ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

カテゴリー「101 編曲」の30件の記事

2016年2月17日 (水)

もっとハンガリア舞曲

有名な5番を含む第一集は1869年の出版。これが爆発的に売れ、ブラームスの名はイギリスにまで広まった。1870年代の初頭において、イギリスでもブラームスのハンガリア舞曲は多くの家庭にまで浸透していたことがいくつかの証言から確実視されている。ドイツレクイエムは1868年の発表だから、その翌年現在、ブラームスは「ハンガリア舞曲とレクイエム」の作曲家だったと言ってもよさそうだ。交響曲はまだ一つも世に出ていない。

オリジナルはピアノ連弾用だが、人気を物語ってか様々な形態に編曲されている。

  1. ピアノ連弾用。オリジナル。初演はブラームスとクララの演奏だった。
  2. ピアノ独奏用。10番まではブラームス本人の編曲が残っている。キーシンの演奏なんかとても2本の腕で弾かれているとは思えない。「神の手」の助けを借りてやしないか心配である。そういえば何だかマラドーナに似ている。
  3. 2台のピアノ用。情けない話だが、連弾用と区別がつかない。
  4. 管弦楽用。1、3、10がブラームス本人により編曲されている。結局全21曲が誰かしらの手で編曲されている。17~21番にはドヴォルザークの編曲もある。
  5. 弦楽合奏用。レオン・ベルニエという人の編曲だが、なかなか良い。
  6. ヴァイオリン&ピアノ用。ご存知ヨアヒムの編曲だ。オリジナルでは嬰ヘ短調の5番がト短調に編曲されている。
  7. チェロ&ピアノ用。アルフレッド・ピアッティというイタリアのチェリストの編曲。1822年生まれだというからブラームスより年長だ。1846年以降ロンドンに住んでヨアヒムと親交があったという。エンドピン無しのチェロを愛用していたそうだ。ヨアヒム四重奏団のチェリスト・ハウスマンの師匠にもあたる人で、ブラームス作品の優れた解釈者だったらしい。有名な5番がヘ短調に移調されているのを筆頭に、ほとんどが移調されている。
  8. ジプシーアンサンブル ヴァイオリン、ピアノ、コントラバス、ツィンバロン。惜しいかな全曲ではない。
  9. ハープとピアノ
  10. ギター独奏

我が家にCDがあるのは上記の通り。ブラスバンド用もきっとあるだろう。木管五重奏用やホルンアンサンブル用、金管アンサンブル用だって探せばありそうだ。

ある意味でブラームスを代表する作品であることは間違いない。

2016年2月 3日 (水)

ルチアーノ・ベリオ

1925年生まれのイタリアの作曲家。1986年にブラームスのクラリネットソナタ第1番のピアノパートを管弦楽用に編曲している。長らくCDを探していたが、やっと見つけ出した。2700円を迷わず購入である。いやはや難儀であった。

第1楽章で、まず否応なく気付くのは、冒頭10小節少々にわたってオリジナルにない走句が提示されることだ。再生のトラックを間違えたかと思った。それ以降は大きな違和感もなく、7分少々を退屈せずに聴けた。第2楽章にも2小節程のイントロが付加されている。ごくごく控え目、薄皮のような伴奏には好感が持てる。第3楽章冒頭アウフタクトの弦楽器がなまめかしい。音響的なヤマは第4楽章だ。

ホルンとトランペットの使用が控えめなことや、ティンパニ以外の打楽器が無いことなどブラームスの手法が墨守されている。おそらく独奏クラリネットのパートには手を付けていないと思う。木管の音色の微妙な違いを用いたニュアンスの使い分けも好ましい。フルートの低音域やオーボエの出番に工夫が感じられる。

誰かクラリネットをヴィオラに持ち替えて録音してはくれないものか。

2016年1月27日 (水)

そりゃ聴きたい

まずは黙って以下のリストをご覧いただきたい。

  1. インテルメッツォホ長調op116-4
  2. インテルメッツォ変ホ長調op117-1
  3. インテルメッツォイ長調op118-2

どうもこれらにはヴァイオリンとピアノ用への編曲版がある。残念ながらもちろんブラームス本人の手による編曲ではない。最初の2つはパウル・クレンゲルという人物の手による編曲で、チェロとピアノ、ヴィオラとピアノに加え管弦楽版まである。

そして何よりもop118-2だ。イ長調アンダンテ・テネラメンテは、ブラームスピアノ小品の白眉と申してよい逸品だ。ヴァイオリンとピアノ二重奏バージョンが存在するというだけで脳味噌が酸っぱくなる。もちろんこれも本人の編曲ではない。リヒャルト・バルトという人物だ。

楽譜の出版は3曲ともブラームスの生前である。クライスラーあたりが、アンコールに弾いてくれようものなら、すんなり入って来かねない。どこかにCDはないものか。

2016年1月26日 (火)

キュートな編曲

記事「連弾ピアノトリオ」で珍しい編成に言及したので、ついでに話題にする。

何と言っても愛されているのはクラリネット五重奏曲だ。連弾用はもはや当たり前で、ヴァイオリンソナタ用、クラリネットソナタ用が、ブラームスの生前に出版されている。ヴィオラソナタ用は無いのかと文句に一つも言いたくなる。クラリネットのヴィオラ持ち替え用は生前ではなかった。

オルガン編曲があるのは、ヴァイオリンソナタ第3番のアダージョとピアノ三重奏曲第3番の第二楽章だ。ヴァイオリンソナタ第1番にはハルモニウムソナタ版が第二楽章だけ存在する。

さてついではまだ続く。

インテルメッツォop116-4、117-1には、ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ヴィオラソナタ版がブラームスの生前に出版されている。ヴィオラはクラリネットに持ち替え可能だ。op118-2にはヴァイオリンソナタ版だけが出版されている。

聴いてみたい。

2015年7月21日 (火)

ワルツの室内楽版

ブラームスのブレークは、ハンガリア舞曲だった。1868年に出版されると楽譜が売れに売れた。その影に隠れてはいるのだが、家庭への浸透という意味で忘れれはならないのがワルツだ。今では15番だけがやけに有名だが、連弾用独奏用としてそこそこ売れた。

どれだけ重宝されていたかを量る目安が、他編成への編曲だ。まずはブラームス自身の編曲によるものを列挙する。

  1. ピアノ連弾版 これはオリジナル。
  2. ピアノ独奏版
  3. ピアノ独奏版 簡易バージョン
  4. 2台のピアノ版

さらに他人の編曲ながらブラームス存命中に出版されたものを以下に挙げる。

  1. ピアノ連弾とヴァイオリン 1880年
  2. ピアノ連弾とヴァイオリンとチェロ 1879年
  3. 弦楽四重奏版 1893年

何かと愛されている。

2014年12月 9日 (火)

ピッコロ

「小さなフルート」のこと。フルートよりオクターブ高い音が出る。ブラームス作品での登場は以下の通り。

  1. 管弦楽のためのセレナーデ第2番op16
  2. ドイツレクイエムop45
  3. カンタータ「リナルド」op50
  4. ハイドンの主題による変奏曲op56
  5. 大学祝典序曲op80
  6. 悲劇的序曲op81
  7. ピアノ協奏曲第2番op83
  8. 運命の女神の歌op89
  9. 交響曲第4番op98

意外と多い。その他ト短調ピアノ四重奏曲のシェーンベルク編にもピッコロがある。

ウイーンのカフェに一歩足を踏み入れると、「ピッコロ」は「小さなフルート」の意味ではなくなる。小さなカップをピッコロと言う場合もあるが、何と言っても見習い給仕のことを指すのが一般的だ。普通の給仕はケルナー「Kellner」といい、給仕長は「Ober Kellner」となる。気をつけねばいけないのが呼びかけで、その給仕がどれほど若造であっても「ピッコロ」と呼びかけてはいけないそうだ。客が呼びかける時はどんな若造にでも「Herr Ober」(給仕長の短縮形)と呼びかけるのがしきたりらしい。

2011年9月26日 (月)

唐突にレーガー

ここでいう「レーガー」とは作曲家マックス・レーガーのことだ。世間様の評価ではブラームスとの類縁も指摘されている。クレーメルというヴァイオリニストが、ブラームスの協奏曲のカデンツァ代わりにレーガーの小品を弾いていた。作曲家として名前を知っている程度の認識だった。どうも変奏曲や編曲の分野で大した業績があったらしい。なるほどブラームス的である。

9月22日の記事「Christophorus」で紹介したドイツ民謡集のCDの中に絶唱「二人の王子」があった。ドイツ民謡集のCDであれば大抵はとりあげられている名曲だ。9月23日の記事「裏民謡ベスト20」でもナンバー1に推挙しておいた。先の「Christophrus」ではマックス・レーガー編曲版が収められている。

この編曲が絶品だ。レーガー一般のイメージや評価がどうなっているかは別として、私個人としては目から鱗だ。何と言う繊細な編曲だろう。そのつもりで探すとそのCDの中にもう1曲だけレーガー編曲があった。

「In einem kuhlen Grunde」だ。こちらも可憐。9月23日の記事「裏民謡ベスト20」では12位にランクインしていた。

ドイツ民謡の編曲という分野においてブラームスは、いっぱしの地位を獲得しているが、レーガーも覚えておこうと思う。

2010年12月23日 (木)

目が点

今や死語か。たいそう驚いた様子を形容するが、狼狽も混入していそうだ。

CDショップで目が点になったまま立ちつくした。バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータにピアノ伴奏を付与したCDを発見した。編曲したのはロベルト・シューマンだった。声も出ない。2枚組3990円を後ろ髪引かれつつ購入。ハズレだった場合の落胆も考えたが、怖い物見たさには勝てなかった。シューマン編曲でなければ買っていないだろう。

詳しいことが判らないが、どうやらヴァイオリンのパートはそのままにしておいて、ピアノパートを付け加えているようだ。思っていたより普通。何もしていないとは申さぬが、シューマンのピアノ曲や室内楽でのピアノパートを想像してはいけない。「節度ある」と表現できる範囲にとどまっている感じだ。要所要所で和音の輪郭をくっきりと指し示している感じがする。バッハがうっすらと仄めかした和音進行を「こうでしょ」と言って種明かししているような印象。ヴァイオリン独奏では、聴き取りにくい隠れ声部が、ピアノであっさりと提示されていて驚かされた。「シューマンにはこう聞こえていたのか」という発見に近い。いくつか出現するフーガの冒頭でピアノを重ねていたらどうしようかとも思っていたが、杞憂だった。

ホ長調のガヴォットなどはピアノで伴奏されても違和感が無い。根を詰めた仕事の時、BGMでさりげなく流されたらスルリと入ってきかねない。

もしかするとベンヤミン・シュミートというヴァイオリン奏者、上手いような気がする。独奏で音楽を作るのと違ってピアノとのアンサンブルも意識せねばならない分、余計な苦労もあると思うが、微塵も感じさせない。

シャコンヌのピアノ編曲にあたり右手の参加を封じたブラームスとの個性の対比が面白い。

2010年4月24日 (土)

故郷の人々

アメリカの作曲家フォスターの代表作で、原題を「The folk at home」いう。フォスターは1826年生まれで、ブラームスより7歳年長だ。38年の生涯で活躍の場はほぼ歌曲に限られていた。

1892年渡米したドヴォルザークは、アメリカの音楽に親しんだと大抵の伝記に書かれている。1894年には、フォスターの「故郷の人々」を管弦楽伴奏を従えたバリトン独唱と合唱用に編曲している。相当な入れ込みようだ。

昨日の記事「弦セレのオリジナル」で話題にしたCDに「故郷の人々」ドヴォルザーク編曲版が収録されていた。素晴らしい。「弦セレの八重奏版」は、怖い物見たさがあったが、こちらの編曲は、合唱曲として素晴らしい。ミサ曲のどこかに、素知らぬ顔で挟まれていたとしても不自然に浮き上がることはないだろう。

1894年8月に作曲されて翌年刊行された「8つのフモレスケ」の7番変ト長調は、「ユーモレスク」として世界中で親しまれているが、この主旋律の後ろに「故郷の人々」をかぶせると、ピッタリとハモる。「故郷の人々」の編曲は1894年とされていて、月日がはっきりしないが、「フモレスケ」と時期が重なる。「フモレスケ」の楽想と「故郷の人々」の編曲が相互に影響を与えた可能性を考えている。

2010年3月11日 (木)

ハンガリア舞曲の編曲

「ハンガリア舞曲」全21曲は楽譜の売り上げという切り口で見た場合のブラームスの出世作だ。元々ピアノ連弾用だ。オーケストラの演奏会のアンコールとして演奏されることも多いのだが、全てをブラームス自身が管弦楽に編曲している訳ではない。ブラームス自身による編曲は1番3番10番の3曲にとどまる。残る18曲は別人の手によって管弦楽に編曲されている。

最後の5曲つまり、第4集を編曲したのはドヴォルザークだ。

ドヴォルザークは、ハンガリア舞曲のヒットで味をしめた出版社ジムロックの勧めで「スラブ舞曲」を書いた。思惑通り空前の当たりとなってドヴォルザークの名は欧州中にとどろいた。ハンガリア舞曲同様ピアノ連弾用だったが、全曲本人の手によって管弦楽版に編曲されている。つまりピアノ連弾舞曲の管弦楽化はお手の物なのだ。

  • スラブ舞曲第1集1878年出版
  • ハンガリア舞曲第4集ピアノ連弾版1880年出版
  • ハンガリア舞曲第4集管弦楽版1881年出版(ドヴォルザーク編曲B602)
  • スラブ舞曲第2集1886年出版

大ブレークした「スラブ舞曲」の作曲者が、これまたブラームスの表看板「ハンガリア舞曲」の最終巻を管弦楽に編曲したのだから、当時の楽壇へのインパクトは小さいハズがない。話題作りにも特別な才能を示すジムロックだ。

ドヴォルザークのこの編曲はブルクハウザー先生の「ドヴォルザーク作品目録」にも収載され、B602という番号が与えられている。

その他のカテゴリー

001 用語解説 | 002 ドイツ旅行① | 003 ドイツ旅行② | 050 空席状況 | 051 お知らせ | 052 総集編 | 053 アラビアンナイト計画 | 060 ブラームス神社 | 061 縁起 | 063 賽銭 | 070 ドイツ分室 | 071 地名辞書 | 072 地名探検 | 073 地名語尾辞典 | 074 地名語尾 | 075 ドイツ語 | 076 ドイツ方言 | 077 ドイツ史 | 078 ハプスブルク | 079 人名辞典 | 080 イベント | 081 謝恩クイズ | 082 かるた | 083 のだめ | 084 お盆 | 085 中国出張 | 086 英国研修 | 087 ブログ出版 | 088 意訳委員会 | 089 ドヴォルザークイヤー総集編 | 090 ドヴォルザーク作品一覧 | 100 作曲 | 101 編曲 | 102 楽譜 | 103 音符 | 104 楽語 | 105 テンポ | 106 音強 | 107 拍子 | 108 調性 | 109 奏法 | 110 演奏 | 111 旋律 | 112 音型 | 113 リズム | 114 和声 | 115 対位法 | 116 形式 | 117 編成 | 118 ヘミオラ | 119 テキスト | 120 ベースライン | 121 再現部 | 122 微調整語 | 123 語彙 | 124 表情 | 125 伴奏 | 126 ジプシー音楽 | 140 ソナタ | 141 変奏曲 | 142 フーガ | 143 ロンド | 144 コラール | 145 間奏曲 | 146 スケルツォ | 147 ワルツ | 149 緩徐楽章 | 150 セレナーデ | 153 カプリチオ | 154 トリオ | 155 序奏 | 156 シャコンヌ | 157 メヌエット | 160 ブラームス節 | 161 分布 | 162 引用 | 170 楽器 | 171 ピアノ | 172 ヴァイオリン | 173 ヴィオラ | 174 チェロ | 175 コントラバス | 177 オーボエ | 178 クラリネット | 179 ファゴット | 180 ホルン | 181 トランペット | 182 トロンボーン | 183 チューバ | 185 トライアングル | 190 鍵盤楽器 | 191 弦楽器 | 192 木管楽器 | 193 金管楽器 | 194 打楽器 | 195 メゾソプラノ | 196 アルト | 200 作品 | 201 ピアノ曲 | 202 歌曲 | 204 室内楽 | 205 交響曲 | 206 協奏曲 | 207 管弦楽曲 | 208 合唱 | 209 重唱 | 210 民謡 | 211 オルガン | 212 オペラ | 213 カノン | 214 連弾 | 215 練習曲 | 216 学生歌 | 230 ドイツレクイエム | 231 交響曲第1番 | 232 交響曲第2番 | 233 交響曲第3番 | 234 交響曲第4番 | 235 大学祝典序曲 | 236 ヴァイオリン協奏曲 | 237 ピアノ協奏曲第1番 | 238 ピアノ協奏曲第2番 | 239 二重協奏曲 | 248 弦楽六重奏曲第1番 | 249 弦楽六重奏曲第2番 | 250 ピアノ五重奏曲 | 251 クラリネット五重奏曲 | 252 弦楽五重奏曲第1番 | 253 弦楽五重奏曲第2番 | 254 弦楽四重奏曲第1番 | 255 弦楽四重奏曲第2番 | 256 弦楽四重奏曲第3番 | 257 ピアノ四重奏曲第1番 | 258 ピアノ四重奏曲第2番 | 259 ピアノ四重奏曲第3番 | 260 ピアノ三重奏曲第1番 | 261 ピアノ三重奏曲第2番 | 262 ピアノ三重奏曲第3番 | 263 ホルン三重奏曲 | 264 クラリネット三重奏曲 | 265 ヴァイオリンソナタ第1番雨の歌 | 266 ヴァイオリンソナタ第2番 | 267 ヴァイオリンソナタ第3番 | 268 チェロソナタ第1番 | 269 チェロソナタ第2番 | 270 クラリネットソナタ第1番 | 271 クラリネットソナタ第2場 | 272 FAEソナタ | 300 作曲家 | 301 バッハ | 302 シェーンベルク | 303 ドヴォルザーク | 304 ベートーヴェン | 305 シューマン | 306 メンデルスゾーン | 307 モーツアルト | 308 ショパン | 309 シューベルト | 310 ワーグナー | 311 マーラー | 312 チャイコフスキー | 313 Rシュトラウス | 314 リスト | 315 ヘンデル | 318 ヨハン・シュトラウスⅡ | 319 ビゼー | 320 ブルックナー | 321 ハイドン | 322 レーガー | 323 ショスタコーヴィチ | 350 演奏家 | 351 クララ | 352 ヨアヒム | 353 ミュールフェルト | 354 アマーリエ | 356 ビューロー | 357 クライスラー | 358 ヘンシェル | 362 シュットクハウゼン | 400 人物 | 401 ファミリー | 402 マルクゼン | 403 ジムロック | 404 シュピッタ | 405 ビルロート | 407 ビスマルク | 408 ハンスリック | 409 フェリクス | 411 マンディ | 412 ヴィトマン | 416 カルベック | 417 ガイリンガー | 418 エルク | 419 グリム兄弟 | 420 森鴎外 | 431 アガーテ | 432 リーズル | 433 マリエ | 434 ユーリエ | 435 オイゲーニエ | 436 ベルタ | 437 リースヒェン | 438 オティーリエ | 439 シュピース | 441 バルビ | 442 シシィ | 500 逸話 | 501 生い立ち | 502 性格 | 503 学習 | 504 死 | 505 葬儀 | 506 職務 | 507 マネー | 508 報酬 | 509 寄付 | 510 顕彰 | 511 信仰 | 512 友情 | 513 恋 | 515 別れ | 516 こだわり | 517 癖 | 518 読書 | 519 リゾート | 520 旅行 | 521 鉄道 | 522 散歩 | 523 食事 | 524 ワイン | 525 タバコ | 526 コーヒー | 527 趣味 | 528 手紙 | 529 ジョーク | 530 習慣 | 531 住居 | 532 恩人 | 533 指揮者 | 534 教師 | 535 暗譜 | 536 美術 | 537 ビール | 550 楽友協会 | 551 ジンクアカデミー | 552 ハンブルク女声合唱団 | 553 赤いハリネズミ | 554 論争 | 555 出版社 | 556 初版 | 557 献呈 | 558 伝記 | 559 初演 | 560 校訂 | 571 ウィーン | 572 ハンブルク | 573 イシュル | 574 トゥーン | 575 デトモルト | 576 ペルチャッハ | 577 ライプチヒ | 578 デュッセルドルフ | 579 フランクフルト | 580 ベルリン | 590 イタリア | 591 イギリス | 592 チェコ | 600 ブログMng | 601 運営方針 | 602 自主規制 | 603 アクセス | 604 検索 | 605 カテゴリー | 606 記事備蓄 | 607 創立記念日 | 608 ブログパーツ | 609 舞台裏 | 610 取材メモ | 611 マッコークル | 613 一覧表 | 614 課題 | 615 カレンダリング | 616 ゴール | 617 キリ番アクセス | 618 キリ番記事 | 630 記念 | 631 誕生日 | 632 命日 | 633 演奏会 | 634 正月 | 635 ヴァレンタイン | 636 クリスマス | 637 ブラームス忌 | 638 ブラスマス | 639 クララ忌 | 641 愛鳥週間 | 642 ランキング | 699 仮置き | 700 思い | 701 仮説 | 702 疑問 | 703 お叱り覚悟 | 704 発見 | 705 奇遇 | 706 区切り | 707 モチベーション | 708 演奏会 | 709 感謝 | 710 よろこび | 711 譜読み | 712 音楽史 | 720 日本史 | 721 日本人 | 722 日本語 | 723 短歌俳句 | 724 漢詩 | 725 三国志 | 727 映画 | 728 写譜 | 730 写真 | 731 数学 | 732 レッスン | 733 ビートルズ | 740 昔話 | 741 仲間 | 742 大学オケ | 743 高校オケ | 760 家族 | 761 父 | 762 母 | 763 妻 | 764 長男 | 765 長女 | 766 次女 | 767 恩師 | 780 スポーツ | 781 野球 | 782 駅伝 | 783 バスケットボール | 784 サッカー | 785 アントラーズ | 786 バドミントン | 790 コレクション | 791 CD | 792 ipod | 793 楽譜 | 794 書籍 | 795 グッズ | 796 愛器 | 800 執筆の周辺 | 801 執筆の方針 | 802 ブラダス | 803 校正 | 804 譜例 | 807 パソコン | 808 ネット | 809 ドボダス | 810 ミンダス | 820 出版の周辺 | 821 パートナー | 822 契約 | 823 装丁 | 825 刊行記念日 | 840 販売の周辺 | 841 お買上げ | 842 名刺 | 860 献本 | 861 ドイツ国立図書館

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ