ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

カテゴリー「085 中国出張」の7件の記事

2013年4月 1日 (月)

満鉄病院

ドイツ旅行からちょうど一年後に海外出張がはいった。3月27日から昨日まで中国に出かけていた。ドイツ旅行一周年を日本でまったりと迎えていたらちょっと切なかったところだから、ちょうど良い気分転換になった。

大連を根城に周辺を訪問した。あちらの新幹線の顔がドイツのICEにそっくりだった話など、業務以外にも新鮮な経験があった。

大連は旧満州国の首都。日本を思わせる建物や街並みがかなり残っている。ちょっとしたケガの手当てで立ち寄った大連大学付属中山病院は、待合室や廊下など、ほとんど日本と雰囲気が同じだなどど感心していたが、それもそのはずで、旧鉄道病院の建物がそのまま使われていた。外観は20世紀初頭の建設当時のままだそうだ。

2013033118000000_2

4月1日なんぞに記事にしたら嘘だと思われそうだが、ホントの話。2013033118010000

大連大学付属病院の診察券をもらってきた。凄い収穫。

2005年10月31日 (月)

アルバム「中国紀行」

マイフォトで「中国紀行」を公開しました。

ほぼ「ブラームスレス」な10日間の中国出張だったけれど、これに全く触れないのは、いかがなものかと悩んだ末、厳選した写真をアルバムで公開することにした。ブログ「ブラームスの辞書」としては異例の取り扱いだ。10日間で1000枚を超える写真を撮影した。仕事関連の写真のほかにも、街の表情を中心に撮りためておいた。アルバム上では、このうち36枚を公開することとした。

全くブラームスとは関係ない事をお断りしておく。

2005年10月20日 (木)

帰国報告

昨夜遅く帰国した。

波乱万丈の10日間だった。これを詳しく書いていると「ブラームスの辞書」の主旨をはみだしてしまう。どのように報告するか迷うところである。

IMG_0551 ←重慶ヒルトンホテルの室内で写した「ブラームスの辞書」

「ブラームスの辞書」は一冊持参した。暇なときに読もうと思ってのことだが、そんな暇はなかった。仲良くなった通訳さんにお礼に一冊差し上げると、ことのほか喜ばれた。特に音楽好きという方ではなかったが、あちらでは本を書くということは凄いことらしい。

初日のホテルは上海中油大酒店だ。一応☆4つだ。夜のロビーでピアノが無人演奏でBGMを奏でていた。耳を凝らすとなんとブラームスではないか!第三交響曲第三楽章だ。IMG_0081

←カタカナで「ブラームス NO3 コウキョウキョク」と読める。

偶然とはいえ、幸先が良い。思わぬところでブラームスが聴けて感動した。10日間のブラームス日照りを覚悟していただけに、やや拍子抜けだった。次のブラームス体験は翌日乗車した夜行寝台列車の中だ。特急寝台車と違って外国人は我々の一行以外には見当たらない。いわゆる庶民の列車だ。延々17時間かけて九江に向かう。何回特急列車に抜かれたことだろう。何回貨物列車に抜かれただろう。寝台とは名ばかりの設備に、見ず知らずの庶民と嫌でも接することになる。

IMG_0152 ←硬臥車の内部。

そんな寝台車の中で予期せぬことが起きた。夜8時消灯準備の合図に車内に流れた音楽を聴いて唖然とした。「ブラームスの子守唄」ではないか!!!狭くて暗い車内で中国語の洪水を浴びせられていた耳には、聖水のようにも感じられた。外国人向けの特急寝台ではないのだ。既に上海西駅を出て7時間が経過していたものの、終着までは10時間もある。着替えも思うに任せない車内で一晩を過ごさねばならない重苦しさが一瞬和らぎ、力が湧いてきた。

実を言うと10日の間のブラームス体験はこの2回である。街のCDショップには意識的に立ち寄ったが、クラシック音楽自体の品ぞろえが悪く(こういうところは日本と同じ)ブラームスにはお目にかかれなかった。

しかしである。ブラームスはなくてもそれを埋め合わせて余りある旅だった。ブラームスを聴けないこともそうだが、10日間子供に会えないということが、これほどさびしいとは思わなかった。子供たちへの思いを再確認できた。きれいな景色を見れば子供らに見せたいと思い。うまいものを食えば子供らに食べさせたいと思った。特に長男には是非中国を見せたいと感じた。思春期青年期において、「こういう国が隣にあって、日本の10倍以上の人口を抱えている」と体感させることは、何にも変えがたい経験である。

良い通訳にめぐり合えた。2人の女性通訳に世話になったが、彼らは熱心だった。報道されているような日本人への敵意は感じられない。長い間行動をともにしたおかげで、すっかり打ち解けた。重慶から成都まで世話になった肖さんは修士課程の学生。修士論文は「日本語教育への日本文化の反映」という趣旨だという。通訳は文化的背景への知識がないと上達しないので、アルバイトをしているのだそうだ。頭の回転が速くて飲みこみがいい。「靴下を履く」「服を着る」「帽子をかぶる」など服装の着用に関する動詞が、中国では全部一緒なのに日本語で多岐にわたるのはなぜかという質問には驚いた。助詞や敬語にも興味があるという。冷や汗三斗で答えた。枕草子や源氏物語の中国語訳を読んだこともある一方で、李白や杜甫や三国志はあまり知らないという面白い一面もある。このあたりの知識は日本人である私のほうがむしろ深かった。自国の文化は意外に見えないものかもしれない。とゆうことは、つまりブラームスはドイツ人より我々のほうがよく見えている可能性も少なくないだろう。

IMG_0222 ←肖さん

通訳の一日の日当は300~500元。日本円換算で4500円から7500円だそうだ。旅行会社を経由すると15000円が相場だから、旅行会社のマージンが判る。子供に中国を見せたいのでまた来るというと是非通訳をさせろという。英語が通じにくい場所も多いので、信頼できる通訳は不可欠だ。旅行会社を通さずに直接契約したいというと、即OKだ。こういう話には、国境は無い。旅行会社のマージンを山分けである。

修士論文を書く途中で判らないことがあったら質問したいということでメールアドレスを交換した。中国の友人ゲットである。

もう一人は上海から重慶まで世話になった沈さんだ。この人ご主人は日本人である。今沈さんのご実家の事情で沈さんだけが上海に帰っているが、生活の本拠は日本だ。かつて東京の企業で働いていた経験もある。頭の回転が速いのは肖さんと一緒だが、日本の生活が長いだけあって、通訳にあたっては微妙なニュアンスの表現に味わいがある。はったりも効くし、ユーモアもわかる。IMG_0112

←沈さん

中国の友人2人ゲットが最大の収穫かもしれない。

2005年10月10日 (月)

ウィーンの思い出

今日から10日間中国出張のため日本を離れる。事前に書き溜めておいた記事を「公開日時指定機能」を用いて10月19日まで毎日朝6時に一件ずつ公開してゆくこととする。

今日10月10日午前の便で上海に向かう。今夜は上海に宿泊の予定だ。

今は亡き妻とのハネムーン以来の海外である。今日はその時のウィーンの思い出を綴ることにする。

1990年11月26日から8泊10日の間、ただひたすらウィーンに居座るという旅行だ。ブラームスゆかりの地を訪れまくるというコンセプトだった。ムジークフェライン、国立歌劇場、カールスガッセ4番地、ポストガッセ、カール広場、ハイリゲンシュタット、グリンツィンク、ハイドンハウスetcだ。

特に中央墓地には滞在中3度出かけた。備えられている花が他の作曲家に比べて貧弱だったのでせっせと献花した。中央墓地での扱いに限った話ではないのだが、どうも生粋のウィーンっ子であるシューベルトやJシュトラウスに比べて扱いが粗末な気がした。

ブラームスゆかりの楽友協会ホール(ムジークフェラインザール)を見学した。そこには他の作曲家に混じって立派なブラームスの胸像が置いてあった。その像の前で指を組んで拝んでいたら、一人のおじいさんがこちらを見ている。服装から察するにムジークフェラインザールの職員か関係者だと思われる。身振り手振りに加えとっさに「ich liebe Brahms」と言うと一言「Gut!」とおっしゃってくれた。どうも英語がだめっぽい彼の「Gut」には重みがあった。我々若造の心などお見通しといわんばかりの威厳と優しさに溢れていた。ブラームスは彼の祖父と同世代かもしれないのだ。実はこの旅行中に、ブラームスの曲を生で聞くことは出来なかった。だからこの一瞬の会話が最大のブラームス体験であった。

そして11月30日はショルティ&シカゴ響のウィーン公演があった。彼らは、私たちと同じインターコンチネンタルホテルに滞在していたのだ。ロビーのホワイトボードにオケの予定が団員向けに大きく書いてある。29日の夕刻これを発見した私は、フロントに駆け込んだ。30日の公演のプログラムは何とマーラーの交響曲第五番ではないか。ポスターには「sold out」と書き込まれてる。「チケットを何とか入手したい」とブロークンイングリッシュでホテルのフロントに交渉してみたのだ。夢のようだが入手できたのだ。30%の手数料がかかるという。ノープロブレムだ。でいくらだ?バルコンと呼ばれる上席なのだが手数料コミで一枚6000円程度。「ショルティ・シカゴのマーラーをむじーくふぇらいんのバルコンで6000円」だと。これを激安といわずに何と言おうか?「6万じゃないのか」ってなもんである。

当日、早めにホールについた。楽屋に直行する。あっけなくすんなりはいれた。みな思い思いにさらっている。violaを弾いている渋い紳士がいた。近づいてみるとニコリだ。

日本から来たこと。マーラーが好きなこと。ハネムーンのこと。学生オケでヴィオラを弾いていたこと。を突撃イングリッシュで伝えた。会話になる。ロバート・スワンさんという名前だった。突然楽器を私に差し出して弾いてみろというしぐさ。旅の恥は掻き捨てとばかりに弾いてしまったんです。それもブラームス弦楽六重奏曲第一番の第二楽章の冒頭を。スワンさん大きくうなずいて「Do you like Brahms?」と一言。「Yes」(ったりめえよ)と答えると「me too」という反応。音楽はやっぱりドイツがいい。と持ちかけると、これにも「I think so」だという。続けて「食べ物は日本だ」と付け加えてくれた。馬肉が忘れられないという。不意にチケットを見せろと言われチケットを見せると「良い席だ」と褒めてくれた。

凄い演奏だった。鳥肌。このときの演奏がCDになっている。最後の拍手には我々の分も入っているはずだが、何度聴いてもあのときの現場での感動には及ばない。「フィガロの結婚」序曲、「牧神の午後への前奏曲」とアンコールが続いた。聴衆は誰一人席を立たない。最後ショルティがコンサートマスターの袖を引っ張って退場するまで続いた。この演奏に感激したことが、後日長女に「あるま」と命名するキッカケの一つとなった。

翌朝、朝食のためにレストランに行くとあれあれ。スワンさんがコーヒーを飲んでいた。図々しく相席をお願いすると、あっさりOKである。昨晩のコンサートの話で朝のコーヒーをすするなんざあ夢みたいだ。しかもシカゴ交響楽団のヴィオラ奏者相手にだぜ。心をこめて「凄く感動した旨」伝えた。英語でだよ。よろこんでくれた。プログラムにサインしてもらい記念撮影にも応じてもらった。「マエストロ」はまだ寝ているという。聞けばこのあと午前中に飛行機に乗るそうだ。

シカゴ交響楽団ご一行様のバスがホテルの前に止まっている。12月1日の朝だ。スワンさんを見送るためにこの日の午前の予定をキャンセルした。

2005年9月24日 (土)

ネタの備蓄

あと二週間ほどに迫った中国出張の間、ブログの「公開日時設定機能」によって一日一件の記事を公開することにしている。ということはつまり、出発までに記事を10日分書き溜めねばならないということだ。

昨日最低必要な10件の記事を書き終えた。現在校正中だ。カテゴリー間のバランスを考慮し10日間に貼り付けてみた。「のだめ」系も2件含まれている。どの記事も冒頭には、中国でのその日の行動予定を簡単に記しておいた。

こう見えても私は、ブラームス好きなので、今まで記事の作成に行き詰まったことは一度もなかったが、さすがに1日で10本の書き溜めは厳しかった。ネタはかねて用意のエクセルファイルから10本選ぶだけでいいのだが、一気にというのは精神的にしんどい。ブラームスの音楽を久々にまとめて聴いたという感じだ。また記事の作成に必要な情報を確認するため、いくつかの楽譜や書物にも目を通した。「ブラームスの辞書」の執筆を終えて以来初めてのことだ。

それにしてもブラームスだ。いくら書いても次から次へと書きたいことが湧いてくる。

2005年9月 9日 (金)

中国出張の予定

中国出張の予定がほぼ固まった。

10月10日に成田を立ち、上海に降りる。そこから約2500km長江を遡った成都まで鉄道だけを乗り継いで9泊10日でたどり着き、10月19日成都から成田に戻る。その間、上海、九江、武漢、襄燓、重慶、成都に宿泊する他、車中泊が3度ある。

目的は中国の物流事情の視察だ。

高等学校以来の漢文好きの私には堪えられない。また、三国志ファンとしても涙モンである。三国志風に言えば呉から蜀への旅なのだ。

その間、公開日時指定の機能を使って、事前にまとめて書いておいた記事を順に公開するという予定である。しかしながら、上海と成都以外ではインターネットにアクセス出来ないと予想されるので、リアルタイムの更新は諦めざるを得まい。iPodも持っていないので、10日間ブラームスをただ思うだけになりそうだ。「ブラームスの辞書」の受注メールも残念ながら見ることが出来ない。

なかなか出来る経験ではなさそうなので、開き直って楽しんで来ることにする。

2005年8月 6日 (土)

中国出張

唐突な話だが、勤務先から秋に中国出張を命じられた。10月に10日間日本を離れて中国を訪れる。実情視察の出張だ。なかなか出来ない体験だと思う。ありがたくお受けすることにした。

成田から上海に飛んで、そこから長江沿いに四川省の成都までを鉄道で遡るという行程だ。車中泊も何度か経験することになる。かなりタフなスケジュールだ。とはいえ、高校時代から唐詩大好き少年だったし、三国志も大好きなので、収穫の多い旅となるだろう。ドイツだったら、なお良かったが、贅沢はいうまい。

困ったことがひとつある。その間ブログを更新できないことだ。これまで毎日更新を継続中だが、どうやらその間はこれが途切れざるを得ない。

その他のカテゴリー

001 用語解説 | 002 ドイツ旅行① | 003 ドイツ旅行② | 050 空席状況 | 051 お知らせ | 052 総集編 | 053 アラビアンナイト計画 | 060 ブラームス神社 | 061 縁起 | 063 賽銭 | 070 ドイツ分室 | 071 地名辞書 | 072 地名探検 | 073 地名語尾辞典 | 074 地名語尾 | 075 ドイツ語 | 076 ドイツ方言 | 077 ドイツ史 | 078 ハプスブルク | 079 人名辞典 | 080 イベント | 081 謝恩クイズ | 082 かるた | 083 のだめ | 084 お盆 | 085 中国出張 | 086 英国研修 | 087 ブログ出版 | 088 意訳委員会 | 089 ドヴォルザークイヤー総集編 | 090 ドヴォルザーク作品一覧 | 100 作曲 | 101 編曲 | 102 楽譜 | 103 音符 | 104 楽語 | 105 テンポ | 106 音強 | 107 拍子 | 108 調性 | 109 奏法 | 110 演奏 | 111 旋律 | 112 音型 | 113 リズム | 114 和声 | 115 対位法 | 116 形式 | 117 編成 | 118 ヘミオラ | 119 テキスト | 120 ベースライン | 121 再現部 | 122 微調整語 | 123 語彙 | 124 表情 | 125 伴奏 | 126 ジプシー音楽 | 140 ソナタ | 141 変奏曲 | 142 フーガ | 143 ロンド | 144 コラール | 145 間奏曲 | 146 スケルツォ | 147 ワルツ | 149 緩徐楽章 | 150 セレナーデ | 153 カプリチオ | 154 トリオ | 155 序奏 | 156 シャコンヌ | 157 メヌエット | 160 ブラームス節 | 161 分布 | 162 引用 | 170 楽器 | 171 ピアノ | 172 ヴァイオリン | 173 ヴィオラ | 174 チェロ | 175 コントラバス | 177 オーボエ | 178 クラリネット | 179 ファゴット | 180 ホルン | 181 トランペット | 182 トロンボーン | 183 チューバ | 185 トライアングル | 190 鍵盤楽器 | 191 弦楽器 | 192 木管楽器 | 193 金管楽器 | 194 打楽器 | 195 メゾソプラノ | 196 アルト | 200 作品 | 201 ピアノ曲 | 202 歌曲 | 204 室内楽 | 205 交響曲 | 206 協奏曲 | 207 管弦楽曲 | 208 合唱 | 209 重唱 | 210 民謡 | 211 オルガン | 212 オペラ | 213 カノン | 214 連弾 | 215 練習曲 | 216 学生歌 | 230 ドイツレクイエム | 231 交響曲第1番 | 232 交響曲第2番 | 233 交響曲第3番 | 234 交響曲第4番 | 235 大学祝典序曲 | 236 ヴァイオリン協奏曲 | 237 ピアノ協奏曲第1番 | 238 ピアノ協奏曲第2番 | 239 二重協奏曲 | 248 弦楽六重奏曲第1番 | 249 弦楽六重奏曲第2番 | 250 ピアノ五重奏曲 | 251 クラリネット五重奏曲 | 252 弦楽五重奏曲第1番 | 253 弦楽五重奏曲第2番 | 254 弦楽四重奏曲第1番 | 255 弦楽四重奏曲第2番 | 256 弦楽四重奏曲第3番 | 257 ピアノ四重奏曲第1番 | 258 ピアノ四重奏曲第2番 | 259 ピアノ四重奏曲第3番 | 260 ピアノ三重奏曲第1番 | 261 ピアノ三重奏曲第2番 | 262 ピアノ三重奏曲第3番 | 263 ホルン三重奏曲 | 264 クラリネット三重奏曲 | 265 ヴァイオリンソナタ第1番雨の歌 | 266 ヴァイオリンソナタ第2番 | 267 ヴァイオリンソナタ第3番 | 268 チェロソナタ第1番 | 269 チェロソナタ第2番 | 270 クラリネットソナタ第1番 | 271 クラリネットソナタ第2場 | 272 FAEソナタ | 300 作曲家 | 301 バッハ | 302 シェーンベルク | 303 ドヴォルザーク | 304 ベートーヴェン | 305 シューマン | 306 メンデルスゾーン | 307 モーツアルト | 308 ショパン | 309 シューベルト | 310 ワーグナー | 311 マーラー | 312 チャイコフスキー | 313 Rシュトラウス | 314 リスト | 315 ヘンデル | 318 ヨハン・シュトラウスⅡ | 319 ビゼー | 320 ブルックナー | 321 ハイドン | 322 レーガー | 323 ショスタコーヴィチ | 350 演奏家 | 351 クララ | 352 ヨアヒム | 353 ミュールフェルト | 354 アマーリエ | 356 ビューロー | 357 クライスラー | 358 ヘンシェル | 362 シュットクハウゼン | 400 人物 | 401 ファミリー | 402 マルクゼン | 403 ジムロック | 404 シュピッタ | 405 ビルロート | 407 ビスマルク | 408 ハンスリック | 409 フェリクス | 411 マンディ | 412 ヴィトマン | 416 カルベック | 417 ガイリンガー | 418 エルク | 419 グリム兄弟 | 420 森鴎外 | 431 アガーテ | 432 リーズル | 433 マリエ | 434 ユーリエ | 435 オイゲーニエ | 436 ベルタ | 437 リースヒェン | 438 オティーリエ | 439 シュピース | 441 バルビ | 442 シシィ | 500 逸話 | 501 生い立ち | 502 性格 | 503 学習 | 504 死 | 505 葬儀 | 506 職務 | 507 マネー | 508 報酬 | 509 寄付 | 510 顕彰 | 511 信仰 | 512 友情 | 513 恋 | 515 別れ | 516 こだわり | 517 癖 | 518 読書 | 519 リゾート | 520 旅行 | 521 鉄道 | 522 散歩 | 523 食事 | 524 ワイン | 525 タバコ | 526 コーヒー | 527 趣味 | 528 手紙 | 529 ジョーク | 530 習慣 | 531 住居 | 532 恩人 | 533 指揮者 | 534 教師 | 535 暗譜 | 536 美術 | 537 ビール | 550 楽友協会 | 551 ジンクアカデミー | 552 ハンブルク女声合唱団 | 553 赤いハリネズミ | 554 論争 | 555 出版社 | 556 初版 | 557 献呈 | 558 伝記 | 559 初演 | 560 校訂 | 571 ウィーン | 572 ハンブルク | 573 イシュル | 574 トゥーン | 575 デトモルト | 576 ペルチャッハ | 577 ライプチヒ | 578 デュッセルドルフ | 579 フランクフルト | 580 ベルリン | 590 イタリア | 591 イギリス | 600 ブログMng | 601 運営方針 | 602 自主規制 | 603 アクセス | 604 検索 | 605 カテゴリー | 606 記事備蓄 | 607 創立記念日 | 608 ブログパーツ | 609 舞台裏 | 610 取材メモ | 611 マッコークル | 613 一覧表 | 614 課題 | 615 カレンダリング | 616 ゴール | 617 キリ番アクセス | 618 キリ番記事 | 630 記念 | 631 誕生日 | 632 命日 | 633 演奏会 | 634 正月 | 635 ヴァレンタイン | 636 クリスマス | 637 ブラームス忌 | 638 ブラスマス | 639 クララ忌 | 641 愛鳥週間 | 642 ランキング | 699 仮置き | 700 思い | 701 仮説 | 702 疑問 | 703 お叱り覚悟 | 704 発見 | 705 奇遇 | 706 区切り | 707 モチベーション | 708 演奏会 | 709 感謝 | 710 よろこび | 711 譜読み | 712 音楽史 | 720 日本史 | 721 日本人 | 722 日本語 | 723 短歌俳句 | 724 漢詩 | 725 三国志 | 727 映画 | 728 写譜 | 730 写真 | 731 数学 | 732 レッスン | 733 ビートルズ | 740 昔話 | 741 仲間 | 742 大学オケ | 743 高校オケ | 760 家族 | 761 父 | 762 母 | 763 妻 | 764 長男 | 765 長女 | 766 次女 | 767 恩師 | 780 スポーツ | 781 野球 | 782 駅伝 | 783 バスケットボール | 784 サッカー | 785 アントラーズ | 786 バドミントン | 790 コレクション | 791 CD | 792 ipod | 793 楽譜 | 794 書籍 | 795 グッズ | 796 愛器 | 800 執筆の周辺 | 801 執筆の方針 | 802 ブラダス | 803 校正 | 804 譜例 | 807 パソコン | 808 ネット | 809 ドボダス | 810 ミンダス | 820 出版の周辺 | 821 パートナー | 822 契約 | 823 装丁 | 825 刊行記念日 | 840 販売の周辺 | 841 お買上げ | 842 名刺 | 860 献本 | 861 ドイツ国立図書館

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ