ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

カテゴリー「801 執筆の方針」の19件の記事

2015年3月 6日 (金)

構想の原点

ブログ「ブラームスの辞書」がまもなく開設10周年を迎える。そして書籍「ブラームスの辞書」も刊行10周年を迎える。ブログ開設当初は、書籍「ブラームスの辞書」執筆の動機にさかんに触れたが、最近はずっとそのことには言及していない。10周年を機に再度執筆のアイデアについて言及する。

世の中に音楽辞典は多い。概ね以下に分類できそうだ。

  1. 音楽用語辞典 楽譜上に現れる用語の意味を記す。
  2. 作品辞典 古今の音楽作品を網羅する。
  3. 人名事典 作曲家と演奏家に分かれる。

私だって愛好家の端くれとしてこれらを座右においている。

「ブラームスの辞書」は強いて申せば上記1音楽用語辞典の変形だ。収載の用語がブラームスの作品上に現れるものに限っている。「ブラームス専用」であることに意義がある。ありふれた音楽用語でも作曲家によって使い方が違うということが前提になっている。ブラームス自身が多彩な使い回しを得意としたから、それらの秘密に迫りたいと欲したところが、発想の原点になっている。

およそブラームス作品である限りメジャーな作品もマイナーな作品も同等の重みで扱うという方針を掲げた。収載の対象を「作品番号のある作品」に限ったことで自己矛盾を引き起こしていることは既に明らかだが、旗揚げ時は意気揚々としていた。

作曲家別音楽用語辞典という発想は既存の出版物を見る限り、ありふれた発想ではなさそうだ。特定の作曲家に絞ることでニーズ自体は極端に狭くなるから、商売にはなじみにくそうだが、趣味としてなら成り立つ。

2007年7月30日 (月)

差別化

他との違いをアピールすること。マーケティング上有効とされている。これには2つの系統があるらしい。一つは「この商品には他にない有効性がありますよ」ということ。「機能が良い」「機能が多い」「価格が安い」「価格が高い」などなど正攻法という意味ではマーケティングの基本中の基本だ。現実には、「実際には際立った有効性など無いのにあると思わせる」という一段高度な技術も存在する。ブランドイメージ、CMに起用するタレントなど、あの手この手の組み合わせによって差別化が図られている。

消費者に対して「あなただけよ」と思わせる手法も別の意味で「差別化」と称される。大量生産大量販売の商品では実現しにくいとも思われるが、購買心理への効果という意味では侮れない。

ブログ「ブラームスの辞書」や書籍「ブラームスの辞書」にも小さな差別化が試みられている。以下の3つの項目が極端に少ないことだ。

  1. 作品解説
  2. コンサートレビュウ
  3. おすすめCD

逆に言うと世の中のサイトや書物にはこれらの項目が数多く含まれている。私のような後発者としては、そうした激戦区は避けるのが賢明だという訳である。問題はこれらの項目を避けて、なおかつボリュームある本になるかという点だ。著書「ブラームスの辞書」はA5判400ページ、約36万字の本だ。予算の関係で書きたい記事を削りに削った上に譜例も泣く泣く最小限に止めた。いわゆる「市場の隙間」あるいは「市場の空白」を狙ったつもりである。

もう片方の「あなただけよ」型の差別化も試みている。少部数の自費出版本だけに、こちらのほうが大切だ。本一冊毎に通し番号を付与した。作品番号の持つイメージを利用するという差別化だ。どの番号かにこだわる向きには効果的だ。

ブログ「ブラームスの辞書」も著書と同様のことが言える。「作品解説」「コンサートレビュウ」「お薦めCD」の情報を求めてたどりついた人たちをがっかりさせていることは間違いない。

世の中差別化を狙うあまり、単なる珍商品に堕してしまうケースも少なくないという。ヒット商品との紙一重の差は大きくて重い。

2007年7月 7日 (土)

用例

「ブラームスの辞書」においては、それぞれの単語または語句が使われている場所を示す際に「用例を列挙する」と表現している。1箇所しか存在しない場合は「用例を列挙する」という表現は省略されているが「用例を列挙すること」自体は「ブラームスの辞書」の肝である。

用例の厚み自体が重要な情報である。見出し語に用例が100箇所以内の場合は、その全てを列挙している。100箇所を越える場合は、全てのケースを列挙することを諦め、曲の冒頭に存在するケースだけを記している。その他、特段に興味深い例についてコメントを加えている。

ブラームスは、自らの音楽を弾き手に伝えるために楽譜を書いた。音符(休符を含む)、楽語、記号は全てその目的に照らして適切な場所に設置されているハズである。音符や記号と違って、楽語は文字である。天才のひらめきの中では比較的取っつきやすい。見出し語がどこで使われているかは、楽語分析のための基本中の基本だ。複数の用例が存在すれば使用された時期、頻度、曲種、調性、拍子に何らかの傾向があるかどうかを見極めることはとても大切だと考えた。生涯一度きりの使用だとしてもそれ自体がヒントになる。

何度でも言う。用例の列挙は「ブラームスの辞書」の肝である。

2007年5月 7日 (月)

補遺ドイツ語編

「補遺」

辞書には「漏らし残した事柄を後から補うこと」とある。後から補うようなことが無いように、最初から準備を怠ってはならぬのだが、やむを得ぬ事情でそうする場合がある。恥ずかしながら「ブラームスの辞書」にも大挙して発生してしまった。

連休前に宣言した通り、ドイツ民謡やハンガリー舞曲をブラダスに取り込んだ。結果「ブラームスの辞書」に収録されていない楽語が約40種あることがわかった。「ブラームスの辞書」は作品番号付きの作品を対象としていたことが大きな原因だ。「ブラームスの辞書」総見出し数の約3%に相当する。

ハンガリア舞曲は18番冒頭の「Molto Vivace」だけだが、ドイツ民謡は目を覆うばかりである。総量を400ページに収めるためとはいえ、作品番号付きの作品だけに対象を絞ったところが既に誤りである。「民謡なめてンじゃないですよ」とブラームスに言われそうである。罪滅ぼしにその全てを以下に列挙する。赤文字はおおよその意味を示し、所在する作品を緑文字で書き添えた。

  1. Anmutig 優雅な WoO33-3
  2. Anmutig bewegt 優雅に動いて WoO33-16
  3. Bewegt und mit herzlechem Ausdruck 生き生きと心からの表情とともに WoO33-18 
  4. Bewegt und mit starker Empfindung 生き生きと力強い気分で WoO32-16、WoO33-17
  5. Bewegt und zehr warm 生き生きと、非常に暖かく WoO33-19
  6. Drangend,doch nicht zu schnell 切迫して、しかし速過ぎずに WoO33-4、WoO33-26
  7. Frisch und frohlich いきいきと楽しげに WoO33-32
  8. Gehalten und empfundungsvoll 音を保って感情豊かに WoO33-05
  9. Gehalten und dem Gedicht angemessen erzahlend 詩を語るように WoO33-21、WoO32-23
  10. Gehend und mit herzlichem Ausdruck 程よくゆっくりと心をこめて WoO33-35
  11. Gehend und mit lebhaftem Ausdruck 程よくゆっくりといきいきとした表情で WoO33-39
  12. Heimlich und in ruhigem Zeitmass 密やかに、落ち着いたテンポで WoO32-06
  13. Heimlich und in ruhiger Zeitmass 密やかに、落ち着いたテンポで  WoO33-23
  14. Heimlich und zierlich bewegt 密やかに愛らしく動いて WoO33-12、WoO33-19
  15. Hell und feurig 明るく、情熱的に WoO32-12
  16. Hell und lebhaft 明るくいきいきと WoO33-20
  17. Herzlich und warm erzahlend 心を込めて、暖かく語りかけるように WoO33-09
  18. Im ruhigen Zeitmass und teilnehmend erzahlt 穏やかなテンポで、思いやりをもって WoO33-7、WoO32-10
  19. Im ruhiger Bewegung 穏やかなテンポで WoO33-10、WoO32-24 
  20. In sanfter Bewegung,nicht zu langsam くつろいだテンポで遅すぎずに WoO32-2
  21. Kraftig und ziemlich lebhaft 力強く、非常にいきいきと WoO33-37
  22. Lebhaft und hell いきいきと明るく WoO33-22
  23. Lebhaft und herzlich いきいきと心をこめて WoO33-30
  24. Lebhaft und mit laune いきいきと陽気に WoO32-20、WoO33-33
  25. Lebhaft und mit warmen Ausdruck いきいきと暖かな表情で WoO33-26
  26. Lebhaft und schauerlich きびきびと恐ろしげに WoO33-28、WoO32-28
  27. Lebhaft,doch nicht zu rasch いきいきとしかし速過ぎずに WoO33-36
  28. Lebhaft,doch zart いきいきとしかし優しく WoO33-11
  29. Massig bewegt und ausdrucksvoll 適度なテンポで表情豊かに WoO33-24
  30. Mit guter laune 上機嫌で WoO33-8
  31. Mit krafter Leidenschaft 力強く情熱的に WoO33-13
  32. Nicht zu langsam und mit inniger Teilnahme 遅すぎずに、心からの思いやりをもって WoO33-15
  33. Nicht zu langsam,erregt 遅すぎずに、興奮して WoO33-38
  34. Ruhig und erzahlendem Ton  穏やかに語るような調子で WoO33-29、WoO32-5  
  35. Ruhig und erzalichend  穏やかに語るように WoO33-14、WoO33-22
  36. Sehr lebhaft,herzlich und ungeduldig 非常にいきいきと、切迫して WoO33-25
  37. Unruhig bewegt und heimlich 落ち着き無く動いて密やかに WoO33-40
  38. Zart und ausdrucksvoll 優しく表情豊かに WoO33-41
  39. Zartlich und lebhaft 優しくいきいきと WoO33-1
  40. Zierlich und lebhaft 愛らしくいきいきと WoO32-13、WoO33-31

ブラームス先生へのお詫び満載の誕生日プレゼントだ。

174回目の誕生日おめでとう。

2007年5月 4日 (金)

譜読み

作品演奏の準備の諸段階のうちの一つと位置付け得る。楽譜を楽音に転写する際の自分なりの方針を楽譜を追いながら確認し定着して行く作業。多くは個人練習の中で行われる。「譜読みが速い」「譜読みが甘い」「譜読みが得意」などという使われ方をする。暗譜に到達する長い道のりの第一歩である。演奏家本人の音楽体験を総動員して行われるべきだと考えている。

弦楽器奏者で言うなら、音の高さの確認、ポジション、フィンガリング、弓の返し、弓の使い場所、弓の使う量、音色、アーティキュレーション、テンポ感などを確定させておくことを意味する。ピアニストならばペダリング、声楽家ならばブレスや歌詞の理解は、はずせぬところだろう。当然のことながら楽譜上の音楽用語全ての意味を知っておくことまでもが譜読みの中に含まれる。演奏上の難所や、聴かせどころをあらかじめ把握しておくという側面も小さくない。作曲家が楽譜上に置いた音楽用語の多くは、この譜読みの作業の際にもっとも意味を持つと感じている。

ブラームスの作品において、この譜読みは際限がない。演奏することと同等の喜びを譜読みが与えてくれる。

実を言うと私の著書「ブラームスの辞書」は、演奏者にとっての「譜読みの友」になることを夢見て執筆したと申し上げても過言ではない。

最悪音を出さずとも出来てしまうところが「譜読み」の長所だ。夜中でも家族や近所に迷惑がかからない。音さえ出さねばこっちのものだ。音程不安や、指回し不安もどこ吹く風である。せめて譜読みくらいは世界一を目指したいものだ。

2007年4月24日 (火)

著者冥利

学生オケ同期でプロのオーボエ奏者をしている男に「ブラームスの辞書」を進呈したと書いた。

http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2007/03/post_1fbe.html

彼の運営するブログに「ブラームスの辞書」のことが書かれている。それを読んだ昔の仲間2人が「ブラームスの辞書」を注文してくれた。そのうちの一人は三味線弾きのクラリネット奏者だった。

もう一人はファゴット奏者。アマチュアオケで活躍中だ。彼はブログを運営しているのだが、その中で「ブラームスの辞書」を紹介してくれた。

http://fgh41inaka.at.webry.info/200704/article_14.html

見ての通りだ。第三交響曲に挑むファゴット奏者が、「sotto voce」と「mezza voce」の違いを知りたくて我が「ブラームスの辞書」を引いてくれているのだ。このマニアックでオタッキーなシチュエーションは著者冥利に尽きる。「ブラームスの辞書」では残念なことに「sotto voce」と「mezza voce」の両者の違いについて決定的な見解を述べるに至っていない。しかしこれは氷山の一角だ。どの道決定的なことはブラームスに訊くほかはないことばかりなのだ。それでも、微妙な言い回しの違いに着目し、それを知りたいと願う演奏家がいることが嬉しい。考えたところで吹き分けられるかどうか怪しいと正直な告白もセットだ。吹き分けられなかったり、聞き分けられないことなのに考えることを止めないということなのだ。「ブラームスの辞書」を書いた甲斐がある。 

じわじわと広がるとはこういうことなのだろう。感謝をこめてリンクを貼らせていただいた。

2007年4月11日 (水)

いつか来た道

3月29日の記事「事故調査委員会」で、昔の仲間と一献傾けたと書いた。

http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2007/03/post_8fe2.html

プロのオーボエ奏者と親しく音楽論を語らった。かれこれ4時間ほど時のたつのを忘れて盛り上がった。私の本やブログについても貴重な意見が出た。メンバーのうちの紅一点はこれまた私と同期のヴィオラ弾きで、れっきとした物書きだ。二人とも私の本やブログを誉めてくれるというスタンスは共通しているが、そこそこアルコールが回った頃になって、彼女が面白いことを言い出した。

「現代のブラームスマニア(私のことか?)が、文明の利器パソコンを駆使して、楽譜上の用語を集計分析してやっと把握出来るような傾向を、はたしてブラームスは弾き手に伝えようとしていたのだろうか」という問いである。「もっと噛み砕いて判り易く記して貰わないと伝わらないンじゃあないの」「ブラームスの辞書を誰もが参照する訳じゃないンだから」と続く。断っておくが、私の本やブログへの揚げ足取りではない。愛ある問いかけである。この発言をきっかけに宴会は終盤にもつれこんだ。いい歳をした大人が居酒屋で激論を交わした。

私にとってこの問いはいつか来た道だった。執筆の途中から自問していた。この問いに対して自分なりの答えに到達したから本が書けたと言っていい。

一握りの天才打者たちは自分の打席を全て覚えているという。インタビューではしばしば、「何月何日の第4打席の3球目のファウルの時の打ち方」がみたいな受け答えをしている。天才作曲家が過去の自作について隅々まで記憶していたとしてもさほど驚くには当るまい。元々先に頭の中で完成させておいた作品を後から楽譜にダウンロードしただけであるようなエピソードは珍しいものではない。実質脳内エクセル状態だろう。自作への音楽用語の配置には、それらを総動員していたに違いない。それが全ての弾き手に完全に伝わるかどうかとは別の次元の話である。

万が一ブラームスがそれらのことに完全に無頓着だったとする。それでも楽譜への音楽用語の配置は、楽想を弾き手に伝えたいという意思の表れであることは動くまい。無意識のうちに適切な楽語を選んでいたはずである。それらを集計分析することで、ブラームスの無意識下の性格を類推することだけは出来るはずだ。最悪それでも構わない。ブラームスの無意識になら振り回されてみるのも悪くないと開き直ったことが、執筆の動機になっている。

ありがたい話だ。あの宴席一回にブログ記事のヒントがどれほど詰まっているか計り知れない。もっともっと話がしたい。

2006年8月 7日 (月)

楽器名ランキング

まずは黙って以下のランキングをご覧頂きたい。

  1. ピアノ 2510
  2. ヴァイオリン 1056
  3. チェロ 610 
  4. ヴィオラ 596
  5. ホルン 303
  6. クラリネット 208
  7. ファゴット 144
  8. フルート 104
  9. オーボエ 97
  10. コントラバス 76
  11. ティンパニ 45
  12. トロンボーン 33
  13. トランペット 28
  14. ハープ 19
  15. コントラファゴット 16
  16. ピッコロ 10
  17. オルガン 
  18. チューバ 

何の順位だかお判りいただけるだろうか?正解は私の著書「ブラームスの辞書」全400ページの中で言及される回数のランキングである。「ブラームスの辞書」の中で楽器名がいっぱい出てくるが、それをWordの検索機能を使って頻度を調査した結果である。

そのつもりでもう一度見ていただくと、これがなかなか面白いデータだと判る。

「ブラームスの辞書」の構成は、ブラームスが楽譜上に記した音楽用語を抽出し、それらがどのような作品のどこの場所のどのパートに現われているかのリストが売りの一つになっている。木管楽器全部に付与される場合には「木管楽器」と記載される。弦楽器も同様だ。そして列挙されたケースのうち私の目から見て興味深い場所を取り上げてコメントを施している。

ブラームスが手厚く用いた楽器ほど「ブラームスの辞書」上に頻度高く現れることになる。さらに著者の私自身が面白いと思えば引用される回数が増える。私は弾いていて聴いていておいしいところを積極的に引用したから、おいしい出番が多くあてがわれている楽器名ほど出現頻度が増す。総合的に申せば、ブラームスの楽器の好みに、私自身の好みがブレンドされた頻度になっているハズである。 

断トツで第1位のピアノ、第2位のヴァイオリンは順当なところだ。声楽に室内楽に独奏に、はたまた2曲の協奏曲まで存在するピアノは、ブラームス自身の愛奏の楽器だけあって他の追随を許さぬ地位になる。何のかんの言ってもヴァイオリンだって相当なものだ。協奏曲には2度ありつけるし、出番に恵まれないのはチェロソナタとクラリネットソナタ、それから管弦楽のためのセレナーデの2番だけだ。第3位のチェロだってそうだろう。おそらく3位までのこの並びは予想通りだ。

第3位のチェロと僅かの差で第4位がヴィオラになったことには驚いている。著者の私が「ブラームスの辞書」の中であと15回余計にヴィオラという単語を使っていれば、チェロを逆転していたことになる。クラリネットソナタを全てヴィオラソナタと表現していることも貢献しているだろう。私のヴィオラ贔屓の賜物だが、そこにはブラームス本人のヴィオラ贔屓も関係していると思いたい。

管楽器に目を移そう。何と管楽器のトップ、総合でもヴィオラに続く第5位はホルンだ。ヴィオラが第4位になったことと同様に、ブラームスの気質・志向が「ブラームスの辞書」に反映しているような感じがしてとても嬉しい。そして第6位はクラリネットだ。おそらくクラリネットソナタという単語を全部ヴィオラソナタに置き換えるという特別措置が無かったら、ホルンを抜いていたことだろう。

ある意味でもっともブラームスっぽい現象は第7位のファゴットだ。フルートやオーボエを押さえてのこの位置は何やら象徴的である。

「ブラームスの辞書」の出版後に調査をしたこの結果には意味がある。執筆中はブラームスの魅力をただ表現したいだけで必死だった。楽器名の引用頻度など全く気にしないで書いた結果がこの通りであることは、かえって客観性を増していると思う。

多くの歌曲は声種を限定していないため、ソプラノ、アルト等の声種では同様な結果は得られない。また「op1」「op2」「op3-1」のように検索すれば作品別のランキングも出来そうだが、これには重大な欠陥がある。たとえば「op1」と検索すると「op11」も「op12」も「op100」もヒットしてしまうのだ。だから作品ランキングは今のところスッパリ諦めている。

この暑い中、おバカな企画が止まらない。

2006年7月31日 (月)

辞書の形態を借りたエッセイ

「ブラームスの辞書」執筆の上での基本的なコンセプトの一つに「辞書の形態を借りたエッセイ」がある。ブラームスが楽譜上に記した音楽用語全てをアルファベット順に列挙する以上、結果としてそれは一般の音楽辞典と同じ体裁にならざるを得ない。「a tempo」から「ziemlich langsam,gehend」まで約1170項目が整然と並ぶ。

一般の辞書との最大の違いは、単なる事実の羅列になっていない点である。辞書的な切り口の後には、自分の意見を容赦なく書き加えている。さらに当該用語の出現する場所の特定に力を注いでいるのも、売りの一つである。各項目の記述は①語句の意味②出現の場所③考察と提案という枠組みになっている。一番いいたいことは③なのだが、実は②の出現場所だって相当にレアな情報になっている。

辞書と同じ使い方をしても何等支障は生じないのだが、「辞書の形態を借りたエッセイ」というコンセプトを逆読みすると、エッセイとして冒頭から順に読み進めて欲しいというのが、著者としてのささやかな希望でもあるのだ。執筆は冒頭からアルファベット順に進められたので、その順番で読むことによって浮かび上がる論旨も少なからず隠されている。

しからば問う。何故わざわざ辞書の形態を借りねばならないのか。これは至高の問いである。辞書の形態を借りないということは、世の中に数多流布する通常のエッセイを書くことに他ならない。ド素人のエッセイがそんな中に打って出たところで埋もれるのが関の山である。形式に制約の無いただのエッセイということになると、著者の筆力こそが問われてしまうのだ。それは決定的に不都合だ。辞書の形態を採用すれば、筆力不足をごまかす箇条書きも不自然ではなくなる。

2006年4月23日 (日)

グルタミン酸ナトリウム

「ブラームスの辞書」あとがきに2回出てくる単語。1908年東京大学の池田菊苗博士が世界で初めて昆布のうまみがグルタミン酸ナトリウムであることを突き止めた。昆布の出し汁は、普通のお湯とは違ってよい味がすることそれ自体は、池田先生の発見のはるか以前から庶民にとっても周知の事実だった。そのおいしさの元がグルタミン酸ナトリウムという物質に起因するということを立証したという点で意義の大きい発見だった。これをキッカケに、グルタミン酸ナトリウムだけを精製分離して、必要に応じて食品にふりかけるという発想が生まれた。いわゆる味の素の源流である。

ブラームスの音楽が耳に心地よいことは、みんな知っている。それらの心地よさの原因は全て楽譜に溶け込んでいるはずである。しかしその正体は必ずしも明らかになっているとは言いがたい。ブラームスの音楽が「昆布の出し汁」であることは明らかながら、心地よさの元、いわば「グルタミン酸ナトリウム」はまだ発見されていない状態である。五線を用いた楽譜を使用しながら、誰でもがブラームスのような作品を残せる訳ではない。ブラームスの音楽をブラームス音楽たらしめている源、つまり「ブラームスのグルタミン酸ナトリウム」を探すためのツールになりたくて「ブラームスの辞書」がささやかに存在している。

ブラームスの音楽が素晴らしい理由は必ず楽譜の中にあるハズだ。演奏の拙さによって作品が台無しになる可能性は考慮しつつもなお、ブラームスのグルタミン酸ナトリウムは、楽譜の中に発見されるべきである。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

001 用語解説 | 002 ドイツ旅行① | 003 ドイツ旅行② | 050 空席状況 | 051 お知らせ | 052 総集編 | 053 アラビアンナイト計画 | 060 ブラームス神社 | 061 縁起 | 063 賽銭 | 070 ドイツ分室 | 071 地名辞書 | 072 地名探検 | 073 地名語尾辞典 | 074 地名語尾 | 075 ドイツ語 | 076 ドイツ方言 | 077 ドイツ史 | 078 ハプスブルク | 079 人名辞典 | 080 イベント | 081 謝恩クイズ | 082 かるた | 083 のだめ | 084 お盆 | 085 中国出張 | 086 英国研修 | 087 ブログ出版 | 088 意訳委員会 | 089 ドヴォルザークイヤー総集編 | 090 ドヴォルザーク作品一覧 | 100 作曲 | 101 編曲 | 102 楽譜 | 103 音符 | 104 楽語 | 105 テンポ | 106 音強 | 107 拍子 | 108 調性 | 109 奏法 | 110 演奏 | 111 旋律 | 112 音型 | 113 リズム | 114 和声 | 115 対位法 | 116 形式 | 117 編成 | 118 ヘミオラ | 119 テキスト | 120 ベースライン | 121 再現部 | 122 微調整語 | 123 語彙 | 124 表情 | 125 伴奏 | 126 ジプシー音楽 | 140 ソナタ | 141 変奏曲 | 142 フーガ | 143 ロンド | 144 コラール | 145 間奏曲 | 146 スケルツォ | 147 ワルツ | 149 緩徐楽章 | 150 セレナーデ | 153 カプリチオ | 154 トリオ | 155 序奏 | 156 シャコンヌ | 157 メヌエット | 160 ブラームス節 | 161 分布 | 162 引用 | 170 楽器 | 171 ピアノ | 172 ヴァイオリン | 173 ヴィオラ | 174 チェロ | 175 コントラバス | 177 オーボエ | 178 クラリネット | 179 ファゴット | 180 ホルン | 181 トランペット | 182 トロンボーン | 183 チューバ | 185 トライアングル | 190 鍵盤楽器 | 191 弦楽器 | 192 木管楽器 | 193 金管楽器 | 194 打楽器 | 195 メゾソプラノ | 196 アルト | 200 作品 | 201 ピアノ曲 | 202 歌曲 | 204 室内楽 | 205 交響曲 | 206 協奏曲 | 207 管弦楽曲 | 208 合唱 | 209 重唱 | 210 民謡 | 211 オルガン | 212 オペラ | 213 カノン | 214 連弾 | 215 練習曲 | 216 学生歌 | 230 ドイツレクイエム | 231 交響曲第1番 | 232 交響曲第2番 | 233 交響曲第3番 | 234 交響曲第4番 | 235 大学祝典序曲 | 236 ヴァイオリン協奏曲 | 237 ピアノ協奏曲第1番 | 238 ピアノ協奏曲第2番 | 239 二重協奏曲 | 248 弦楽六重奏曲第1番 | 249 弦楽六重奏曲第2番 | 250 ピアノ五重奏曲 | 251 クラリネット五重奏曲 | 252 弦楽五重奏曲第1番 | 253 弦楽五重奏曲第2番 | 254 弦楽四重奏曲第1番 | 255 弦楽四重奏曲第2番 | 256 弦楽四重奏曲第3番 | 257 ピアノ四重奏曲第1番 | 258 ピアノ四重奏曲第2番 | 259 ピアノ四重奏曲第3番 | 260 ピアノ三重奏曲第1番 | 261 ピアノ三重奏曲第2番 | 262 ピアノ三重奏曲第3番 | 263 ホルン三重奏曲 | 264 クラリネット三重奏曲 | 265 ヴァイオリンソナタ第1番雨の歌 | 266 ヴァイオリンソナタ第2番 | 267 ヴァイオリンソナタ第3番 | 268 チェロソナタ第1番 | 269 チェロソナタ第2番 | 270 クラリネットソナタ第1番 | 271 クラリネットソナタ第2場 | 272 FAEソナタ | 300 作曲家 | 301 バッハ | 302 シェーンベルク | 303 ドヴォルザーク | 304 ベートーヴェン | 305 シューマン | 306 メンデルスゾーン | 307 モーツアルト | 308 ショパン | 309 シューベルト | 310 ワーグナー | 311 マーラー | 312 チャイコフスキー | 313 Rシュトラウス | 314 リスト | 315 ヘンデル | 318 ヨハン・シュトラウスⅡ | 319 ビゼー | 320 ブルックナー | 321 ハイドン | 322 レーガー | 323 ショスタコーヴィチ | 350 演奏家 | 351 クララ | 352 ヨアヒム | 353 ミュールフェルト | 354 アマーリエ | 356 ビューロー | 357 クライスラー | 358 ヘンシェル | 362 シュットクハウゼン | 400 人物 | 401 ファミリー | 402 マルクゼン | 403 ジムロック | 404 シュピッタ | 405 ビルロート | 407 ビスマルク | 408 ハンスリック | 409 フェリクス | 411 マンディ | 412 ヴィトマン | 416 カルベック | 417 ガイリンガー | 418 エルク | 419 グリム兄弟 | 420 森鴎外 | 431 アガーテ | 432 リーズル | 433 マリエ | 434 ユーリエ | 435 オイゲーニエ | 436 ベルタ | 437 リースヒェン | 438 オティーリエ | 439 シュピース | 441 バルビ | 442 シシィ | 500 逸話 | 501 生い立ち | 502 性格 | 503 学習 | 504 死 | 505 葬儀 | 506 職務 | 507 マネー | 508 報酬 | 509 寄付 | 510 顕彰 | 511 信仰 | 512 友情 | 513 恋 | 515 別れ | 516 こだわり | 517 癖 | 518 読書 | 519 リゾート | 520 旅行 | 521 鉄道 | 522 散歩 | 523 食事 | 524 ワイン | 525 タバコ | 526 コーヒー | 527 趣味 | 528 手紙 | 529 ジョーク | 530 習慣 | 531 住居 | 532 恩人 | 533 指揮者 | 534 教師 | 535 暗譜 | 536 美術 | 537 ビール | 550 楽友協会 | 551 ジンクアカデミー | 552 ハンブルク女声合唱団 | 553 赤いハリネズミ | 554 論争 | 555 出版社 | 556 初版 | 557 献呈 | 558 伝記 | 559 初演 | 560 校訂 | 571 ウィーン | 572 ハンブルク | 573 イシュル | 574 トゥーン | 575 デトモルト | 576 ペルチャッハ | 577 ライプチヒ | 578 デュッセルドルフ | 579 フランクフルト | 580 ベルリン | 590 イタリア | 591 イギリス | 600 ブログMng | 601 運営方針 | 602 自主規制 | 603 アクセス | 604 検索 | 605 カテゴリー | 606 記事備蓄 | 607 創立記念日 | 608 ブログパーツ | 609 舞台裏 | 610 取材メモ | 611 マッコークル | 613 一覧表 | 614 課題 | 615 カレンダリング | 616 ゴール | 617 キリ番アクセス | 618 キリ番記事 | 630 記念 | 631 誕生日 | 632 命日 | 633 演奏会 | 634 正月 | 635 ヴァレンタイン | 636 クリスマス | 637 ブラームス忌 | 638 ブラスマス | 639 クララ忌 | 641 愛鳥週間 | 642 ランキング | 699 仮置き | 700 思い | 701 仮説 | 702 疑問 | 703 お叱り覚悟 | 704 発見 | 705 奇遇 | 706 区切り | 707 モチベーション | 708 演奏会 | 709 感謝 | 710 よろこび | 711 譜読み | 712 音楽史 | 720 日本史 | 721 日本人 | 722 日本語 | 723 短歌俳句 | 724 漢詩 | 725 三国志 | 727 映画 | 728 写譜 | 730 写真 | 731 数学 | 732 レッスン | 733 ビートルズ | 740 昔話 | 741 仲間 | 742 大学オケ | 743 高校オケ | 760 家族 | 761 父 | 762 母 | 763 妻 | 764 長男 | 765 長女 | 766 次女 | 767 恩師 | 780 スポーツ | 781 野球 | 782 駅伝 | 783 バスケットボール | 784 サッカー | 785 アントラーズ | 786 バドミントン | 790 コレクション | 791 CD | 792 ipod | 793 楽譜 | 794 書籍 | 795 グッズ | 796 愛器 | 800 執筆の周辺 | 801 執筆の方針 | 802 ブラダス | 803 校正 | 804 譜例 | 807 パソコン | 808 ネット | 809 ドボダス | 810 ミンダス | 820 出版の周辺 | 821 パートナー | 822 契約 | 823 装丁 | 825 刊行記念日 | 840 販売の周辺 | 841 お買上げ | 842 名刺 | 860 献本 | 861 ドイツ国立図書館

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ