267 ヴァイオリンソナタ第3番 | 268 チェロソナタ第1番 | 269 チェロソナタ第2番 | 270 クラリネットソナタ第1番 | 271 クラリネットソナタ第2場 | 272 FAEソナタ | 300 作曲家 | 301 バッハ | 302 シェーンベルク | 303 ドヴォルザーク | 304 ベートーヴェン | 305 シューマン | 306 メンデルスゾーン | 307 モーツアルト | 308 ショパン | 309 シューベルト | 310 ワーグナー | 311 マーラー | 312 チャイコフスキー | 313 Rシュトラウス | 314 リスト | 315 ヘンデル | 318 ヨハン・シュトラウスⅡ | 319 ビゼー | 320 ブルックナー | 321 ハイドン | 322 レーガー | 323 ショスタコーヴィチ | 350 演奏家 | 351 クララ | 352 ヨアヒム | 353 ミュールフェルト | 354 アマーリエ | 356 ビューロー | 357 クライスラー | 358 ヘンシェル | 362 シュットクハウゼン | 400 人物 | 401 ファミリー | 402 マルクゼン | 403 ジムロック | 404 シュピッタ | 405 ビルロート | 407 ビスマルク | 408 ハンスリック | 409 フェリクス | 411 マンディ | 412 ヴィトマン | 416 カルベック | 417 ガイリンガー | 418 エルク | 419 グリム兄弟 | 420 森鴎外 | 431 アガーテ | 432 リーズル | 433 マリエ | 434 ユーリエ | 435 オイゲーニエ | 436 ベルタ | 437 リースヒェン | 438 オティーリエ | 439 シュピース | 441 バルビ | 442 シシィ | 500 逸話 | 501 生い立ち | 502 性格 | 503 学習 | 504 死 | 505 葬儀 | 506 職務 | 507 マネー | 508 報酬 | 509 寄付 | 510 顕彰 | 511 信仰 | 512 友情 | 513 恋 | 515 別れ | 516 こだわり | 517 癖 | 518 読書 | 519 リゾート | 520 旅行 | 521 鉄道 | 522 散歩 | 523 食事 | 524 ワイン | 525 タバコ | 526 コーヒー | 527 趣味 | 528 手紙 | 529 ジョーク | 530 習慣 | 531 住居 | 532 恩人 | 533 指揮者 | 534 教師 | 535 暗譜 | 536 美術 | 537 ビール | 550 楽友協会 | 551 ジンクアカデミー | 552 ハンブルク女声合唱団 | 553 赤いハリネズミ | 554 論争 | 555 出版社 | 556 初版 | 557 献呈 | 558 伝記 | 559 初演 | 560 校訂 | 571 ウィーン | 572 ハンブルク | 573 イシュル | 574 トゥーン | 575 デトモルト | 576 ペルチャッハ | 577 ライプチヒ | 578 デュッセルドルフ | 579 フランクフルト | 580 ベルリン | 590 イタリア | 591 イギリス | 600 ブログMng | 601 運営方針 | 602 自主規制 | 603 アクセス | 604 検索 | 605 カテゴリー | 606 記事備蓄 | 607 創立記念日 | 608 ブログパーツ | 609 舞台裏 | 610 取材メモ | 611 マッコークル | 613 一覧表 | 614 課題 | 615 カレンダリング | 616 ゴール | 617 キリ番アクセス | 618 キリ番記事 | 630 記念 | 631 誕生日 | 632 命日 | 633 演奏会 | 634 正月 | 635 ヴァレンタイン | 636 クリスマス | 637 ブラームス忌 | 638 ブラスマス | 639 クララ忌 | 641 愛鳥週間 | 642 ランキング | 699 仮置き | 700 思い | 701 仮説 | 702 疑問 | 703 お叱り覚悟 | 704 発見 | 705 奇遇 | 706 区切り | 707 モチベーション | 708 演奏会 | 709 感謝 | 710 よろこび | 711 譜読み | 712 音楽史 | 720 日本史 | 721 日本人 | 722 日本語 | 723 短歌俳句 | 724 漢詩 | 725 三国志 | 727 映画 | 728 写譜 | 730 写真 | 731 数学 | 732 レッスン | 733 ビートルズ | 740 昔話 | 741 仲間 | 742 大学オケ | 743 高校オケ | 760 家族 | 761 父 | 762 母 | 763 妻 | 764 長男 | 765 長女 | 766 次女 | 767 恩師 | 780 スポーツ | 781 野球 | 782 駅伝 | 783 バスケットボール | 784 サッカー | 785 アントラーズ | 786 バドミントン | 790 コレクション | 791 CD | 792 ipod | 793 楽譜 | 794 書籍 | 795 グッズ | 796 愛器 | 800 執筆の周辺 | 801 執筆の方針 | 802 ブラダス | 803 校正 | 804 譜例 | 807 パソコン | 808 ネット | 809 ドボダス | 810 ミンダス | 820 出版の周辺 | 821 パートナー | 822 契約 | 823 装丁 | 825 刊行記念日 | 840 販売の周辺 | 841 お買上げ | 842 名刺 | 860 献本 | 861 ドイツ国立図書館

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ