ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

カテゴリー「825 刊行記念日」の12件の記事

2015年7月10日 (金)

刊行10周年

初めての自費出版「ブラームスの辞書」刊行から本日で丸10年となった。

ここまでに売れたのは90冊と少々。弱小自費出版本としては御の字。親兄弟親戚でもない人が、買い求めてくれている。

思えば10年あっという間だった。本の宣伝用にと立ち上げたブログ「ブラームスの辞書」が、本を宣伝することも今ではほとんどなくなった。本の宣伝というよりも、著者である管理人のキャラの説明に大半の労力を割いている。明らかになるのはブラームスのキャラなんぞではなく、私のキャラだ。

6番目の室内楽、弦楽六重奏曲第2番への言及を遮って、今日は10周年のお祝い。

2012年7月11日 (水)

刊行7周年

本日7月11日は書籍「ブラームスの辞書」の刊行記念日。2005年刊行だから7周年である。加えて本日はブログ「ブラームスの辞書」創設から2600日の記念日でもあるから、二重のお祝い。その2600日間記事の抜けが無い。

ビスマルク特集に次女のオケネタがなだれこんで、記事がダブつくという嬉しい悲鳴の中、こうして記念日ネタを放っている。7年目の刊行記念日と2600日が同じ日になったおかげで、一本の記事ですませることができた。

2009年7月12日 (日)

記念事業

イベントや出来事あるいは目標の達成を永く記憶するために立ち上げるプロジェクトのことか。やろうとしているプロジェクト開催のための大義名分を強引に紐付けるという思惑も一部混入していると思う。

昨日書籍「ブラームスの辞書」は、刊行4周年を迎えた。20万アクセスへの到達と合わせて謝恩クイズを実施中だ。つまりこれが「記念事業」である。

さて、刊行4周年や20万アクセスはさておき、先般買い求めた電子辞書の有効活用を考えている。声楽曲のテキストへの理解を深めるというのが真っ先に思い浮かぶ。歌曲特集が電子辞書購入に私を走らせた原動力だったことは事実だが、歌曲特集が一段落してしまった今、タイミングとしては焦点が甘い。

電子辞書をまさしく骨の髄まで活用出来るネタがあった。

マッコークルだ。世界最高の「ブラームス作品目録」である。書籍「ブラームスの辞書」の執筆に先だって購入したが、現在でも調べ物に重宝している。全編一面のドイツ語というのが玉にキズだが、これはマッコークルの責任ではない。調べるとなるとドイツ語の辞書が手放せない。簡単な単語なら判るようになってきたが、突き詰めるには心許ない。

今回購入した電子辞書を使って「マッコークル専用の独和辞典」をブログ上で作成することにした。マッコークルをサクサクと理解するために最低押さえておきたい単語を列挙するというコンセプトだ。いわば「マッコークル斜め読みのための独和辞典」だ。

8月には別途単月プロジェクトの予定がある。9月以降1年間の大型プロジェクトを立ち上げるので、7月中に完成くらいの緩い目標をとりあえず設定することとする。

謝恩クイズ実施中

2009年7月11日 (土)

祝刊行4周年

あれから早4年である。初めての自費出版本「ブラームスの辞書」が納本されたのが、2005年7月11日だった。自分の著作物が印刷されて本になるのは、嬉しい。「ブラームスの辞書」が刷り上がった時の嬉しさは、今も鮮明に覚えている。

ロベルト・シューマンの助力もあって、二十歳そこそこのブラームスは、自作が印刷されることとなった。それもライプチヒのブライトコップフのような一流出版社の刊行だ。1854年のことである。ブラームスだって相当嬉しかったはずだ。

さて我が「ブラームスの辞書」は、ここ最近慶事が続く。

謝恩クイズの期間中に3つの慶事が訪れることになる。だから何としても6月28日出題にこだわったというわけだ。

2008年7月11日 (金)

祝出版3周年

「ブラームスの辞書」の刊行から今日で丸3年になる。ドイツ国立図書館への献本が3周年に間に合ったことが花を添えている。

バカ売れを期待しては酷というものだ。これからも粛々と販売を継続して行くだけだ。一方でブログ「ブラームスの辞書」へのアクセスは順調だ。年内の通算15万アクセス到達も現実味を帯びてきた。

さて、ブログ「ブラームスの辞書」が書籍になる。ココログのキャンペーンのお陰だ。「ブラームスの辞書」3歳の誕生日が、次なる書物の発刊を待ちながら迎えることになるとは思わなかった。その事に言及するのは今日で4回目。本を待つ気持ちを1回は記事にするのがココログ出版の事務局のみなさんとの約束だ。この気持ちを素直に記事にしていたら毎日になってしまう。適当に時間をおいて記事にしているという訳だ。

もちろん手に取った後にも出来映えや感想を記事にする。そうするとココログ出版のサイトに「お客様の声」という形で紹介されることもあるという。本を作ってもらうばかりか2冊も頂戴出来た上に、感想を紹介してもらえるなんて何だか凄い。弱小ブログ「ブラームスの辞書」にも愛の手がさしのべられたという感じに近い。

私はと言えば運を使いきりはせぬかと心配する小市民である。

2007年7月11日 (水)

刊行2周年

「ブラームスの辞書」満2歳の誕生日である。

既に100冊以上が私の手許を離れた。うち7冊程度が海外にあると思われる。約10箇所の図書館にも蔵書されている。販売に回ったものが38冊だ。月2冊をノルマにしたから本来は48冊売れていなければならないが10冊の予算未達である。

忘れた頃に注文が入るという売れ行きは相変わらずだ。10回目の誕生日には売り切れになっていることを期待しているが、どうなることやら。

4人目の子供という感覚が強い。4人目は人間ではないが、かわいさは同等だ。血を分けた分身という意味合いが共通している。

2歳と言えば、人間様ならそろそろ公園デビュウの年頃である。

2006年7月11日 (火)

刊行一周年

昨年の7月11日に「ブラームスの辞書」が納品された。ちょうど大阪への出張が入っていたので、納品の知らせは新幹線を待つ東京駅のホームで受け取った。一日千秋の思いで大阪出張を切り上げて東京に戻ったが、実際に本と対面したのは12日だった。

あれからもう一年が経った。その間私の手許を離れたのは82冊だ。そのうちの24冊が代金と引き換えだ。10年で全部売り切るための目標は月間2冊の販売だから数としては予定通りだ。

「ブラームスの辞書」の奥付には「発行年月日2005年6月15日」と書いてあるから、私を筆頭とする関係者がこの世にいなくなった後は、実際の納本日である7月11日は忘れ去られる運命にある。

あの日の感動は、子供が生まれたときの感動にさえ匹敵している。だからせめてブログにそれを書き残しておきたい。

2005年8月11日 (木)

発刊一ヶ月

7月11日の納本から一ヶ月が経過した。

その間に41冊が私の手元から離れた。うち販売は1冊である。当初の販売目標は月2冊なので、予定達成率50%である。残り40冊のうち音楽系の知人への提供が19冊。図書館への寄贈が3冊だ。残る18冊が、音楽系でない知人への提供である。音楽系でない知人への提供は、主に出版に際しての功労者であるが、この配布は既に一段落した。音楽系の知人への配布もあと数冊で予定終了だ。あと20冊程度を図書館への寄贈を中心に考えている。道は必ずしも平坦ではあるまい。先週は都内の某音楽大学の図書館に寄贈を申し入れたところ、門前払いだった。ド素人の自費出版本に対する当然の警戒心の賜物だろう。ご縁がなかったと諦めるしかない。

41冊をお配りした先から、いくつかの反応も帰ってきている。今のところ本の装丁やデザインに対する感想にとどまっている。「中身の感想を述べるほど熟読していない」のがその原因らしい。どうやら熟読には相当の根気が要るようだ。書き手としてはそんなつもりはないのだが。。。もっと気軽に読んで欲しいところであるが、内容からしてそうもいかんらしい。

それにしても1冊だけとはいえ、よく売れたものだ。自分の著書が売れるということがこんなに嬉しいものだとは思わなかった。そのほかに嬉しかったのは、「ブラームスの辞書」を差し上げることがキッカケで、何人かの旧友と久々の会話が楽しめたことだ。彼らの褒め言葉は心に沁みる。「ばかじゃねえの」や「ちっとも変わってねえな」が極上の褒め言葉である。

次なる狙いは「ブラームスの辞書」がキッカケで新たな友人が出来ることだ。

2005年7月18日 (月)

刊行一週間

7月11日が納本記念日だから今日で一週間になる。

2003年の冬に「ブラームスの辞書」の執筆を決意したとき、既に頭の中では完成形が固まっていた。ブラームスが楽譜に記した音楽用語だけを集め、それをアルファベット順に収録して、ビシバシとコメントまで加える。タイトルも「ブラームスの辞書」で決まっていた。その日から先週11日までの2年半の間、誰かに「ブラームスの辞書」のことを相談したことも少なくない。頭の中にイメージは出来ているのに、周囲の人間に対してなかなかキリリと伝えることが出来なかった。ド素人の自費出版なのだから、ある程度仕方の無い面でもあるが、悔しい思い出も少なくない。ましてや音楽の知識の少ない人に対しては、説明など無力だった。本当に限られた人だけが、私の趣旨を知って後押ししてくれた。

翻って、この一週間で事情は激変した。「ブラームスの辞書」現物が世の中に存在していることの意義は、とてつもなく大きい。現物を「ハイ」と指し示すことで百万語を費やす説明よりも、速く正確にコンセプトを伝えることが出来るようになった。音楽の知識が少ない人たちも、いったんは手にとってくれる。400ページの重みを感じてくれる。譜例さえ絞らねば1000ページの本にだってすることが出来たはずだ。文字の詰まり方を見れは、内容を不当に膨らませた400ページでないことは、誰にでもわかるはずだ。

一方音楽に造詣のある人たちには、同じ反応が現れた。「バカじゃなかろうか」である。著者の私に対して直接口にするしないは別なのだが、悪い意味はない。褒め言葉として受け取っている。「ここまでやるか?」に近いニュアンスである。この一週間で既に29冊が私の手元を離れた。まだ全部を読み終えた人は誰もいないが、もう少したつと、まとまった量を読んだ人から感想が舞い込むと思う。「よっぽど暇なんだね」の感想は正直者の証である。それらがこれからどう変わって行くか、あるいは変わらないのかに、興味がある。

本のできばえは、2年半前にイメージした通りかそれ以上である。だから、「ブラームスの辞書」が評価されるもされないも、全ては内容の反映であると看做すことが出来る。

日本人はブラームスの音楽が好きだと思う。よって少なからぬ数の「ブラームス関連本」が出版されている。私の本は今それらの中で、よちよち歩きを始めた。

2005年7月12日 (火)

祝!対面

本日7月12日9時「ブラームスの辞書」の実物に対面した。全く同じだった。何がって子供が生まれたときとである。生まれた知らせを聞いて駆けつけた病院で子供と初めて会ったときと同じ気持ちになった。ほほが勝手に緩んでしまう。常に顔を作っていないと、だらしない顔になってしまう。お世話になった人々にお送りする手配をしたり、その場で差し上げたりと、バタバタしてくれたおかげで、かえって気がまぎれて良かったくらいである。

キチンと10冊はいった包みが32と9冊の包みが1つ。1m四方のパレットに全部載ってしまうほどのボリュームである。家に置くには厄介なボリュームだ。とりあえず49冊を持ち帰って当面配る予定分だけ通し番号シールを貼った。子供たちに説明をしたが、ポカーンとしていて、感激する様子は微塵も無い。母は「おめでとう」といって金一封を包んでくれた。知り合いに何冊か配りたいという。ありがたい話だ。

で、さっそく「ブラームスの辞書」の画像を公開します。とりあえず表紙だけです。カバーをはずしたところや中身の一部は後日マイアルバムで公開します。

思っていた通りのブラウン基調に仕上がっている。心配をかけた譜例もキチンと収まっていて、切り貼りには見えない。(当たり前だ!)400ページにはずっしりと重量感がある。末尾の著者近影はご愛嬌である。昨年のとっかかりからずっと頭の中にできあがっていたイメージ以上の出来映えである。一方で誤植一覧表の作成に着手した。自分で読んで明らかの誤植を発見して一覧表にしておくことにした。我が子の弱点に目をつぶってはいけない。縁起でもないということ勿れ。

それから、製本を「並」にするか「上」にするか迷った。予算をケチって「並」にする誘惑は終始私を悩ませた。結局は心を鬼にして「上」にしたのだが、本日実物を見てこれが正解だったことを痛感した。「並」にしていたら後悔していたと思う。こういうのを称して「有効な投資」と呼ぶのだろう。

一方、私のブログとリンクさせた石川書房の書棚にも「ブラームスの辞書」が掲載された。なんだか自分の本とは思えないくらい、もっともらしい。

内容がどう受け止められるのかは、これからの読者の反応を見てみないとわからない。もしかするとブーイングの嵐になるかもしれない。だから純粋に喜べるのは今のうちである。

現在、全国に発送する際の送料を交渉中です。送料が設定出来次第、販売要領を公開する予定だ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

001 用語解説 | 002 ドイツ旅行① | 003 ドイツ旅行② | 050 空席状況 | 051 お知らせ | 052 総集編 | 053 アラビアンナイト計画 | 060 ブラームス神社 | 061 縁起 | 063 賽銭 | 070 ドイツ分室 | 071 地名辞書 | 072 地名探検 | 073 地名語尾辞典 | 074 地名語尾 | 075 ドイツ語 | 076 ドイツ方言 | 077 ドイツ史 | 078 ハプスブルク | 079 人名辞典 | 080 イベント | 081 謝恩クイズ | 082 かるた | 083 のだめ | 084 お盆 | 085 中国出張 | 086 英国研修 | 087 ブログ出版 | 088 意訳委員会 | 089 ドヴォルザークイヤー総集編 | 090 ドヴォルザーク作品一覧 | 100 作曲 | 101 編曲 | 102 楽譜 | 103 音符 | 104 楽語 | 105 テンポ | 106 音強 | 107 拍子 | 108 調性 | 109 奏法 | 110 演奏 | 111 旋律 | 112 音型 | 113 リズム | 114 和声 | 115 対位法 | 116 形式 | 117 編成 | 118 ヘミオラ | 119 テキスト | 120 ベースライン | 121 再現部 | 122 微調整語 | 123 語彙 | 124 表情 | 125 伴奏 | 126 ジプシー音楽 | 140 ソナタ | 141 変奏曲 | 142 フーガ | 143 ロンド | 144 コラール | 145 間奏曲 | 146 スケルツォ | 147 ワルツ | 149 緩徐楽章 | 150 セレナーデ | 153 カプリチオ | 154 トリオ | 155 序奏 | 156 シャコンヌ | 157 メヌエット | 160 ブラームス節 | 161 分布 | 162 引用 | 170 楽器 | 171 ピアノ | 172 ヴァイオリン | 173 ヴィオラ | 174 チェロ | 175 コントラバス | 177 オーボエ | 178 クラリネット | 179 ファゴット | 180 ホルン | 181 トランペット | 182 トロンボーン | 183 チューバ | 185 トライアングル | 190 鍵盤楽器 | 191 弦楽器 | 192 木管楽器 | 193 金管楽器 | 194 打楽器 | 195 メゾソプラノ | 196 アルト | 200 作品 | 201 ピアノ曲 | 202 歌曲 | 204 室内楽 | 205 交響曲 | 206 協奏曲 | 207 管弦楽曲 | 208 合唱 | 209 重唱 | 210 民謡 | 211 オルガン | 212 オペラ | 213 カノン | 214 連弾 | 215 練習曲 | 216 学生歌 | 230 ドイツレクイエム | 231 交響曲第1番 | 232 交響曲第2番 | 233 交響曲第3番 | 234 交響曲第4番 | 235 大学祝典序曲 | 236 ヴァイオリン協奏曲 | 237 ピアノ協奏曲第1番 | 238 ピアノ協奏曲第2番 | 239 二重協奏曲 | 248 弦楽六重奏曲第1番 | 249 弦楽六重奏曲第2番 | 250 ピアノ五重奏曲 | 251 クラリネット五重奏曲 | 252 弦楽五重奏曲第1番 | 253 弦楽五重奏曲第2番 | 254 弦楽四重奏曲第1番 | 255 弦楽四重奏曲第2番 | 256 弦楽四重奏曲第3番 | 257 ピアノ四重奏曲第1番 | 258 ピアノ四重奏曲第2番 | 259 ピアノ四重奏曲第3番 | 260 ピアノ三重奏曲第1番 | 261 ピアノ三重奏曲第2番 | 262 ピアノ三重奏曲第3番 | 263 ホルン三重奏曲 | 264 クラリネット三重奏曲 | 265 ヴァイオリンソナタ第1番雨の歌 | 266 ヴァイオリンソナタ第2番 | 267 ヴァイオリンソナタ第3番 | 268 チェロソナタ第1番 | 269 チェロソナタ第2番 | 270 クラリネットソナタ第1番 | 271 クラリネットソナタ第2場 | 272 FAEソナタ | 300 作曲家 | 301 バッハ | 302 シェーンベルク | 303 ドヴォルザーク | 304 ベートーヴェン | 305 シューマン | 306 メンデルスゾーン | 307 モーツアルト | 308 ショパン | 309 シューベルト | 310 ワーグナー | 311 マーラー | 312 チャイコフスキー | 313 Rシュトラウス | 314 リスト | 315 ヘンデル | 318 ヨハン・シュトラウスⅡ | 319 ビゼー | 320 ブルックナー | 321 ハイドン | 322 レーガー | 323 ショスタコーヴィチ | 350 演奏家 | 351 クララ | 352 ヨアヒム | 353 ミュールフェルト | 354 アマーリエ | 356 ビューロー | 357 クライスラー | 358 ヘンシェル | 362 シュットクハウゼン | 400 人物 | 401 ファミリー | 402 マルクゼン | 403 ジムロック | 404 シュピッタ | 405 ビルロート | 407 ビスマルク | 408 ハンスリック | 409 フェリクス | 411 マンディ | 412 ヴィトマン | 416 カルベック | 417 ガイリンガー | 418 エルク | 419 グリム兄弟 | 420 森鴎外 | 431 アガーテ | 432 リーズル | 433 マリエ | 434 ユーリエ | 435 オイゲーニエ | 436 ベルタ | 437 リースヒェン | 438 オティーリエ | 439 シュピース | 441 バルビ | 442 シシィ | 500 逸話 | 501 生い立ち | 502 性格 | 503 学習 | 504 死 | 505 葬儀 | 506 職務 | 507 マネー | 508 報酬 | 509 寄付 | 510 顕彰 | 511 信仰 | 512 友情 | 513 恋 | 515 別れ | 516 こだわり | 517 癖 | 518 読書 | 519 リゾート | 520 旅行 | 521 鉄道 | 522 散歩 | 523 食事 | 524 ワイン | 525 タバコ | 526 コーヒー | 527 趣味 | 528 手紙 | 529 ジョーク | 530 習慣 | 531 住居 | 532 恩人 | 533 指揮者 | 534 教師 | 535 暗譜 | 536 美術 | 537 ビール | 550 楽友協会 | 551 ジンクアカデミー | 552 ハンブルク女声合唱団 | 553 赤いハリネズミ | 554 論争 | 555 出版社 | 556 初版 | 557 献呈 | 558 伝記 | 559 初演 | 560 校訂 | 571 ウィーン | 572 ハンブルク | 573 イシュル | 574 トゥーン | 575 デトモルト | 576 ペルチャッハ | 577 ライプチヒ | 578 デュッセルドルフ | 579 フランクフルト | 580 ベルリン | 590 イタリア | 591 イギリス | 600 ブログMng | 601 運営方針 | 602 自主規制 | 603 アクセス | 604 検索 | 605 カテゴリー | 606 記事備蓄 | 607 創立記念日 | 608 ブログパーツ | 609 舞台裏 | 610 取材メモ | 611 マッコークル | 613 一覧表 | 614 課題 | 615 カレンダリング | 616 ゴール | 617 キリ番アクセス | 618 キリ番記事 | 630 記念 | 631 誕生日 | 632 命日 | 633 演奏会 | 634 正月 | 635 ヴァレンタイン | 636 クリスマス | 637 ブラームス忌 | 638 ブラスマス | 639 クララ忌 | 641 愛鳥週間 | 642 ランキング | 699 仮置き | 700 思い | 701 仮説 | 702 疑問 | 703 お叱り覚悟 | 704 発見 | 705 奇遇 | 706 区切り | 707 モチベーション | 708 演奏会 | 709 感謝 | 710 よろこび | 711 譜読み | 712 音楽史 | 720 日本史 | 721 日本人 | 722 日本語 | 723 短歌俳句 | 724 漢詩 | 725 三国志 | 727 映画 | 728 写譜 | 730 写真 | 731 数学 | 732 レッスン | 733 ビートルズ | 740 昔話 | 741 仲間 | 742 大学オケ | 743 高校オケ | 760 家族 | 761 父 | 762 母 | 763 妻 | 764 長男 | 765 長女 | 766 次女 | 767 恩師 | 780 スポーツ | 781 野球 | 782 駅伝 | 783 バスケットボール | 784 サッカー | 785 アントラーズ | 786 バドミントン | 790 コレクション | 791 CD | 792 ipod | 793 楽譜 | 794 書籍 | 795 グッズ | 796 愛器 | 800 執筆の周辺 | 801 執筆の方針 | 802 ブラダス | 803 校正 | 804 譜例 | 807 パソコン | 808 ネット | 809 ドボダス | 810 ミンダス | 820 出版の周辺 | 821 パートナー | 822 契約 | 823 装丁 | 825 刊行記念日 | 840 販売の周辺 | 841 お買上げ | 842 名刺 | 860 献本 | 861 ドイツ国立図書館

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ