ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

カテゴリー「555 出版社」の45件の記事

2015年5月18日 (月)

初版の所見

記事「室内楽の出版」で室内楽作品24曲に、ピアノ三重奏曲第1番の改訂版にFAEソナタを加えた26曲の初版データを掲載した。

26曲のうち22曲がジムロック社からの出版になっている。ブライトコップフが1曲、リーターヴィーダーマンが2曲、ドイツブラームス協会が1曲だ。大したもんだ。

記事「室内楽の初演」と見比べることで、興味深い現象が浮かび上がる。ピアノ三重奏曲第1番の初版を唯一例外として、残り全ての作品が、出版前に初演されている。作るそばから演奏され、出版は後からついてきたことがわかる。

2012年7月25日 (水)

出版の仲介

ロベルト・シューマンは、若きブラームスを楽壇に紹介したことと並んで、有力出版社にブラームスを紹介したことはよく知られている。ライプチヒのブライトコップフ社だ。

あまり知られていないが、ブライトコップフ社にブラームスを紹介しようと試みた人物がもう一人いる。最近ブログで話題にしているフランツ・リストその人だ。

演奏旅行のパートナー・ヴァイオリニストのレーメニとの決裂を報告したヨアヒム宛の手紙でブラームス本人がそのことに言及している。このままでは故郷には帰れないから、リスト先生からブライトコップフ社に手紙を書いてもらうのに期待するかというニュアンスだ。リストは「なんならブライトコップフを紹介してもいいよ」くらいの口約束はしていたのだと思う。

作品の演奏中に居眠りした挙句に、早々にワイマールを辞したという話が、どうも浮いてしまうエピソードである。

2011年6月30日 (木)

海賊版

正規の版権に準拠しない出版物のことだ。楽譜やCDが含まれることも多い。ドイツ語で海賊は「Seerauber」(uはウムラウト)あるいは「Pirat」という。「海賊版」は「Raubausgabe」となる。

ウィーンの有力な出版社にハスリンガー社がある。「Haslinger」と綴る。ブラームス作品こそ手がけていないが、ベートーヴェンやシューベルト、ショパンなどの作品を刊行している。そこそこの有名どころだ。ブラームスは作品の刊行を任せていないとはいえ、日ごろコミュニケーションをとっていたようだ。

音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第2巻93ページに痛快なエピソードがある。同社のマネージャーとブラームスのやりとりがホイベルガーによって証言されている。リーナウというマネジャー氏が、同社の社長がエルベの海賊の末裔だとブラームスに話したのだ。処刑寸前で恩赦になった云々。ブラームスはすかさず「だからおまえの会社は海賊版ばかり手がけているのだな」と応酬したという。リーナウはブラームスと親しくしていてたようだ。ホイベルガーの証言によれば、ウィーン近郊へのハイキングではしばしばブラームスと行動をともにしている。

それにしても何たる機転。ここでいう「海賊」は「Pirat」ではなく「Seerauber」だったと推定できる。「Seerauber」から「Raubausgaube」を即座に連想する機転がジョークの肝になっているからだ。

不思議な点がもう一つ。リーナウが「エルベの海賊」と言っていることだ。いうまでも無くエルベは川の名前だから少し変だ。

このジョークはもしかするとシュテルテベッカーの話が下敷きになっていたかもしれない。

2011年3月11日 (金)

初版特集総集編

ワイン、初演に継ぐ企画マラソンの3弾「初版特集」が昨日終わった。以下の総集編である。

  1. 2011年01月25日 発売初日 第4交響曲発売初日の風景。 
  2. 2011年01月26日 初演と初版 初版と出版社に関するあれこれ。
  3. 2011年01月27日 初版出版社一覧 全作品の初版出版社リスト。
  4. 2011年01月29日 初版刊行ランキング ジムロック絶対有利の物証。
  5. 2011年01月31日  シュピーナ シューベルトゆかりの出版社。
  6. 2011年02月03日 ヘンレはどうした 出版社ヘンレは戦後の創業である。    
  7. 2011年02月04日 失態 ゼンフ社が写譜していれば散逸は免れた。
  8. 2011年02月05日  自筆譜の所在 ブラームスの自筆譜はよく残っている。
  9. 2011年02月06日 自筆譜の権威 自筆譜より校正済みスコアのほうが大切。
  10. 2011年02月07日  為替差損 原稿料はマルク建てに限る。
  11. 2011年02月08日 出版社選びのバランス ブライトコップフに絞らない。
  12. 2011年02月09日  声楽得意の出版社 リータービーダーマン社のこと。
  13. 2011年02月10日 本社移転 ジムロックの本社はボンからベルリンに移転した。
  14. 2011年02月11日 代替わり ジムロック社の社長交代の話。
  15. 2011年02月12日 聖霊降臨祭 1860年の聖霊降臨祭の矛盾。
  16. 2011年02月13日 第3ソナタをめぐって 急遽op5におさまったソナタ。
  17. 2011年02月14日  版権 ブライトコップフから版権を買うジムロック。
  18. 2011年02年15日 版権買い取りの範囲 ジムロックはどことどこから買ったか。
  19. 2011年02月16日  もう一つの別れ アガーテ六重奏曲の出版について。
  20. 2011年02月18日 筋を通す ピアノ三重奏曲第1番の改訂で筋を通したか。
  21. 2011年02月19日 ある疑問 ゼンフからブライトコップフへの版権譲渡か。
  22. 2011年02月21日 標準小売価格 楽譜の価格の件。
  23. 2011年02月22日 歌曲の発売単位 楽譜の組版効率で曲数を決めたか。
  24. 2011年02月23日  組版の知識 第3交響曲の組版は早く終わるという見解。
  25. 2011年02月24日  絶版譜の復刻 版権購入の真の目的。
  26. 2011年02月26日  ジムロックの会計年度 出版の空白年度を作らない配慮。 
  27. 2011年02月27日  衰えの兆候 創作力の衰えをジムロックは認識したか。
  28. 2011年02月28日 空白の理由 作品出版の空白年について。 
  29. 2011年03月01日 公然の秘密 ジムロックとブラームスの蜜月は周知か。  
  30. 2011年03月02日 悪ノリついで 初版刊行空白の普仏戦争。
  31. 2011年03月03日  発番の担い手 作品番号付与を本人がコントロール。
  32. 2011年03月04日  出版の遅れ 作曲順と刊行順の違いから読み取る。 
  33. 2011年03月05日  マーケトシェア 19世紀欧州楽譜出版業界の趨勢は。 
  34. 2011年03月06日 ヘルテルの牙城 ブライトコップフ&ヘルテル社の位置付け。 
  35. 2011年03月07日  作曲家全集 ブライトコップフ&ヘルテル社の威光。 
  36. 2011年03月08日  印税 ブラームスの楽譜は印税方式ではなかった。 
  37. 2011年03月10日 熊の由来 ブライトコップフ社の熊についておバカな仮説。
  38. 2011年03月11日 本日のこの記事。

進捗の報告はこちら。   

2011年3月10日 (木)

熊の由来

名高い楽譜出版社ベーレンライター社とブライトコップフ&ヘルテル社は、イメージキャラクターが共にになっている。ベーレンは熊の複数形だから何となく納得していたのだが、一方のブライトコップフ&ヘルテル社は訳がわからなかった。先日来同社のことを調べていて、とうとう決定的な仮説に思い至った。

1719年同社を創立したのがベルンハルト・クリストフ・ブライトコップフだった。ファーストネームのベルンハルトは、英語のベルナルドに相当し「熊のように強いもの」つまり「勇者」を意味したらしい。

創業者のファーストネームにあやかって熊のイラストが採用されたと思われる、と大ボケをかまして、「初版特集」の幕引きとする。明日は総集編。

2011年3月 8日 (火)

印税

本の売上げに応じて、出版社から著作者に支払われる対価とでも申しておく。「税」という文字が使われているがいわゆる税金ではない。

印税額=販売部数×単価×定率

上記のような数式で求められるようだ。定率の部分は業界内の慣習に加えて力関係で決まるらしい。印税だけで飯が食って行けることは、著作者の夢である。我が「ブラームスの辞書」は、自費出版だから印税とは無縁である。

2009年10月26日の記事「生涯収入」でブラームスに印税が支払われていたかと問題提起した。

ブラームスの時代にも、作品の原稿料の支払いには一括払いと印税方式があったことは、ブラームスとジムロックの手紙から解るらしい。

  1. 一括払い 原稿を出版社に手渡しと同時に作曲者ブラームスに一括して払われる。作曲者にとっては最低保障を確保出来るが、バカ売れ大ブレークした場合にはその分を取り損なう。出版社にとっては作曲者への支払いを固定費として確定できる。売れなかったら損をかぶる。
  2. 印税方式 楽譜の売れ行きがパラレルに反映する。後々の手続きが煩雑かもしれない。

ブラームスはジムロックに「現行の方式(一括払い)だと得しているのか損しているのかが解らない」と書き送る。つまり少なくともジムロック社はブラームスとの取引において印税方式を採用していないということだ。楽譜が売れるという自覚があれば「印税方式」の方が作曲者にとっては経済的には有利だ。「本当は印税方式にしたいところだが、優柔不断だし、きままな独身の身分では、強行に主張しなかった。好ましいことではない」としている。1881年のことだ。

ジムロックからすれば「十分なことはさせてもらっている」という自覚もあっただろう。ドヴォルザークと比較する限りブラームスの特別扱いは明らかだ。結局印税方式は採用されずに終わった。

2011年3月 7日 (月)

作曲家全集

特定の作曲家の作品全てを収録した楽譜またはCDのことと思って間違いあるまい。昨日ブライトコップフ&ヘルテル社の欧州楽譜出版界における特別な地位について述べた。本日はその続きだ。同社は大作曲家の楽譜全集の刊行事業においても他社の追随を許さない。以下に主要作曲家全集を列挙する。刊行が始まった年の順だ。

  1. J.S.バッハ 全46巻1851年~1899年。いわゆる「旧バッハ全集」でブラームスも所有していた。
  2. ヘンデル 全96巻1858年~1902年。編集主幹クリュサンダーはブラームスの友人。ブラームスは全巻の予約者だった。
  3. ベートーヴェン 全25巻1864年~1890年。ブラームスの友人ノッテボームやマンディチェフスキーが編集に関与。
  4. パレストリーナ 全33巻1862年~1907年。
  5. モーツアルト 全67巻1876年~1907年。
  6. ショパン 全14巻1878年~1880年。
  7. パーセル 全26巻1878年~1928年、1957年~1965年。
  8. シューマン 全31巻1881年~1997年。クララの監修による。
  9. シューベルト 全41巻1884年~1897年。
  10. シュッツ 全18巻1885年~1927年。
  11. Jシュトラウス 全7巻1889年。
  12. ラッソ 全21巻1894年~1925年。
  13. ラモー 全18巻1895年~1924年。
  14. ベルリオーズ 全20巻1900年~1907年。
  15. リスト 全34巻1907年~1936年。
  16. ハイドン 全11巻1907年~1933年。
  17. ヴァーグナー 全10巻1912年~1929年。
  18. ブラームス 全26巻1926年~1927年。

ブラームスが校訂に関与したケースを赤文字にしておいた。モーツアルト、ショパン、シューベルト、シューマンとは馥郁たるメンツである。自作の出版についてはブライトコップ社と袂を分かつ一方、同社が刊行する大作曲家の全集については、校訂に関与していたことになる。事情がありそうだ。

ブライトコップフ&ヘルテル社の威光を示して余すところがない。生前懇意にしていなかったワーグナーやブラームスの全集も出している。特にブラームスは全26巻をたった1年でコンプリートさせている。同社の力の入れ方が偲ばれる。

フランスや英国の作曲家もあり、レパートリーがドイツ系一辺倒でもないところが凄い。メンデルスゾーンはどうしちゃったのかという感じがする。

2011年3月 6日 (日)

ヘルテルの牙城

現在に至るもなお、楽譜出版の雄として君臨するブライトコップフ&ヘルテル社の創業は、1719年に遡る。ベルンハルト・クリストフ・ブライトコップフがライプチヒで出版業を起こしたことに始まる。楽譜出版に手を染めたのは二代目のヨハン・ゴットロープ・インマニュエルの時代だ。1755年である。ところが同社は3代目の時代に経営に行き詰まる。1795年おそらくそこでライプチヒの銀行団が送り込んだのが、ゴットフリート・クリストフ・ヘルテルだ。弱冠32歳のヘルテルは鮮やかに社業を回復させた。このときから同社は「ブライトコップフ&ヘルテル」という社号を用いることとなった。私がブログで単に「ブライトコップフ社」と書いているのは正確ではない。

昨日の記事で欧州の主要な楽譜出版社のマーケットシェアを知りたいと書いた。他人任せは良くないと調べてみたが、どうもブライトコップフ&ヘルテル社の地位は強大だった。ジムロックのブラームスのほか、マインツのショット社と蜜月だったワーグナーを除くと、ブライトコップフ&ヘルテル社の独壇場だ。

アガーテ六重奏曲出版にまつわるトラブル以降、ブライトコップフ&ヘルテル社と袂を分けたブラームスは、欧州を牛耳る大出版社と事を構えたということだ。おそらくそれはヘルテルの子供2代目の時代である。

2011年3月 5日 (土)

マーケットシェア

市場占有率と訳されて、業界に君臨する言葉。業界内序列を決定するもっとも有力で根源的な数値である。これに一喜一憂、右往左往という向きは少なくない。

さて私がブラームスを通じて親しむクラシック音楽業界はざっと150年前の欧州だ。そこには数多の作曲家、演奏家が跋扈していたことは確実だが、音楽の普及面で出版社の位置づけは相当高いと感じる。楽譜出版業界が形成されていたと解して間違いあるまい。

当時の欧州楽譜出版業界のトップブランドはどこだったのだろう。業界上位にはどういう出版社が並ぶのだろう。楽譜の年間売上高総合計つまりマーケットサイズを突き止め、各々の出版社の売上高がわかれば、マーケットシェアを計算することが出来る理屈だ。

もしそれが不可能な場合の簡便法として使えそうなのが、1月27日の記事「初版出版社一覧」だ。この一覧を有力作曲家全てについて調べてエクセルに入力する。全部入力が終わったところで、出版社名をキーにソートする。あとはひたすら数える。少なくとも初版の刊行についての取り扱いシェアが判明するハズだ。

ブラームスとドヴォルザークを事実上独占していたジムロックの位置は、かなり高そうな気がする。

ブラームスについてはエクセル入力が終わっているので誰か他の作曲家で作ってはくれまいか。

2011年3月 4日 (金)

出版の遅れ

1月27日の記事「初版出版社一覧表」をご覧いただく。とりあえず最初の3作でいい。

  1. 1853年10月 ピアノソナタ第1番op1 ブライトコップフ
  2. 1854年2月 ピアノソナタ第2番op2 ブライトコップフ
  3. 1853年10月 6つの歌op3 ゼンフ

作品2のピアノソナタ第2番よりも、op3の「6つの歌」が先に出版されている。事情を知らぬ愛好家は、1853年10月にop1とop3が刊行された時、「おやop2は?」と思うはずだ。昨日の記事「発番の担い手」で述べたように、作品番号は原稿を出版社に手渡した順だとすると、op2のピアノソナタはop3の「3つの歌」より早く手渡されているハズだ。

この例のように作品を作品番号順で並べた場合と、実際の刊行順に並べた場合とでは、順序が食い違っているケースがある。上記の例で申せばop2のピアノソナタに何等かの事情が発生し出版が遅れたと解し得る。この手の順番異常が起きている作品を以下に列挙する。

  1. ピアノソナタ第2番op2 1854年2月 ブライトコップフ
  2. スケルツォop4 1854年2月 ゼンフ
  3. ピアノソナタ第3番op5 1854年2月 ゼンフ
  4. 6つの歌曲op7 1854年11月 ブライトコップフ
  5. ピアノ三重奏曲第1番 1854年11月 ブライトコップフ
  6. シューマンの主題による変奏曲 1854年11月 ブライトコップフ
  7. 管弦楽のためのセレナード第1番 1860年12月 ブライトコップフ
  8. アヴェマリアop12 1860年12月 リーターヴィーダーマン
  9. 埋葬の歌op13 1860年12月 リーターヴィーダーマン
  10. 8つの歌曲op14 1860年12月 リーターヴィーダーマン
  11. ピアノ協奏曲第1番op15 1861年4月 リーターヴィーダーマン
  12. マリアの歌op22 1862年12月 リーターヴィーダーマン
  13. シューマンの主題による変奏曲 1863年4月 リーターヴィーダーマン
  14. 詩篇第十三編op27 1864年5月 シュピーナ
  15. ピアノ五重奏曲op34 1865年12月 リーターヴィーダーマン
  16. パガニーニの主題による変奏曲op35 1866年1月 リーターヴィーダーマン
  17. 弦楽六重奏曲第2番op36 1866年4月 ジムロック
  18. ドイツレクイエムop45 1868年11月 リーターヴィーダーマン
  19. 4つの歌曲op43 1868年12月 リーターヴィーダーマン
  20. 勝利の歌op54 1872年12月 ジムロック
  21. 弦楽四重奏曲第1番、第2番 1873年11月 ジムロック
  22. ハイドンの主題による変奏曲op56 1873年11月 ジムロック
  23. ピアノ四重奏曲第3番op60 1875年11月 ジムロック
  24. 交響曲第1番op68 1877年10月 ジムロック
  25. 2つのモテットop74 1878年12月 ジムロック

以下にその傾向を整理する。

  • 赤字で示したとおり着手から完成に時間がかかったと伝承される「訳あり作品」が、軒並みリストアップされている。
  • 見ての通り創作史の初期に密度高く現われる。
  • ブライトコップフとトラブルがあった弦楽六重奏曲第2番は案の定遅れた。
  • 組版や印刷に手間のかかる大曲での遅延さえ第1交響曲を最後に姿を消す。
  • ジムロックの手際を誉めるブラームスの談話が一部伝えられているが、事実扱い作品数の割りにジムロックは少ない。
  • 逆にリーターヴィーダーマンが目立つ。
  • 1879年以降まったく現れない。ジムロック独占体制の進行と一致する。つまり1879年以降は、作品番号順がそのまま作品の刊行順になっているということだ。

  

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

001 用語解説 | 002 ドイツ旅行① | 003 ドイツ旅行② | 050 空席状況 | 051 お知らせ | 052 総集編 | 053 アラビアンナイト計画 | 060 ブラームス神社 | 061 縁起 | 063 賽銭 | 070 ドイツ分室 | 071 地名辞書 | 072 地名探検 | 073 地名語尾辞典 | 074 地名語尾 | 075 ドイツ語 | 076 ドイツ方言 | 077 ドイツ史 | 078 ハプスブルク | 079 人名辞典 | 080 イベント | 081 謝恩クイズ | 082 かるた | 083 のだめ | 084 お盆 | 085 中国出張 | 086 英国研修 | 087 ブログ出版 | 088 意訳委員会 | 089 ドヴォルザークイヤー総集編 | 090 ドヴォルザーク作品一覧 | 100 作曲 | 101 編曲 | 102 楽譜 | 103 音符 | 104 楽語 | 105 テンポ | 106 音強 | 107 拍子 | 108 調性 | 109 奏法 | 110 演奏 | 111 旋律 | 112 音型 | 113 リズム | 114 和声 | 115 対位法 | 116 形式 | 117 編成 | 118 ヘミオラ | 119 テキスト | 120 ベースライン | 121 再現部 | 122 微調整語 | 123 語彙 | 124 表情 | 125 伴奏 | 126 ジプシー音楽 | 140 ソナタ | 141 変奏曲 | 142 フーガ | 143 ロンド | 144 コラール | 145 間奏曲 | 146 スケルツォ | 147 ワルツ | 149 緩徐楽章 | 150 セレナーデ | 153 カプリチオ | 154 トリオ | 155 序奏 | 156 シャコンヌ | 157 メヌエット | 160 ブラームス節 | 161 分布 | 162 引用 | 170 楽器 | 171 ピアノ | 172 ヴァイオリン | 173 ヴィオラ | 174 チェロ | 175 コントラバス | 177 オーボエ | 178 クラリネット | 179 ファゴット | 180 ホルン | 181 トランペット | 182 トロンボーン | 183 チューバ | 185 トライアングル | 190 鍵盤楽器 | 191 弦楽器 | 192 木管楽器 | 193 金管楽器 | 194 打楽器 | 195 メゾソプラノ | 196 アルト | 200 作品 | 201 ピアノ曲 | 202 歌曲 | 204 室内楽 | 205 交響曲 | 206 協奏曲 | 207 管弦楽曲 | 208 合唱 | 209 重唱 | 210 民謡 | 211 オルガン | 212 オペラ | 213 カノン | 214 連弾 | 215 練習曲 | 216 学生歌 | 230 ドイツレクイエム | 231 交響曲第1番 | 232 交響曲第2番 | 233 交響曲第3番 | 234 交響曲第4番 | 235 大学祝典序曲 | 236 ヴァイオリン協奏曲 | 237 ピアノ協奏曲第1番 | 238 ピアノ協奏曲第2番 | 239 二重協奏曲 | 248 弦楽六重奏曲第1番 | 249 弦楽六重奏曲第2番 | 250 ピアノ五重奏曲 | 251 クラリネット五重奏曲 | 252 弦楽五重奏曲第1番 | 253 弦楽五重奏曲第2番 | 254 弦楽四重奏曲第1番 | 255 弦楽四重奏曲第2番 | 256 弦楽四重奏曲第3番 | 257 ピアノ四重奏曲第1番 | 258 ピアノ四重奏曲第2番 | 259 ピアノ四重奏曲第3番 | 260 ピアノ三重奏曲第1番 | 261 ピアノ三重奏曲第2番 | 262 ピアノ三重奏曲第3番 | 263 ホルン三重奏曲 | 264 クラリネット三重奏曲 | 265 ヴァイオリンソナタ第1番雨の歌 | 266 ヴァイオリンソナタ第2番 | 267 ヴァイオリンソナタ第3番 | 268 チェロソナタ第1番 | 269 チェロソナタ第2番 | 270 クラリネットソナタ第1番 | 271 クラリネットソナタ第2場 | 272 FAEソナタ | 300 作曲家 | 301 バッハ | 302 シェーンベルク | 303 ドヴォルザーク | 304 ベートーヴェン | 305 シューマン | 306 メンデルスゾーン | 307 モーツアルト | 308 ショパン | 309 シューベルト | 310 ワーグナー | 311 マーラー | 312 チャイコフスキー | 313 Rシュトラウス | 314 リスト | 315 ヘンデル | 318 ヨハン・シュトラウスⅡ | 319 ビゼー | 320 ブルックナー | 321 ハイドン | 322 レーガー | 323 ショスタコーヴィチ | 350 演奏家 | 351 クララ | 352 ヨアヒム | 353 ミュールフェルト | 354 アマーリエ | 356 ビューロー | 357 クライスラー | 358 ヘンシェル | 362 シュットクハウゼン | 400 人物 | 401 ファミリー | 402 マルクゼン | 403 ジムロック | 404 シュピッタ | 405 ビルロート | 407 ビスマルク | 408 ハンスリック | 409 フェリクス | 411 マンディ | 412 ヴィトマン | 416 カルベック | 417 ガイリンガー | 418 エルク | 419 グリム兄弟 | 420 森鴎外 | 431 アガーテ | 432 リーズル | 433 マリエ | 434 ユーリエ | 435 オイゲーニエ | 436 ベルタ | 437 リースヒェン | 438 オティーリエ | 439 シュピース | 441 バルビ | 442 シシィ | 500 逸話 | 501 生い立ち | 502 性格 | 503 学習 | 504 死 | 505 葬儀 | 506 職務 | 507 マネー | 508 報酬 | 509 寄付 | 510 顕彰 | 511 信仰 | 512 友情 | 513 恋 | 515 別れ | 516 こだわり | 517 癖 | 518 読書 | 519 リゾート | 520 旅行 | 521 鉄道 | 522 散歩 | 523 食事 | 524 ワイン | 525 タバコ | 526 コーヒー | 527 趣味 | 528 手紙 | 529 ジョーク | 530 習慣 | 531 住居 | 532 恩人 | 533 指揮者 | 534 教師 | 535 暗譜 | 536 美術 | 537 ビール | 550 楽友協会 | 551 ジンクアカデミー | 552 ハンブルク女声合唱団 | 553 赤いハリネズミ | 554 論争 | 555 出版社 | 556 初版 | 557 献呈 | 558 伝記 | 559 初演 | 560 校訂 | 571 ウィーン | 572 ハンブルク | 573 イシュル | 574 トゥーン | 575 デトモルト | 576 ペルチャッハ | 577 ライプチヒ | 578 デュッセルドルフ | 579 フランクフルト | 580 ベルリン | 590 イタリア | 591 イギリス | 600 ブログMng | 601 運営方針 | 602 自主規制 | 603 アクセス | 604 検索 | 605 カテゴリー | 606 記事備蓄 | 607 創立記念日 | 608 ブログパーツ | 609 舞台裏 | 610 取材メモ | 611 マッコークル | 613 一覧表 | 614 課題 | 615 カレンダリング | 616 ゴール | 617 キリ番アクセス | 618 キリ番記事 | 630 記念 | 631 誕生日 | 632 命日 | 633 演奏会 | 634 正月 | 635 ヴァレンタイン | 636 クリスマス | 637 ブラームス忌 | 638 ブラスマス | 639 クララ忌 | 641 愛鳥週間 | 642 ランキング | 699 仮置き | 700 思い | 701 仮説 | 702 疑問 | 703 お叱り覚悟 | 704 発見 | 705 奇遇 | 706 区切り | 707 モチベーション | 708 演奏会 | 709 感謝 | 710 よろこび | 711 譜読み | 712 音楽史 | 720 日本史 | 721 日本人 | 722 日本語 | 723 短歌俳句 | 724 漢詩 | 725 三国志 | 727 映画 | 728 写譜 | 730 写真 | 731 数学 | 732 レッスン | 733 ビートルズ | 740 昔話 | 741 仲間 | 742 大学オケ | 743 高校オケ | 760 家族 | 761 父 | 762 母 | 763 妻 | 764 長男 | 765 長女 | 766 次女 | 767 恩師 | 780 スポーツ | 781 野球 | 782 駅伝 | 783 バスケットボール | 784 サッカー | 785 アントラーズ | 786 バドミントン | 790 コレクション | 791 CD | 792 ipod | 793 楽譜 | 794 書籍 | 795 グッズ | 796 愛器 | 800 執筆の周辺 | 801 執筆の方針 | 802 ブラダス | 803 校正 | 804 譜例 | 807 パソコン | 808 ネット | 809 ドボダス | 810 ミンダス | 820 出版の周辺 | 821 パートナー | 822 契約 | 823 装丁 | 825 刊行記念日 | 840 販売の周辺 | 841 お買上げ | 842 名刺 | 860 献本 | 861 ドイツ国立図書館

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ